グーグルは、ブラックコミュニティのための人種的資本を進めてまいります。 どのように参照してください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ビルドOpenWeave

OpenWeaveを構築するための主要なサポートツールチェーンは、GNU Autotool群です。

システム要求

すべての主要なOSプラットフォームは、建物やOpenWeaveのクロスコンパイルをサポートしています。上場ツールチェーンは、正式に巣によってテストされています。

Linuxの

要件:Ubuntuの14.04(トラスティ)が正式にサポートされていますが、任意の類似したLinuxベースのシステムが動作するはずです。
C / C ++やJava、Pythonバインディング
ツールチェイン GCC 4.6.3
ターゲット I386-未知のlinux-gnuの
x86_64版 - 未知のlinux-gnuの
C / C ++、Javaバインディング
ツールチェイン GCC 4.6
ターゲットアーム未知のlinux-アンドロイド
ARMv7-未知のlinux-アンドロイド
I386-未知のlinux-アンドロイド

マックOS X

要件: XQuartzシンボリックリンクを別のディレクトリ・サブツリーをクローニングします。
C / C ++、Cocoaバインディング
ターゲット ARMv7-リンゴダーウィン-IOS
armv7s-リンゴダーウィン-IOS
I386-リンゴダーウィン-IOS
C / C ++、Pythonバインディング
ツールチェイン LLVM /打ち鳴らす3.5(6.0)
ターゲット I386-リンゴダーウィン - MacOSXの
x86_64版 - リンゴダーウィン - MacOSXの

ウィンドウズ

要件: Cygwinの Linuxのコマンドラインのサポートのため。
C / C ++バインディング
ツールチェイン GCC 4.8.3
ターゲット i686の-PC-cygwinの

埋め込み

C / C ++バインディング
ツールチェイン GCC 4.4.1
LLVM /打ち鳴らす3.1
LLVM /打ち鳴らす3.3
ターゲット -unknown-linuxの*腕*
アーム* -unknown-freertos-のlwIP

前提条件

サポートツールチェインに加えて、我々はOpenWeaveを構築する前に、次のパッケージやツールをインストールすることをお勧めします。

パッケージ

Linuxの場合:

 sudo apt-get install python-pip python-setuptools bridge-utils /
               libglib2.0-dev libdbus-1-dev libudev-dev /
               libical-dev libreadline-dev 

LinuxおよびMac OS X:

 pip install --user google-cloud googleapis-common-protos grpc protobuf pycryptodomex
sudo cpan -i Text::Template 

GNU Autotool群

OpenWeaveは、そのビルドシステム用GNU Autotool群に依存します。 GNU Autotool群のバージョンが正常にOpenWeaveを構築するために使用可能でなければなりません。 Linux上でautotoolsののシステム提供のバージョンを使用するには:

 sudo apt-get install libtool autoconf automake 

GNU Autotool群が容易に入手できるか、インストール可能(例えば、Mac OS)またはシステム提供のバージョンは固体アウトオブボックスのビルドの生成を提供していないシステム上にないシステムでは、巣Labsはカスタマイズされた、ターンキー・ビルドを作成しましたGNU Autotool群に基づいて、システムフレームワーク、。システム・ピン既知の良好なバージョンをビルド生成に使用される一連のプログラム。特定のバージョンにツールを確保すると、また、このように予測可能な開発とサポートの経験につながるのautotoolsの出力で比較的低い解約率を保証します。 GNU Autotool群の巣LabsのビルドはOpenWeaveの使用をお勧めします。

ビルド巣LabsのGNU Autotool群へ:

 git clone https://github.com/openweave/openweave-core.git
cd openweave-core
make -C third_party/nlbuild-autotools/repo/ tools 

ハッピー

OpenWeaveに含まれてテストスクリプトを実行するには、またはシミュレートされたトポロジで織りを使用して、Linuxマシン上でハッピーをインストールします。参照してください幸せなセットアップの詳細については、を。

スタンドアロンアプリケーション

デスクトップやサーバー開発ホストのデフォルトOpenWeaveスタンドアロンのアプリケーションを使用してください。

  1. クローンOpenWeaveリポジトリ:
     git clone https://github.com/openweave/openweave-core.git 
  2. OpenWeaveスタンドアロンアプリケーションをビルドします。
     cd openweave-core
    make -f Makefile-Standalone 

使用しhelpとフラグをMakefile-Standaloneビルドスイッチは、ビルドのカスタマイズのために利用可能であるかを学ぶために。

 make -f Makefile-Standalone help 

例えば、織りのデバッグコードおよびロギングを有効にします:

 make -f Makefile-Standalone DEBUG=1 

プロジェクトリンク

  1. クローンOpenWeaveリポジトリ:
     git clone https://github.com/openweave/openweave-core.git 
  2. GNU Autotool群のためのビルド環境を設定します。
     cd openweave-core
    ./bootstrap
    ./configure 
  3. OpenWeaveをビルドします。
     make all 
  4. リンクプロジェクトのために別の場所に出力をステージ:
     mkdir <openweave-output>
    make DESTDIR= <openweave-output> install 

ステージングした後、下のディレクトリを使用する<openweave-output>リンクプロジェクトのために:

  • /usr/local/include -公共のヘッダーを
  • /usr/local/lib -ライブラリ

AndroidとiOS

AndroidとiOSのプロジェクトのリンクのためのビルドライブラリに、プラットフォーム固有の使用Makefiles

 make -f Makefile-Android
make -f Makefile-iOS 

使用しhelpとフラグをMakefile- <platform>ビルドスイッチは、ビルドのカスタマイズのために利用可能であるかを学ぶために。例えば:

 make -f Makefile-Android help
make -f Makefile-iOS help 

コンフィギュレーション

さまざまなスクリプトとヘッダとOpenWeaveを設定する前に、関連するビルドファイルをブートストラップするautotoolsのを使用します。

 ./bootstrap 

このステップでは、ツリーのチェックアウトした後、その後の変更時に1回だけ実行する必要configure.acまたはMakefile.am 。これは単にビルド構成や目標を変更するときに繰り返す必要はありません。

スクリプト

使用--help設定可能なオプションについての詳細を学ぶために含まれる構成スクリプトを使用してフラグを。

 ./configure --help 

例えば、のbluezサポートなしOpenWeaveを設定するには:

 ./configure --without-bluez 

ヘッダ

付属Makefilesコンパイル時に定数を定義する2つのヘッダファイルを使用します。

プロジェクト固有の構成ヘッダーを設けてもよいです。 OpenWeaveリポジトリ内でそれらを置かないでくださいディレクトリ・プロジェクトでこれらのファイルを置きます。設定時に各ファイルの場所を指定するために、適切な設定オプションを使用します。

ヘッダファイル構成オプション
InetProjectConfig.h --with-weave-inet-project-includes= <directory>
WeaveProjectConfig.h --with-weave-project-includes= <directory>

例えば、プロジェクト固有の使用するOpenWeaveを設定するにはWeaveProjectConfig.h中にあるファイル~/my-project/headers

 ./configure --with-weave-project-includes=~/my-project/headers