Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

OpenWeaveツール

GitHubでソースを表示

OpenWeaveには、OpenWeaveデプロイメントを構成、管理、およびテストするための一連のコマンドラインツールが含まれています。

織りツールを作成する

weave-toolsターゲットは、配布用に選択されたWeaveコマンドラインツールのtarアーカイブを構築します。次のツールが含まれています。

ツール説明スタンドアロンビルドの場所
gen-qr-code QRコードを生成する/src/tools/misc
mock-device汎用織りデバイスシミュレータ/src/test-apps
weave織り証明書の生成と管理/src/tools/weave
weave-device-descriptor QRコードをペアリングするためのWeaveデバイス記述子文字列のエンコードとデコード/src/test-apps
weave-device-mgrデバイスのペアリングプロセスを管理する/src/device-manager/python
weave-heartbeatハートビートのプロフィールメッセージを送受信する/src/test-apps
weave-key-export主要なエクスポート要求を送信する/src/test-apps
weave-pingエコープロファイルメッセージを送受信します/src/test-apps

ターゲットを構築するには:

  1. すべてのビルド前提条件をインストールします。
  2. BlueZをサポートせずにOpenWeaveを構成する:
    cd <path-to-openweave-core>
    ./configure --without-bluez
  3. Make the weave-tools target:
    make weave-tools
  4. Check the root openweave-core directory for the tar archive:
    ls weave*
        weave-tools-x86_64-unknown-linux-gnu-4.0d.tar.gz

gen-qr-code

The gen-qr-code tool requires the Python qrcode module. Use pip to install it:

pip install --user qrcode

gen-qr-codeを使用して、デバイスペアリング用のQRコードを生成します。ツールの入力は、ローカルファイルに存在する必要があります。たとえば、ユーザーをhttps://www.google.comに送信するQRコードを生成するには:

  1. QRコードの文字列を使用してファイルを作成します:
    echo "https://www.google.com" >> ~/ow_qrcode
  2. Generate a 64x64 QR code of that string:
    ./gen-qr-code -v 1 -s 64 < ~/ow_qrcode
  3. To save the QR code as an image, specify an output file:
    ./gen-qr-code -v 1 -s 64 < ~/ow_qrcode > ~/ow_qrcode.png
    Use the weave-device-descriptor tool to generate the device descriptor string
    for use in a Weave device's pairing QR code.

mock-device

The mock-device tool simulates a generic Weave node. Other tools and test case scripts use this tool to encapsulate Weave functionality. Instantiate mock devices on individual Happy nodes to test Weave functionality in a simulated topology.

For example, to start a Weave mock device listening on an IPv6 address of fd00:0:1:1::1, first add that IPv6 address to the lo (loopback) interface:

sudo ifconfig lo add fd00:0:1:1::1/64

次に、Weaveモックデバイスを起動します。

./mock-device -a fd00:0:1:1::1
WEAVE:ML: Binding IPv6 TCP listen endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095
WEAVE:ML: Listening on IPv6 TCP endpoint
WEAVE:ML: Binding general purpose IPv4 UDP endpoint to [::]:11095
WEAVE:IN: IPV6_PKTINFO: 92
WEAVE:ML: Binding general purpose IPv6 UDP endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095 (lo)
WEAVE:ML: Listening on general purpose IPv6 UDP endpoint
WEAVE:ML: Binding IPv6 multicast receive endpoint to [ff02::1]:11095 (lo)
WEAVE:ML: Listening on IPv6 multicast receive endpoint
WEAVE:EM: Cannot listen for BLE connections, null BleLayer
Weave Node Configuration:
  Fabric Id: 1
  Subnet Number: 1
  Node Id: 1
WEAVE:SD: init()
Weave Node Configuration:
  Fabric Id: 1
  Subnet Number: 1
  Node Id: 1
  Listening Addresses:
      fd00:0:1:1::1 (ipv6)
  Pairing Server: fd00:0:1:1::1
Mock Time Sync is disabled and not initialized
Mock System Time Offset initialized to: 3.213773 sec
Listening for requests...
Weave Node ready to service events; PID: 256904; PPID: 251571

--helpフラグを使用して、使用可能なすべての構成オプションを表示します。

weave-device-descriptor

weave-device-descriptorツールは、デバイス記述子文字列をエンコードまたはデコードします。これらの文字列には、WeaveペアリングQRコードにエンコードされたデバイスの識別情報が含まれています。詳細については、 encodeまたはdecodeオプションとともに--helpフラグを使用してください。

./weave-device-descriptor encode --help
./weave-device-descriptor decode --help

エンコード

たとえば、次の識別情報を使用してデバイス記述子文字列をエンコードするには、適切なフラグと値を使用します。

フィールド国旗
ベンダーID -V 1
製品番号-p 1
製品リビジョン番号-r 2
シリアルナンバー-s 18B4300000000004
製造日付-m 2018/05/02
802.15.4 MACアドレス(スレッド、BLE) -8 000D6F000DA80466
ペアリングコード-P AB713H
./weave-device-descriptor encode -V 1 -p 1 -r 2 -s 18B4300000000004 -m 2018/05/02 \
                                   -8 000D6F000DA80466 -w 5CF370800E77 -P AB713H
1V:1$P:1$R:2$D:180502$S:18B4300000000004$L:000D6F000DA80466$W:5CF370800E77$C:AB713H$

