Google is committed to advancing racial equity for Black communities. See how.
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

織りプロファイル

織りプロファイル

完全なWeaveスタックには多くの要素がありますが、機能の大部分はプロファイルと呼ばれる論理構造にグループ化されています 。各プロファイルは、以下を含む特定のWeave機能のセットに対応しています。

  • プロトコル
  • プロトコルの役割(パブリッシャー、サブスクライバー)
  • メッセージの種類
  • スキーマと公開データ
  • ステータスコード
  • エラーコード

一般的な概要については、Weave Primerのプロファイルページを参照してください。

プライマリー

一部のプロファイルは、Weaveの機能の中心です。これらは:

  • 一括データ転送(BDX)—ノード間でファイルを転送する
  • コモン—システムステータスとエラーレポート
  • データ管理 —リアルタイムの特性管理
  • Echo —ネットワーク接続と遅延をテストする
  • セキュリティ—安全なセッションを確立する
  • サービスディレクトリ-サービス内のリソースへのマップのエンドポイント

二次

その他は、コアの上に追加機能を提供します。

  • アラーム—緊急状態をファブリック全体に伝播
  • デバイス制御—ノードの状態と設定を管理します
  • デバイスの説明—ノード間でIDを共有します
  • ファブリックプロビジョニング—リソースレベルのファブリック管理
  • ハートビート—ノードの活性を示します
  • Locale —リソースのロケールを示します
  • ネットワークプロビジョニング—リソースレベルのネットワーク管理
  • サービスプロビジョニング—リソースのペアリングと登録
  • ソフトウェア更新—ソフトウェア更新プロセスを管理します
  • ステータスレポート—従来のステータスおよびエラーレポート。
  • Time Services —リソースとサービスの間で時刻情報を同期します
  • タイムゾーン—リソース間のタイムゾーン設定を管理します
  • Token Pairing —認証トークンのペア
  • トンネリング— Weaveトンネルを管理します

織りスタック

織りスタック

Weaveスタックのコアは4つのモジュールで構成されています。

  • Security Manager —リソース間のすべての安全なセッション( CASEPASETAKE )を管理します
  • Exchange Manager —各プロファイルで定義されたリソース間の交換コンテキスト(会話)を管理します
  • メッセージ層—通信用の軽量トランスポートおよびセッション層
  • ファブリックの状態—セッションとファブリックキーを含む、ファブリックのセキュリティと構成を管理します

セカンダリプロファイルと特性は、Weaveコアプロファイルとプライマリプロファイルの上にあります。

Weaveは、TCP、UDP、BLEの基になるトランスポートを使用して、 Weaveメッセージを渡します 。 TCPとUDPは、スレッドやWiFiなどのテクノロジー上でIPv4とIPv6の両方を使用しますが、BLEはルーティング不能なポイントツーポイントリンクとして扱われます。