Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Logging

この名前空間には、共有ロギングのサポートのために Weave 内のすべてのインターフェースが含まれています。

概要

インターフェースには、Weave SDK のプラットフォームに依存しないロギング インターフェースのマクロ、定数、関数が含まれます。

Weave SDK クライアントは、コンパイル時に、Android、C 標準 I/O、または外部(プラットフォーム定義およびインテグレータ定義)のログスタイル実装の中から、以下のいずれかのプリプロセッサ シンボルがアサートされたときに呼び出されるものを選択できます。

列挙型

@406 列挙型
LogCategory 列挙型
特定のエラー メッセージが属するカテゴリを識別します。
LogModule 列挙型
ログメッセージのソースとなるコードの論理セクションを識別します。

Typedef

LogMessageFunct)(uint8_t module, uint8_t category, const char *msg, va_list ap) typedef
void(*

Variables

ModuleNames[]
const char
gLogFilter = kLogCategory_Max
uint8_t
gLogFunct = DefaultLogMessage
LogMessageFunct

関数

GetCategoryName(char *buf, uint8_t bufSize, uint8_t category)
void
GetLogFilter()
NL_DLL_EXPORT uint8_t
GetMessageWithPrefix(char *buf, uint8_t bufSize, uint8_t module, const char *msg)
void
GetModuleName(char *buf, uint8_t module)
void
Log(uint8_t module, uint8_t category, const char *msg, ...)
NL_DLL_EXPORT __WEAVE_LOGGING_LINK_ATTRIBUTE void
プラットフォームの指定メカニズムに、指定されたカテゴリ(category)の指定されたモジュール(module)に対する指定されたログメッセージ(msg)をログに記録します。
PrintMessagePrefix(uint8_t module)
void
SetLogFilter(uint8_t category)
NL_DLL_EXPORT void
SetLogFunct(LogMessageFunct logFunct)
NL_DLL_EXPORT void

列挙型

406

 @406

ログカテゴリ

 LogCategory

特定のエラー メッセージが属するカテゴリを識別します。

LogModule

 LogModule

ログメッセージのソースとなるコードの論理セクションを識別します。

Typedef

LogMessageFunct

void(* LogMessageFunct)(uint8_t module, uint8_t category, const char *msg, va_list ap)

Variables

モジュール名

const char ModuleNames[]

gLogFilter

uint8_t gLogFilter = kLogCategory_Max

gLogFunct

LogMessageFunct gLogFunct = DefaultLogMessage

関数

GetCategoryName

void GetCategoryName(
  char *buf,
  uint8_t bufSize,
  uint8_t category
)

GetLogFilter

NL_DLL_EXPORT uint8_t GetLogFilter()

GetMessageWithPrefix

void GetMessageWithPrefix(
  char *buf,
  uint8_t bufSize,
  uint8_t module,
  const char *msg
)

GetModuleName

void GetModuleName(
  char *buf,
  uint8_t module
)

ログ

NL_DLL_EXPORT __WEAVE_LOGGING_LINK_ATTRIBUTE void Log(
  uint8_t module,
  uint8_t category,
  const char *msg,
  ...
)

プラットフォームの指定メカニズムに、指定されたカテゴリ(category)の指定されたモジュール(module)に対する指定されたログメッセージ(msg)をログに記録します。

詳細
パラメータ
[in] module
ログメッセージを生成した Weave パッケージ モジュールのソースを示す LogModule 列挙型。これは、ログメッセージに含めるために、関数内でモジュール名に変換する必要があります。
[in] category
ログメッセージのカテゴリを示す LogCategory 列挙型。WEAVE_LOG_FILTERING がアサートされている場合、カテゴリはフィルタで絞り込むことができます。
[in] msg
フォーマットされてログに記録されるログメッセージを含む C 標準ライブラリ スタイル形式指定子を含む、NULL で終わる C 文字列へのポインタ。
[in] ...
要素が msg の形式指定子に対応している必要がある可変引数リスト。

PrintMessagePrefix

void PrintMessagePrefix(
  uint8_t module
)

SetLogFilter

NL_DLL_EXPORT void SetLogFilter(
  uint8_t category
)

SetLogFunct

NL_DLL_EXPORT void SetLogFunct(
  LogMessageFunct logFunct
)