Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

テストケース

GitHubでソースを表示

OpenWeaveには、シミュレートされたHappyトポロジでWeave機能をテストするためのPythonスクリプトが多数含まれています。これらのテストケースは、トポロジがネットワーク接続とWeaveデプロイメント用に適切に構成されていることを確認します。

テストケースのスクリプトはでOpenWeaveリポジトリ内で発見された/src/test-apps/happy/tests 。テストには2つのタイプがあります。

実行

  1. OpenWeaveをインストールします。 OpenWeaveを参照してください。ビルド手順については、ガイドを。
  2. Happyをインストールします。ハッピー参照してください。セットアップ手順については、ガイドを。
  3. ターゲットテストケースを含むディレクトリに移動します。例えば、エコープロファイルテストケースを実行する:
    cd <path-to-openweave-core>/src/test-apps/happy/tests/standalone/echo
    python test_weave_echo_01.py

Change test topology

OpenWeave test cases run against the sample Happy topologies found in /src/test-apps/happy/topologies/standalone. To use your own custom Happy topology in a test case:

  1. After constructing your custom topology, save it in JSON format. This saves the topology state file in the $HOME directory:
    happy-state -s my_topology.json
  2. In the test case script, locate the topology file being used. Topologies in test cases are typically assigned to the self.topology_file variable. For example, test_weave_echo_01.py uses the following topology for a default OpenWeave build:

    self.topology_file = os.path.dirname(os.path.realpath(__file__)) + \
        "/../../../topologies/standalone/three_nodes_on_thread_weave.json"
    
  3. カスタムトポロジ状態ファイルを指すようにトポロジパスを更新します。

    self.topology_file = "~/my_topology.json"
    
  4. または、カスタムトポロジ状態ファイルをOpenWeaveに含まれているものと同じ場所に配置します。

    self.topology_file = os.path.dirname(os.path.realpath(__file__)) + \
        "/../../../topologies/standalone/my_topology.json"
    
  5. テストケースを実行します