Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

用語集

jinja-placeholder-0 .md "> GitHubでソースを表示する

アカウント

アカウントの所有者(ユーザー)がWeb /モバイルアプリケーションを介してNestデバイスを制御できるようにする、 home.nest.comで作成されたアカウント。

住所

Weaveファブリックの各ノードには、IPv6の一意のローカルアドレス(ULA)があります。

アプリケーション層

デバイスとサービスホスト間の通信に使用される共有プロトコルを提供する織りプロファイルと関連するgRPC API。

アプリケーション層プロトコル

IPネットワークを介したプロセス間通信に重点を置き、通信インターフェイスとエンドユーザーサービスを提供するプロトコルを織り込みます。

アプリケーションレベルのセキュリティ

織りデバイスは、ドメインキーで保護されている1つ以上のセキュリティドメインに含まれている場合があります。キーにはローリングエポックキーが含まれ、認証サービスによって管理されます。 認可サービスを参照してください。

認可サービス

Weaveシステムのデバイスとクライアントを認証し、アプリケーションレベルのセキュリティの実装に使用される承認済みのアプリケーションキーとローリングエポックキーをデバイスとクライアントに提供するサービス。 アプリケーションレベルのセキュリティを参照してください。

B

BLE

Weaveがサポートする無線プロトコル。

ボーダールーター

スレッドネットワークとWi-Fiネットワーク間でWeaveメッセージをルーティングし、HANとNestサービスの間にトンネルを確立するホームエリアネットワーク(HAN)内のデバイス。

C

場合

証明書支援セッション確立(CASE)プロトコルは、Weave証明書を使用する主要なWeaveセキュアセッション確立プロトコルです。これは、許可サービスによって提供されるハードウェア証明書またはアプリケーションレベルのセキュリティ証明書です。 織り証明書を参照してください。

コントローラ

コントローラは、高度な機能を実装するサービスです。例としては、照明グループコントローラー、HVACゾーンコントローラー、占有占有率コントローラーなどがあります。

コマンド

標準的なリクエストでは実行できないアプリケーション固有のリクエストカスタムコマンドと呼ばれることもあります。

D

デバイスID

ノードIDのタイプ。各デバイスには、製造時に割り当てられた64ビットのグローバルに一意のIDがあります。これは、デバイスのIDを認証するためのデバイス証明書に関連付けられています。デバイスのノードIDとして使用されます。 ノードIDを参照してください。

E

出来事

特定の時点での特性に関する一方向の真実の表明であり、予期される応答はありません。たとえば、デッドボルトのロックを解除するために入力されたパスコードはイベントを生成します。最も一般的なイベントは、特別な目的の通知 リクエストで表されるプロパティの変更です。

F

生地キー

ファブリックを作成する最初のデバイスによって生成され、後続のデバイスをファブリックにペアリングするために使用される各Weaveファブリックに固有のキー。

ファブリックID

Weaveファブリックをグローバルに識別する一意の64ビット値。 Nestデバイスが初めて構造物に導入されたときにランダムに生成されます。

ファブリックプロビジョニング

他のデバイスやサービスとの通信に必要なファブリックIDとファブリックキーを提供することにより、デバイスをローカルのWeaveファブリックにペアリングします。

工場プロビジョニング

Weaveプロファイルとハードウェア証明書を使用してデバイスを事前構成する製造プロセス。

フロントエンドモジュール(FEM)

着信無線周波数(RF)信号を中間周波数(IF)またはデジタル形式に処理するために必要なすべてのコンポーネントを含む集積回路(IC)。

H

ハードウェア証明書

製造時にデバイスに工場でプロビジョニングされるWeave証明書。この証明書は、デバイスをWeaveファブリックおよびNestサービスにペアリングするときにデバイスを認証するために使用されます。

ホームエリアネットワーク(HAN)

家庭内のネットワーク化されたデバイスのセットで、Weaveファブリックの一部にすることができ、安全なワイヤレス通信を提供します。

インフィールドプロビジョニング

供給されたデバイスは、Weaveファブリックに完全に参加するために必要な情報をデバイスに展開しました。

インターフェース

上位レベルの機能を説明する一連の特性。たとえば、色付きのライトの機能には、OnOff、Level、Colorという特性が含まれており、これらすべてが連携してColorLightインターフェースを実装します。 Weave スキーマで定義されています

L

生地を残す

メンバーノードとWeaveファブリック内の残りのノード間の関係を解除し、ノードを独立したノードに変換します。ノードが2つのノードのみで構成されるWeaveファブリックを離れると、ファブリックは存在しなくなります。

M

メッセージ

同じネットワーク内のノード間で渡されるフォーマットされたデータは、変更を行ったり情報を伝達したりします。

メタデータ

さまざまなスキーマコンポーネントに配置された情報で、そのコンポーネントを正式に制約または詳細に説明します。たとえば、特性プロパティを「読み取り専用」としてマークします。

