Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

用語集

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
GitHub のソースを見る

A

アカウント

home.nest.com で作成されたアカウント。ウェブ / モバイル アプリケーションを介してアカウント所有者に Nest デバイスの制御権限を付与します。

~を扱う

Weave ファブリックの各ノードには IPv6 の一意のローカル アドレス(ULA)があります。

アプリケーション レイヤ

デバイスとサービスホスト間の通信に使用される共有プロトコルを提供する Weave プロファイルと関連する gRPC API。

アプリケーション レイヤ プロトコル

IP ネットワーク間のプロセス間通信に焦点を当て、通信インターフェースとエンドユーザー サービスを提供する Weave プロトコル。

アプリケーション レベルのセキュリティ

Weave デバイスは、ドメインキーで保護された 1 つ以上のセキュリティ ドメインに追加できます。これらの鍵はローリング エポック鍵で、認証サービスによって管理されます。認可サービスをご覧ください。

認可サービス

Weave システムのデバイスとクライアントを認証するとともに、アプリケーション レベルのセキュリティの実装に使用される承認済みアプリケーション キーとローリング エポックキーをデバイスとクライアントに提供します。アプリケーション レベルのセキュリティをご覧ください。

B

BLE

Weave でサポートされているワイヤレス無線プロトコルです。

ボーダー ルーター

Thread ネットワークと Wi-Fi ネットワーク間で Weave メッセージをルーティングし、HAN と Nest Service の間のトンネルを確立する、ホームエリア ネットワーク(HAN)内のデバイス。

C

CASE

Certificate-Assist Session Establishment(CASE)プロトコルは、Weave 証明書を使用する主要な Weave Secure Session Establishment プロトコルです。これは、認証サービスが提供するハードウェア証明書またはアプリケーション レベルのセキュリティ証明書です。Weave 証明書をご覧ください。

コントローラ

コントローラは、高度な機能を実装するサービスです。たとえば、照明グループ コントローラ、暖房換気空調ゾーン コントローラ、在宅確認アービター コントローラなどがあります。

command

標準のリクエストでは実行できないアプリケーション固有のリクエスト。カスタム コマンドと呼ばれることもあります。

D

デバイス ID

ノード ID の種類です。各デバイスには、製造時にグローバルに一意の 64 ビット ID が割り当てられます。これは、デバイスの ID を認証するためのデバイス証明書に関連付けられます。デバイスのノード ID として使用されます。ノード ID をご覧ください。

E

event

待ち受けるレスポンスのない、特定の時間におけるトレイトに関する単方向のアサーション。たとえば、デッドボルトをロック解除するために入力されたパスコードは、イベントを生成します。最も一般的なイベントは、専用の notify リクエストで表現されるプロパティの変更です。

F

ファブリック キー

ファブリックを作成した最初のデバイスが生成する各 Weave ファブリックに固有の鍵。後続のデバイスをファブリックとペア設定する際に使用されます。

ファブリック ID

Weave ファブリックをグローバルに識別する一意の 64 ビット値。Google Nest デバイスが初めてストラクチャに導入された場合にランダムに生成されます。

ファブリック プロビジョニング

他のデバイスやサービスと通信するために必要なファブリック ID とファブリック キーを提供して、デバイスをローカルの Weave ファブリックとペア設定します。

ファクトリー プロビジョニング

Weave プロファイルとハードウェア証明書を使用してデバイスを事前構成する製造プロセス。

フロントエンド モジュール(FEM)

受信無線周波数(RF)信号を中間周波数(IF)またはデジタル形式に処理するために必要なすべてのコンポーネントを含む集積回路(IC)。

H

ハードウェア証明書

製造時にデバイスにプロビジョニングされる Weave 証明書。この証明書は、デバイスの Weave ファブリックと Nest サービスのペアリング時にデバイスを認証するために使用されます。

ホームエリア ネットワーク(HAN)

Weave ファブリックの一部であり、安全なワイヤレス通信を提供する、家の中の一連のネットワーク。

I

現場でのプロビジョニング

デプロイされたデバイスに、Weave ファブリックの全参加者に必要な情報を提供します。

インターフェース

上位レベルの機能を記述する一連の特性。たとえば、カラーライトの機能には OnOff、Level、Color の各トレイトがあり、これらが連携して ColorLight インターフェースを実装します。Weave のスキーマで定義されています。

L

布地を残す

Weave ファブリック内のメンバーノードと残りのノードの関係を破り、ノードを独立したノードに変換する。ノードが 2 つのノードのみで構成される Weave ファブリックを残した場合、そのファブリックは存在しなくなります。

M

メッセージ

同じネットワーク内のノード間で渡される、変更や情報の伝達に使用される書式付きデータ。

メタデータ

さまざまなスキーマ コンポーネントに配置され、そのコンポーネントを正式に制約または詳細に記述する情報(たとえば、トレイト プロパティを「読み取り専用」としてマークするなど)。