この出力文字列をgen-qr-codeツールで使用して、QRコードを生成します。

デコード

decodeオプションを使用して、デバイス記述子文字列の要素をデコードします。デコードする要素の構文は次のとおりです。

1 + <device-descriptor-element> + $

たとえば、 W:5CF370800E77デバイス記述子要素をデコードするには、 W:5CF370800E77ます。

./weave-device-descriptor decode 1W:5CF370800E77$
Primary WiFi MAC: 5C:F3:70:80:0E:77

織りハートビート

weave-heartbeatを使用して、2つのWeaveノード間でHeartbeatのプロファイルメッセージを送受信します。ハートビートは、ネットワーク内の他のノードに対して1つのノードの活性を示したり、ノードがファブリックに接続されたままであるかどうかを確認したりする手段を提供します。

ハートビートを成功させるには、1つのノードがサーバーとして機能し(ハートビートをリッスンして応答する)、1つのノードがクライアントとして機能する(ハートビートを送信する)必要があります。

ループバックインターフェイスを使用してweave-heartbeatツールをテストし、2つのノードを模倣します。

  1. 各ハートビートノードに使用するIPv6アドレスをlo (ループバック)インターフェイスに追加します:
    sudo ifconfig lo add fd00:0:1:1::1/64
    sudo ifconfig lo add fd00:0:1:1::2/64
  2. Start the Heartbeat server on the fd00:0:1:1::1 address and assign it a node-id of 1:

    ./weave-heartbeat --node-addr fd00:0:1:1::1 --node-id 1 --listen
        WEAVE:ML: Binding IPv6 TCP listen endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 TCP endpoint
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv4 UDP endpoint to [::]:11095
        WEAVE:IN: IPV6_PKTINFO: 92
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv6 UDP endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on general purpose IPv6 UDP endpoint
        WEAVE:ML: Binding IPv6 multicast receive endpoint to [ff02::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 multicast receive endpoint
        WEAVE:EM: Cannot listen for BLE connections, null BleLayer
        Weave Node Configuration:
          Fabric Id: 1
          Subnet Number: 1
          Node Id: 1
          Listening Addresses:
              fd00:0:1:1::1 (ipv6)
        Listening for Heartbeats...
        Weave Node ready to service events; PID: 170883; PPID: 170418

  3. Open a second terminal window and start the Heartbeat client on the fd00:0:1:1::2 IPv6 address with a node-id of 2 and the first node's IPv6 address as the destination for the Heartbeat:

    ./weave-heartbeat --node-addr fd00:0:1:1::2 --node-id 2 --dest-addr fd00:0:1:1::1 1
        WEAVE:ML: Binding IPv6 TCP listen endpoint to [fd00:0:1:1::2]:11095
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 TCP endpoint
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv4 UDP endpoint to [::]:11095
        WEAVE:IN: IPV6_PKTINFO: 92
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv6 UDP endpoint to [fd00:0:1:1::2]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on general purpose IPv6 UDP endpoint
        WEAVE:ML: Binding IPv6 multicast receive endpoint to [ff02::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 multicast receive endpoint
        WEAVE:EM: Cannot listen for BLE connections, null BleLayer
        WEAVE:EM: Binding0: Allocated
        Weave Node Configuration:
          Fabric Id: 1
          Subnet Number: 1
          Node Id: 2
          Listening Addresses:
              fd00:0:1:1::2 (ipv6)
        Sending Heartbeats via UDP to node 1 (fd00:0:1:1::1) every 1000 ms
        Weave Node ready to service events; PID: 170932; PPID: 170608
        WEAVE:EM: Binding0: Configuring
        WEAVE:EM: Binding0: Preparing
        WEAVE:EM: Binding0: Ready, peer 1 ([fd00:0:1:1::1]:11095) via UDP

  4. After a successful connection, node 2 sends Heartbeats to node 1, and node 1 logs Heartbeats received from node 2:

    Node 1
    <code></code>
    WEAVE:EM: Msg rcvd 00000013:1 1 0000000000000002 0000 C993 0 MsgId:1380A259
    WEAVE:EM: ec id: 1, AppState: 0xb8e89790
    Heartbeat from node 2 (fd00:0:1:1::2): state=1, err=No Error
    ### Node 2
    <code></code>
    WEAVE:EM: ec id: 1, AppState: 0x0
    WEAVE:EM: Msg sent 00000013:1 1 0000000000000001 0000 C993 0 MsgId:1380A259
    Heartbeat sent to node 1: state=1
    

モックデバイスを使用したハートビート

weave-heartbeatは、サーバーとクライアントの両方のmock-deviceをインスタンス化します。同じハートビート機能は、最初のweave-heartbeatビートハートビートサーバーの代わりにmock-deviceを使用することで実証できます。