相互サブスクリプション

リソースが互いにサブスクライブし、それぞれがトレイトのパブリッシャーとサブスクライバーの両方として機能する場合。

N

NCP

ネットワークコプロセッサ。 NCP実装では、スレッドスタックを1つの集積回路に配置し、Weaveおよびアプリケーションソフトウェアは2番目のチップに配置します。 SoCと比較してください。

Nest API

Nestデバイスが共有するデータへのサブスクリプションベースのアクセスを提供するリアルタイムデータAPI。 Nest APIを使用すると、Nestデバイスデータにアクセスして共有データ値の読み取りまたは書き込みを行う製品を構築できます。

ネストサービス

HANデバイスをデータモデルに接続し、リモートアクセスを提供し、インテリジェントコントローラーを実装して包括的なエコシステムを構築するクラウドベースのインフラストラクチャ。

ネットワークプロビジョニング

デバイスとローカルWi-Fiまたはスレッドネットワーク間の接続を確立する行為。ネットワークIDとルーティング情報、またはWi-Fi事前共有キーなどのネットワークアクセス資格情報を提供する必要があります。

ノード

Weaveファブリックに参加できるWeaveデバイスまたはサービスホスト。ファブリック内のすべてのノードには、一意のIPv6アドレスがあります。 サービスホストWeaveファブリックをご覧ください。

ノード取得アドレス

DHCP経由など、エンドユーザーのネットワークインフラストラクチャによってデバイスに割り当てられたIPv4またはIPv6アドレス。

ノードID

Weaveファブリック内のノードをグローバルに識別する一意の64ビット値。

O

一方向のサブスクリプション

サブスクライバーからパブリッシャーへの、1つ以上の特性インスタンスの要求。

OTA

無線ファームウェアの更新。

P

ペアリング

デバイスをホームネットワーク、Weaveファブリック、Nestサービスのユーザーアカウントに参加させるプロセス。

ペアリングコード

デバイスをWeaveファブリックとペアリングするために使用される文字コード。これは、Weave Device Descriptorでエンコードされ、ペアリングを有効にするためにQRコードと共に印刷されます。 Weave Device Descriptorを参照してください。

ペース

ペアリングコードを使用して2つのWeaveデバイス間で最初の安全なセッションを確立するために使用される、パスワード認証されたセッション確立(相互認証のプロトコル)。

財産

プロパティは、リソースの状態を表す特性の特性です。たとえば、ライトの明るさや、家にいるかどうかなどです。タイプ、名前、タグ、およびデフォルト値や制約などのメタデータで構成されます。 Weave スキーマで定義されています

プロトコル

送信されるデータのパケット構造と、セッションを管理する制御コマンドを定義します。

出版社

Weave Data Managementで使用されるプロトコルの役割。パブリッシャーは、1つ以上のスキーマのバージョン付きインスタンスを作成して1つ以上のサブスクライバーに提供し、スキーマの変更に関する通知を送信します。 Weave Data Managementを参照してください。

R

リアルタイムの特性管理

特性のすべての状態要求とイベントがパブリッシュ/サブスクライブモデルで管理されるWeave Data Managementの機能。

リクエスト

Weaveメッセージタイプ。リクエストは、期待されるレスポンスを備えたトレイトに対するアクションのリクエストです。リクエストには、ステータスとパラメータを含むパラメータと応答を含めることができます。プロパティは標準のビューリクエストで表示および監視され、プロパティの変更は標準の更新リクエストで行われ、パブリッシャーはサブスクライバーに標準の通知リクエストで特性の変更を通知します。

表示更新通知以外のアプリケーション固有の要求は、 コマンドによって処理されます

リソース構成

特定のリソース定義の特性がデバイスとコントローラー間でどのように実装されるかの構成。 Weave スキーマで定義されています

リソースハンドラー

デバイスへのリモートアクセスを可能にするために、HAN内のすべてのデバイスのNestサービスで作成されたリソースプロキシ。

リソースID

グローバルに一意のリソース識別子。デバイスの場合、これはデバイスIDです。その他の非デバイスリソースは、作成時にNestサービスによって割り当てられます。

リソースプロキシ

データのローカリティに使用される、またはスリープ状態のエンドポイントを処理するために使用されるリソースの特性の複製ハンドラー。プロキシはプロパティを管理し、リソース要求とコマンドをキューに入れます。

資源

デバイス、構造、ユーザーなどの論理的または物理的なもの。これは、その機能と動作を記述する一連の特性とインターフェースのインスタンスで構成されています。 Weave スキーマで定義されています

