Google is committed to advancing racial equity for Black communities. See how.
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

織り生地

織り生地

Weave ファブリックは、Weave対応のリソースのコレクションです。これは、ユーザーの家のWeaveノードが安全な方法でメッセージを交換するための便利な方法を提供します。

ファブリックは、Weaveシステムの最初のノードによってプロビジョニングされます。プロビジョニングが完了すると、他のノードはWeave証明書を使用してファブリックに安全に参加できます。証明書とセキュリティについては後ほど詳しく説明しますが、デバイスのペアリングとWeaveへのファブリックの参加は常に安全です。

ファブリック内の各リソースには、Weaveアプリケーションで使用するための特別なIPv6アドレスが割り当てられています。どのルーティング可能なワイヤレステクノロジーを使用するかは関係ありません。イーサネット、Wi-Fi、またはスレッド-各ノードがWeaveを実行していて、ファブリックのメンバーである限り、メッセージを送受信できます。

Wi-Fiとスレッドの両方で接続されたリソースで構成されるシンプルなホームエリアネットワーク(HAN)があるとします。これら2つのネットワークは、両方のネットワークに参加し、ネットワーク間のトラフィックをルーティングするルーターとして機能する境界ルーターによって結合されます。

ハン

各ネットワークのリソースは、標準のIPルーティング構成を使用して、UDPやTCPなどのトランスポートプロトコルを介して互いに通信しますが、Weaveファブリックがプロビジョニングされているため、同じトランスポートを介してWeaveメッセージを渡すことができます。

織りのHAN

IPv6アドレッシング

Weaveファブリックは、ファブリック内の各リソースに一意のローカルアドレス(ULA) を割り当てることにより、Weaveアプリケーション全体で簡単なIPv6ルーティングを可能にします。 Weaveアプリケーションは、このアドレスを使用してWeaveメッセージをルーティングします。

次に、ノードのIPv6織りアドレスの例を示します。

fd00::fab1:2:3e36:13ff:fe33:732e

住所を構成するさまざまな要素を見ていきましょう。

グローバルプレフィックス

すべてのWeaveノードは、IPv6グローバルプレフィックスfd00::/48ます。このブロックのアドレスは、HANなどのプライベートネットワーク内で使用するためにRFC-4193の IETFによって指定されています。

ファブリックID

ファブリックのプロビジョニング中に、ランダムに生成された一意の64ビットIDがファブリックに割り当てられます。このIDは、IPv6グローバルプレフィックスの一部になります。

たとえば、ファブリックにfab1ファブリックIDが割り当てられている場合、ファブリックのグローバルプレフィックスは次のようになります。

fd00:0000:fab1::/48

ノードID

ファブリック内の各ノードは、IEEE拡張一意識別子(EUI-64)の形式をとるWeaveノードIDを割り当てます。ほとんどのノードは、MACアドレスからノードIDを取得します。ノードには48ビットまたは64ビットのMACアドレスがあり、通常はそれぞれWiFiまたは802.15.4インターフェースに関連付けられています。 Weaveは、利用可能な場合、ノードIDとして64ビット値を使用することを好みます。

RFC 4291に従って、ノードに48ビットのMACアドレスしかない場合、Weaveは16ビット値のFF:FEを中央に挿入して、EUI-64値を作成します。これは、WeaveノードIDとして使用されます。

たとえば、ノードのMACアドレスが48ビットの3c:36:13:33:73:2e場合、結果のWeaveノードIDは3c3613fffe33732eです。

IPv6アドレスでノードIDを使用するには、ユニバーサル/ローカルビットと呼ばれる7番目のビットを反転して、それをインターフェイス識別子に変換する必要があります。したがって、 3c3613fffe33732eノードIDは3c3613fffe33732eのインターフェース識別子に3e3613fffe33732eます。

サブネット

Weave IPv6アドレスの最後の部分はサブネットです。これは、ネットワークインターフェイスの識別に使用される16ビット値です。これらの値は、基盤となるネットワークによって決定されます。たとえば、Wi-Fiやスレッド。

この例では、サブネットが0x0002ます。

すべてを一緒に入れて

上記の要素をすべて組み合わせると、Weave IPv6アドレスが得られます。

ファブリックULA

リソースがファブリックに参加すると、Weaveプロファイルは、ノードのWeave割り当てIPv6アドレスを介して、リソースとファブリック内の他のリソースとの間でメッセージを渡すことができます。次に、Weaveのメッセージングの基本について説明します。

要約

学んだこと:

  • ファブリックは、ユーザーと構造にサービスを提供するために連携する、Weave対応のリソースコレクションです。
  • リソースは常に認証され、ファブリックに安全に結合されます
  • ファブリック内の各リソースには、Weaveが使用するIPv6一意のローカルアドレスが割り当てられています
  • ウィーブメッセージは、基盤となるワイヤレステクノロジーやトランスポートに関係なく、これらのIPv6アドレス間で渡されます