Googleは、黒人コミュニティのための人種的衡平の促進に取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

テストケース

jinja-placeholder-0 /index.md "> GitHubでソースを表示する

OpenWeaveには、シミュレートされたHappyトポロジーでWeave機能をテストするための多数のPythonスクリプトが含まれています。これらのテストケースは、トポロジがネットワーク接続とWeave展開用に適切に構成されていることを確認します。

テストケーススクリプトは、 /src/test-apps/happy/testsのOpenWeaveリポジトリにあります。テストには2つのタイプがあります。

走る

  1. OpenWeaveをインストールします。手順については、OpenWeave ビルドガイドを参照してください。
  2. Happyをインストールします。手順については、ハッピーセットアップガイドを参照してください。
  3. ターゲットテストケースが含まれているディレクトリに移動します。たとえば、Echoプロファイルテストケースを実行するには:
     cd <path-to-openweave-core> /src/test-apps/happy/tests/standalone/echo
    python test_weave_echo_01.py 

テストトポロジを変更する

OpenWeaveテストケースは、 /src/test-apps/happy/topologies/standaloneあるサンプルHappyトポロジに対して実行され/src/test-apps/happy/topologies/standalone 。テストケースで独自のカスタムHappyトポロジを使用するには:

  1. カスタムトポロジを構築したら、JSON形式で保存します。これにより、トポロジ状態ファイルが$HOMEディレクトリに保存されます。
     happy-state -s my_topology.json 
  2. テストケーススクリプトで、使用されているトポロジファイルを見つけます。テストケースのトポロジは通常、 self.topology_file変数に割り当てられます。たとえば、 test_weave_echo_01.pyは、デフォルトのOpenWeaveビルドに次のトポロジを使用します。

     self.topology_file = os.path.dirname(os.path.realpath(__file__)) + \
        "/../../../topologies/standalone/three_nodes_on_thread_weave.json"
     
  3. カスタムトポロジ状態ファイルを指すようにトポロジパスを更新します。

     self.topology_file = "~/my_topology.json"
     
  4. または、カスタムトポロジ状態ファイルをOpenWeaveに含まれているものと同じ場所に配置します。

     self.topology_file = os.path.dirname(os.path.realpath(__file__)) + \
        "/../../../topologies/standalone/my_topology.json"
     
  5. テストケースを実行します