RTOS

制約のあるマイクロコントローラーで使用されるリアルタイムオペレーティングシステム。 WeaveはFreeRTOSを使用しています。

S

スキーマ

標準およびベンダー固有の特性とインターフェースの正式な説明。

サービスディレクトリ

Weaveファブリックで利用可能なディレクトリサービス。

サービスエンドポイント

Weaveファブリックの単一のサービスエンドポイントIDによってアドレス指定される特定のWeaveプロファイルプロトコルを実装するNestサービスエンドポイント。

サービスエンドポイントID

ノードIDのタイプ。 Nestサービスで定義された各サービスエンドポイントは、サービスエンドポイントIDによって識別されます。 IDは一意で、Nestによって割り当てられ、変更されることはありません。

サービスホスト

特定の特性を担当するエンティティ(デバイス、サービス、またはアプリ)。責任には、状態の管理、要求とコマンドへの応答、およびイベントのトリガーが含まれます。

サービスのプロビジョニング

WeaveデバイスをNestサービスとユーザーアカウントに関連付けます。

SoC

システムオンチップ。 SoC実装では、スレッド、ウィーブ、およびアプリケーションソフトウェアはすべて、単一の集積回路上に存在します。 NCPと比較してください。

状態

特定の時間にリソースと特性に関連付けられたプロパティ値のセット。リソースの状態は、その特性の状態で構成されます。 リソース特性状態を参照してください。

州のイベント

リソースまたは特性の状態変化の通知に使用されるイベントの標準サブセット。

加入者

Weave Data Managementで使用されるプロトコルの役割。サブスクライバーは、1つ以上の外部公開スキーマのバージョン付きインスタンスを表示して使用します。公開されたスキーマのバージョン付きインスタンスを変更したり、アプリケーション固有のコマンドを発行したりできます。 Weave Data Managementを参照してください。

T

取る

トークン認証されたキー交換、キーフォブまたはモバイルデバイスで使用されるBLEユーザートークンの認証プロトコル。

TLV

コンパクトなバイナリデータのシリアル化に使用される型長さ値エンコーディング。

特性

プロパティ、イベント、リクエスト、メタデータで構成される再利用可能な機能単位。 Weave スキーマで定義されています

トンネル

HANとNest Serviceの間でWeave IPv6 UDPメッセージを転送するために境界ルーターによって確立された安全なルート。

U

ユーザー

Nestデバイスを所有し、Nestアカウントを所有し、構造内にNestデバイスを設置し、デバイスをNestサービスに接続した人。

V

ベンダーID

ベンダー固有の特性とリソースタイプの定義の名前空間に使用される起点の会社の一意の16ビット識別子。

ベンダーレジストリ

ベンダーへのベンダーIDのマッピングを含み、Weaveが既存のベンダー情報を読み取って新しいベンダーを作成できるようにする論理サービスインフラストラクチャコンポーネント。

ベンダー特性拡張

プロパティ、プロパティ値の制約、カスタムコマンド、コマンド引数、およびイベントを追加できる標準トレイトへのベンダー固有の拡張。ベンダーの名前空間内でのみ使用できます。 特性を参照してください。

W

織り

接続された製品をサポートするように設計されたネットワークおよびアプリケーションプロトコル。接続されたデバイスに安全で堅牢な通信プラットフォームを提供し、すでに世界中のNest製品で実行されています。

織り証明書

Weaveノード間で安全なセッションを確立するために使用される、データが削減され、Weave TLVでエンコードされたX.509スタイルの楕円曲線暗号(ECC)証明書。

織りデータ言語

リソース、インターフェース、トレイト、サービスの定義など、Weaveスキーマを定義する記述子言語。

織りデータ管理

リアルタイムの特性管理に使用されるアプリケーションプロトコル。 Weave Data Managementは、すべてのリクエストメッセージタイプに対してコンパクトな操作を提供し、プロパティの状態変化の非同期通知を提供します。

織りデバイス記述子

デバイスをネットワークにペアリングするために必要な情報を提供するデバイスに印刷されたQRコードにエンコードされたデータ。ペアリングコードと製品タイプとバージョンが含まれています。 ペアリングコードをご覧ください。

織り生地

接続されているすべてのホームデバイス、Nestサービス、モバイルデバイスで構成されるネットワーク。このファブリックにより、接続されたデバイスは、ユーザー、家族、ゲストにサービスを提供する際に安全に連携できます。

織りプロファイル

特性データを管理するためのWeave Data Management、時間を同期するためのTime Servicesなど、Weave上のアプリケーションレイヤープロトコルを定義するタグとメッセージのセット。

Weave Reliable Messagingプロトコル

WeaveがWeaveファブリック内の2つのデバイス間で確実にメッセージを送信するための軽量メッセージングプロトコル。

織りSDK

NestのRTOSおよびLinuxでのWeave通信スタックの実装、ネットワーク管理、デバイスコードの作成に使用する共通のWeaveプロファイル。