./mock-device -a fd00:0:1:1::1

織りピン

使用weave-ping送信および受信するためのエコー 2つの織りのノード間でのプロファイルのメッセージを。エコーペイロードは、要求ノードによって提供された任意のデータで構成され、応答で逐語的にエコーバックされることが期待されます。 Echoは、ネットワーク接続と遅延をテストする手段を提供します。

Echoが成功するには、1つのノードがサーバーとして機能し(Echo要求をリッスンして応答する)、1つのノードがクライアントとして機能する(Echo要求を送信する)必要があります。

ループバックインターフェイスを使用してweave-pingツールをテストし、2つのノードを模倣します。

  1. 各エコーノードに使用するIPv6アドレスをlo (ループバック)インターフェイスに追加します:
    sudo ifconfig lo add fd00:0:1:1::1/64
    sudo ifconfig lo add fd00:0:1:1::2/64
  2. Start the Echo server on the fd00:0:1:1::1 address, assigning it a node-id of 1:

    ./weave-ping --node-addr fd00:0:1:1::1 --node-id 1 --listen
        WEAVE:ML: Binding IPv6 TCP listen endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 TCP endpoint
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv4 UDP endpoint to [::]:11095
        WEAVE:IN: IPV6_PKTINFO: 92
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv6 UDP endpoint to [fd00:0:1:1::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on general purpose IPv6 UDP endpoint
        WEAVE:ML: Binding IPv6 multicast receive endpoint to [ff02::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 multicast receive endpoint
        WEAVE:EM: Cannot listen for BLE connections, null BleLayer
        WEAVE:SD: init()
        Weave Node Configuration:
          Fabric Id: 1
          Subnet Number: 1
          Node Id: 1
          Listening Addresses:
              fd00:0:1:1::1 (ipv6)
        Listening for Echo requests...
        Iteration 0
        Weave Node ready to service events; PID: 120927; PPID: 113768
        WEAVE:ECH: Listening...

  3. Open a second terminal window and start the Echo client on the fd00:0:1:1::2 IPv6 address with a node-id of 2 and the first node's IPv6 address as the destination for the Echo request:

    ./weave-ping --node-addr fd00:0:1:1::2 --node-id 2 --dest-addr fd00:0:1:1::1 1
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv4 UDP endpoint to [::]:11095
        WEAVE:IN: IPV6_PKTINFO: 92
        WEAVE:ML: Binding general purpose IPv6 UDP endpoint to [fd00:0:1:1::2]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on general purpose IPv6 UDP endpoint
        WEAVE:ML: Binding IPv6 multicast receive endpoint to [ff02::1]:11095 (lo)
        WEAVE:ML: Listening on IPv6 multicast receive endpoint
        WEAVE:EM: Cannot listen for BLE connections, null BleLayer
        WEAVE:SD: init()
        Weave Node Configuration:
          Fabric Id: 1
          Subnet Number: 1
          Node Id: 2
          Listening Addresses:
              fd00:0:1:1::2 (ipv6)
        Sending Echo requests to node 1 at fd00:0:1:1::1
        Iteration 0
        Weave Node ready to service events; PID: 121125; PPID: 121017
        WEAVE:ML: Con start 9A00 0000000000000001 0001
        WEAVE:ML: Con DNS complete 9A00 0
        WEAVE:ML: TCP con start 9A00 fd00:0:1:1::1 11095
        WEAVE:ML: TCP con complete 9A00 0
        WEAVE:ML: Con complete 9A00
        Connection established to node 1 (fd00:0:1:1::1)

  4. After a successful connection, node 1 logs Echo Requests from node 2, and node 2 logs Echo Responses from node 1:

    Node 1
    <code></code>
    WEAVE:ML: Con rcvd AA00 fd00:0:1:1::2 41675
    Connection received from node 2 (fd00:0:1:1::2)
    WEAVE:EM: Msg rcvd 00000001:1 15 0000000000000002 AA00 B8A5 0 MsgId:00000000
    WEAVE:EM: ec id: 1, AppState: 0xfce0ca80
    Echo Request from node 2 (fd00:0:1:1::2): len=15 ... sending response.
    WEAVE:EM: Msg sent 00000001:2 15 0000000000000002 AA00 B8A5 0 MsgId:00000000
    WEAVE:EM: Msg rcvd 00000001:1 15 0000000000000002 AA00 B8A6 0 MsgId:00000001
    ### Node 2
    <code></code>
    WEAVE:EM: ec id: 1, AppState: 0xd239baa0
    WEAVE:EM: Msg sent 00000001:1 15 0000000000000001 9A00 B8A5 0 MsgId:00000000
    WEAVE:EM: Msg rcvd 00000001:2 15 0000000000000001 9A00 B8A5 0 MsgId:00000000
    Echo Response from node 1 (fd00:0:1:1::1): 1/1(100.00%) len=15 time=0.228ms
    

モックデバイスでエコーする

weave-pingは、サーバーとクライアントの両方のmock-deviceをインスタンス化します。同じEcho機能は、最初のweave-pingサーバーの代わりにmock-deviceを使用して示すことができます。

./mock-device -a fd00:0:1:1::1