相互サブスクリプション

リソースが相互に登録し、それぞれがトレイトのパブリッシャーとサブスクライバーの両方として機能する場合。

N

NCP(NCP)

ネットワーク コプロセッサ。NCP の実装では、Thread スタックを一方の集積回路に配置し、Weave とアプリケーション ソフトウェアを第 2 のチップに配置します。SoC と比較してください。

Nest API

Nest デバイスによって共有されるデータに対するサブスクリプション ベースのアクセスを提供するリアルタイムのデータ API。Nest API を使用すると、Nest デバイスのデータにアクセスするプロダクトを作成して、共有データ値の読み取りや書き込みを行えます。

Nest サービス

HAN デバイスをデータモデルに接続し、リモート アクセスを提供し、インテリジェントなコントローラを実装して、包括的なエコシステムを構築するクラウドベースのインフラストラクチャ。

ネットワーク プロビジョニング

デバイスとローカル Wi-Fi または Thread ネットワークの間の接続を確立する動作。これには、ネットワーク ID とルーティング情報、または Wi-Fi 事前共有キーなどのネットワーク アクセス認証情報の提供が含まれます。

ノード

Weave ファブリックに参加できる Weave デバイスまたはサービスホスト。ファブリック内のすべてのノードに一意の IPv6 アドレスがある。サービスホストWeave ファブリックをご覧ください。

ノード取得アドレス

エンドユーザーのネットワーク インフラストラクチャ(DHCP 経由など)によってデバイスに割り当てられた IPv4 または IPv6 アドレス。

ノード ID

Weave ファブリックのノードをグローバルに識別する一意の 64 ビット値。

O

片道サブスクリプション

1 つ以上のトレイト インスタンスのサブスクライバーからパブリッシャーへのリクエスト。

OTA

無線(OTA)ファームウェアの更新。

P

ペア設定

デバイスをホーム ネットワーク、Weave ファブリック、Nest Service のユーザー アカウントに追加するプロセス。

ペア設定コード

デバイスと Weave ファブリックとのペア設定に使用される文字コード。これは Weave Device Descriptor にエンコードされ、QR コードとともに印刷されてペア設定できるようになります。 Weave デバイス記述子をご覧ください。

ペース

パスワード認証セッションの確立(相互認証のプロトコル)は、ペアリング コードを使用して 2 つの Weave デバイス間の最初の安全なセッションを確立するために使用されます。

プロパティ

プロパティとは、リソースの状態を表すトレイトの特性です。たとえば、照明の明るさや、誰かが在宅しているかどうかなどです。タイプ、名前、タグ、メタデータ(デフォルト値、制約など)で構成されます。Weave のスキーマで定義されています。

プロトコル

送信されるデータのパケット構造と、セッションを管理する制御コマンドを定義します。

パブリッシャー

Weave Data Management で使用されるプロトコルのロール。パブリッシャーは、1 つ以上のスキーマのバージョニングされたインスタンスを生成し、1 つ以上のサブスクライバーに提供し、スキーマの変更に関する通知を送信します。Weave データ管理をご覧ください。

R

リアルタイムトレイト管理

Weave Data Management の機能。トレイトのすべての状態リクエストとイベントは、パブリッシュ / サブスクライブ モデルで管理します。

誤り

Weave メッセージ タイプ。リクエストとは、想定されるレスポンスとともにトレイトを処理するアクションを指します。リクエストには、パラメータと、ステータスおよびパラメータを含むレスポンスが含まれます。プロパティは標準の view リクエストで表示およびモニタリングされ、プロパティの変更は標準の update リクエストで行われます。パブリッシャーは、標準 notify リクエストでトレイトの変更をサブスクライバーに通知します。

表示、更新、通知以外のアプリケーション固有のリクエストは、コマンドで処理されます。

リソース構成

デバイスとコントローラの間で特定のリソース定義のトレイトを実装する方法の設定。Weave のスキーマで定義されています。

リソース ハンドラ

HAN 内のすべてのデバイスに対して Nest Service で作成されたリソース プロキシ。デバイスにリモート アクセスできるようにします。

リソース ID

グローバルに一意のリソース ID。デバイスの場合、デバイス ID です。デバイス以外のその他のリソースは、作成時に Nest サービスによって割り当てられます。

リソース プロキシ

データの局所性、またはスリープ状態のエンドポイントの処理に使用されるリソースのトレイトの複製ハンドラ。プロキシは、プロパティを管理し、リソース リクエストとコマンドをキューに入れます。

リソース

論理的または物理的なもの(デバイス、構造、ユーザーなど)。これは、その機能と動作を記述する一連のトレイトとインターフェース インスタンスで構成されます。Weave のスキーマで定義されています。

