Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り:: DeviceLayer ::内部:: FactoryProvisioningBase

#include <src/adaptations/device-layer/include/Weave/DeviceLayer/internal/FactoryProvisioning.h>

起動時のデバイスファクトリプロビジョニングをサポートします。

概要

ファクトリプロビジョニング機能を使用すると、ファクトリまたは開発者が提供するプロビジョニング情報を起動時にデバイスに挿入し、永続ストレージに自動的に保存できます。プロビジョニング情報は、外部ツールによってデバイスメモリ(通常はRAM)に書き込まれ、OpenWeave初期化コードによって選択され、ブートプロセスの早い段階で永続ストレージに保存されます。

ファクトリプロビジョニング機能を使用すると、次の値を設定できます。

  • デバイスのシリアル番号
  • メーカーが割り当てたデバイスID
  • メーカーが割り当てたデバイス証明書
  • メーカーが割り当てたデバイスキー
  • ペアリングコード
  • 製品改訂
  • 製造日付

このテンプレートクラスは、コンパイル時の派生によって必要に応じて特殊化できるデバイスプロビジョニング機能のデフォルトの基本実装を提供します。

公の行事

ProvisionDeviceFromRAM (uint8_t *memRangeStart, uint8_t *memRangeEnd)

保護された機能

LocateProvisioningData (uint8_t *memRangeStart, uint8_t *memRangeEnd, uint8_t *& dataStart, size_t & dataLen)
bool
StoreProvisioningData (TLV::TLVReader & reader)
StoreProvisioningValue (uint8_t tagNum,TLV::TLVReader & reader)

公の行事

ProvisioningDeviceFromRAM

WEAVE_ERROR ProvisionDeviceFromRAM(
  uint8_t *memRangeStart,
  uint8_t *memRangeEnd
)

保護された機能

LocateProvisioningData

bool LocateProvisioningData(
  uint8_t *memRangeStart,
  uint8_t *memRangeEnd,
  uint8_t *& dataStart,
  size_t & dataLen
)

StoreProvisioningData

WEAVE_ERROR StoreProvisioningData(
  TLV::TLVReader & reader
)

StoreProvisioningValue

WEAVE_ERROR StoreProvisioningValue(
  uint8_t tagNum,
  TLV::TLVReader & reader
)