Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

リモートパッシブランデブー

リモート パッシブ ランデブーはパッシブ ランデブとは異なり、補助デバイスがプロビジョニング者のリレーとして機能し、プロビジョニング担当者とプロビジョナーの間でメッセージを中継します。

まとめ

rendezvoused デバイスに PASE 認証を使用してリモート パッシブ ランデブスを行います。DM は、所定の PASE 認証情報を使用して、ランデブーされた参加者(参加者)の認証を試みます。デバイスが認証に失敗すると、DM はデバイスへのトンネル接続を閉じ、補助デバイスに再接続します。その際、RPR プロセスを開始し、セキュリティで保護されていない Weave ポートで新しい接続をリッスンします。ビジュアリゼーションが期限切れになるか、ジョイントが認証されるまで、このサイクルが繰り返されます。

この関数は、スレッド アシスト ペアリングの場合に RPR を実行することを想定しています。

IPAddress を持つバリエーションが使用されている場合、rendezvousAddress はジョイナーの PAN IPv6 リンクのローカル アドレスです。アドレスは、ジョイナの Weave ノード ID を取得して「FE80::"」の接頭辞を付加したものです。Thread 準拠のネットワークでは、"::" の rendezvousAddress を使用するほうが適しています。これは、Thread のリンク ローカル アドレスがランダムな ID に基づいて選択されるためです。

Functions

remotePassiveRendezvousWithDevicePairingCode:IPAddress:rendezvousTimeout:inactivityTimeout:completion:failure:(NSString *pairingCode, NSString *IPAddress, uint16_t rendezvousTimeoutSec, uint16_t inactivityTimeoutSec, WDMCompletionBlock completionBlock, WDMFailureBlock failureBlock)
virtual void

Functions

remotePassiveRendezvousWithDevicePairingCode:IPAddress:rendezvousTimeout:inactivityTimeout:completion:failure:

virtual void remotePassiveRendezvousWithDevicePairingCode:IPAddress:rendezvousTimeout:inactivityTimeout:completion:failure:(
  NSString *pairingCode,
  NSString *IPAddress,
  uint16_t rendezvousTimeoutSec,
  uint16_t inactivityTimeoutSec,
  WDMCompletionBlock completionBlock,
  WDMFailureBlock failureBlock
)