RTOS

制約のあるマイクロコントローラで使用されるリアルタイム オペレーティング システム。Weave は FreeRTOS を使用します。

S

schema

標準とベンダー固有のトレイトおよびインターフェースの正式な説明。

サービス ディレクトリ

Weave ファブリックで利用できるディレクトリ サービス。

サービス エンドポイント

特定の Weave プロファイル プロトコルを実装する Nest サービス エンドポイント。Weave ファブリック内の単一のサービス エンドポイント ID を使用します。

サービス エンドポイント ID

ノード ID の種類。Nest サービスで定義された各サービス エンドポイントは、サービス エンドポイント ID で識別されます。ID は一意で、Nest によって割り当てられます。変更されることはありません。

サービスホスト

特定のトレイトを担当するエンティティ(デバイス、サービス、またはアプリ)。 業務には、状態の管理、リクエストやコマンドへの対応、イベントのトリガーなどがあります。

サービス プロビジョニング

Weave デバイスを Nest サービスとユーザー アカウントに関連付けます。

SoC

システム オン チップ。SoC の実装では、Thread、Weave、アプリ ソフトウェアがすべて単一の集積回路上にあります。比較対象として、「NCP」があります。

state

特定の時間におけるリソースとトレイトに関連付けられたプロパティ値のセット。リソースの状態は、そのトレイトの状態で構成されます。リソーストレイト状態をご覧ください。

状態イベント

リソースまたはトレイトの状態変化を通知するために使用されるイベントの標準サブセット。

サブスクライバー

Weave Data Management で使用されるプロトコルのロール。サブスクライバーは、外部で公開された 1 つ以上のスキーマのバージョニングされたインスタンスを表示して使用します。パブリッシュされたスキーマのバージョニングされたインスタンスを変更したり、アプリケーション固有のコマンドを発行したりできます。Weave データ管理をご覧ください。

T

取得

トークン認証キー交換。鍵フォブやモバイル デバイスで使用される BLE ユーザー トークンの認証プロトコル。

TLV

コンパクトなバイナリデータのシリアル化に使用される型の長さと値のエンコード。

トレイト

プロパティ、イベント、リクエスト、メタデータで構成される再利用可能な機能の単位。Weave のスキーマで定義されています。

トンネル

HAN と Nest サービスの間で Weave IPv6 UDP メッセージを転送するために、境界ルーターによって確立された安全なルート。

U

ユーザー

Nest デバイスを所有し、Nest アカウントを持ち、ストラクチャに Nest デバイスを設置し、Nest サービスに接続している人。

V

ベンダー ID

名前空間に固有のベンダー固有のトレイトとリソースタイプの定義に使用される、提供元の一意の 16 ビット識別子。

ベンダー レジストリ

ベンダー ID とベンダーのマッピングを含む論理サービス インフラストラクチャ コンポーネントで、Weave は既存のベンダー情報を読み取り、新しいベンダーを作成できます。

ベンダー トレイトの拡張機能

標準的なトレイトのベンダー固有の拡張。プロパティ、プロパティ値の制約、カスタム コマンド、コマンド引数、イベントを追加できます。ベンダーの名前空間内でのみ使用できます。トレイトをご覧ください。

W

Weave

コネクテッド プロダクトをサポートするように設計されたネットワークとアプリケーション プロトコル。接続されたデバイス向けに安全で堅牢な通信プラットフォームを提供し、世界中の Nest プロダクトですでに実行されています。

Weave 証明書

Weave ノード間の安全なセッションを確立するために使用される、データリダクションと TLV でエンコードされた X.509 スタイルの楕円曲線暗号(ECC)証明書。

Weave データ言語

Weave スキーマを定義する記述子言語(リソース、インターフェース、トレイト、サービス定義など)。

Weave データ管理

リアルタイム トレイトの管理に使用されるアプリケーション プロトコル。Weave Data Management は、すべてのリクエスト メッセージ タイプに対してコンパクトなオペレーションを提供し、プロパティの状態変化を非同期で通知します。

Weave デバイス記述子

デバイスに印刷された QR コードにエンコードされたデータ。デバイスとネットワークとのペア設定に必要な情報を提供します。ペア設定コード、製品タイプ、バージョンが含まれます。ペア設定コードをご覧ください。

織物

接続されたすべてのスマートホーム デバイス、Nest サービス、モバイル デバイスで構成されるネットワーク。ファブリックを使用すると、接続されたデバイスは、ユーザー、その家族、ゲストに安全にサービスを提供して連携できます。

Weave プロファイル

Weave 上のアプリケーション レイヤ プロトコルを定義するタグとメッセージのセット。トレイトデータを管理するための Weave Data Management や、時刻を同期するためのタイムサービスなど。

Weave Reliable Messaging プロトコル

Weave ファブリック内の 2 つのデバイス間でメッセージを確実に送信するための Weave の軽量メッセージ プロトコル。

Weave SDK

Nest の RTOS と Linux の実装における、Weave 通信スタック、ネットワーク管理、共通の Weave プロファイル。デバイスコードの作成に使用します。