Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Weave とは

Weave

Weave は、一般的なシリアル化されたアドレス指定と命名アーキテクチャに基づいて構築された、アプリケーション レベルのネットワーキング プロトコルのセットで、オーバーヘッドのシリアル化プロトコルが低く、最新のセキュリティを備えています。

Weave プロトコルは、モノのインターネット(IoT)空間における制御とデータに対して、デバイス間、モバイル間、デバイスからクラウド間の通信を提供します。Weave は IPv6 を中心に設計されていますが、任意の IP ネットワークや BLE などのポイントツーポイント通信テクノロジーを利用できます。

Weave は、次の目標を念頭に置いて設計されています。

  • オーバーヘッド - 省電力デバイス向けの軽量ソリューション
  • 広範な - あらゆる場所で利用可能なスケーラブルで統一されたプロトコル
  • 堅牢性 - Thread® を活用し、クラウドで自己修復
  • セキュア - ネットワークが保護されていない場合でも、安全なインタラクション
  • 使いやすい - 柔軟なセットアップと構成
  • 汎用性 - 強力なインタラクションが可能な、厳密な型のデータ

Weave を初めて使用する場合、独自のアプリケーションで OpenWeave を使用するには基本を理解することが重要です。OpenWeave は、特定のコア コンポーネントを利用可能にする Weave のオープンソース実装です。この入門ガイドの目的は、Weave の背景にあるコンセプトと仕組みについて説明し、OpenWeave 開発の出発点となるように情報を得ることです。

前提条件

このプライマーは、以下の知識を十分に備えていることを前提としています。

  • ネットワーキングとルーティングのコンセプト
  • IPv6
  • プロトコル バッファ

Wi-Fi テクノロジーと Thread ネットワーキング プロトコルの知識は必須ではありませんが、持っていることをおすすめします。

アイコン

この入門記事全体を通して、テキスト内や図の中でさまざまなアイコンを使用して、Weave システムの要素を表します。これらのアイコンは、Weave の理解を深めるために使用しています。よく使われる要素が強調され、Weave ブランドのアイコンではありません。