Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::TokenPairing::TokenPairingDelegate

これは抽象クラスです。

まとめ

継承

継承元: nl::Weave::WeaveServerDelegateBase

パブリック関数

EnforceAccessControl(ExchangeContext *ec, uint32_t msgProfileId, uint8_t msgType, const WeaveMessageInfo *msgInfo, AccessControlResult & result)
virtual void
受信したトークンのペアリング リクエスト メッセージにメッセージ レベルのアクセス制御を適用します。
OnPairTokenRequest(TokenPairingServer *server, uint8_t *pairingToken, uint32_t pairTokenLength)=0
virtual WEAVE_ERROR
OnUnpairTokenRequest(TokenPairingServer *server)=0
virtual WEAVE_ERROR

パブリック関数

適用のアクセス制御

virtual void EnforceAccessControl(
  ExchangeContext *ec,
  uint32_t msgProfileId,
  uint8_t msgType,
  const WeaveMessageInfo *msgInfo,
  AccessControlResult & result
)

受信したトークンのペアリング リクエスト メッセージにメッセージ レベルのアクセス制御を適用します。

詳細
パラメータ
[in] ec
メッセージが受信された ExchangeContext
[in] msgProfileId
受信したメッセージのプロファイル ID。
[in] msgType
受信したメッセージのメッセージ タイプ。
[in] msgInfo
受信したメッセージに関する情報を含む WeaveMessageInfo 構造。
[in,out] result
受信したメッセージのアクセス制御ポリシーの評価の結果を表す列挙値。メソッドに入ると、値は評価プロセスの現在の時点の暫定結果を表します。この結果は、メッセージのアクセス制御ポリシーの最終評価を表すものです。

OnPairTokenRequest

virtual WEAVE_ERROR OnPairTokenRequest(
  TokenPairingServer *server,
  uint8_t *pairingToken,
  uint32_t pairTokenLength
)=0

OnUnpairTokenRequest

virtual WEAVE_ERROR OnUnpairTokenRequest(
  TokenPairingServer *server
)=0