Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::プロファイル:: DataManagement_Current :: LogStorageResources

#include <src/lib/profiles/data-management/Current/LoggingManagement.h>

ロギング管理の初期化に使用されるヘルパークラス。

概要

このクラスは、呼び出し元によって割り当てられたリソースをカプセル化するために使用され、特に重要なイベントのログ記録に使用されるリソースを示します。カウンターを参照するリソースが特定の重要度によって排他的に使用されている間、バッファが間で共有されていることに注意してくださいthis重要度と「より」重要なイベント。

パブリック属性

mBuffer
void *
特定の重要度レベルでストレージとして使用され、より重要なイベントと共有されるバッファー。
mBufferSize
size_t
バイト単位のサイズ、 mBuffer
mCounterEpoch
uint32_t
永続カウンターの増分に使用される間隔。
mCounterKey
nl::Weave::Platform::PersistedStorage::Key *
この重要なイベントの永続カウンターに名前を付けるキーの名前。
mCounterStorage
この重要度レベルの永続カウンター用のアプリケーション提供のストレージ。
mImportance
この構造で提供されるリソースに関連付けられたログの重要度レベル。

パブリック属性

mBuffer

void * nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mBuffer

特定の重要度レベルでストレージとして使用され、より重要なイベントと共有されるバッファー。

NULLであってはなりません。システムによって発行される最大のイベントに対応するのに十分な大きさである必要があります。

mBufferSize

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mBufferSize

バイト単位のサイズ、 mBuffer

mCounterEpoch

uint32_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mCounterEpoch

永続カウンターの増分に使用される間隔。

0の場合、永続カウンターはこの重要度レベルには使用されません。

mCounterKey

nl::Weave::Platform::PersistedStorage::Key * nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mCounterKey

この重要なイベントの永続カウンターに名前を付けるキーの名前。

NULLの場合、永続カウンターはこの重要度レベルには使用されません。

mCounterStorage

nl::Weave::PersistedCounter * nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mCounterStorage

この重要度レベルの永続カウンター用のアプリケーション提供のストレージ。

NULLの場合、永続カウンターはこの重要度レベルには使用されません。

m重要性

ImportanceType nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LogStorageResources::mImportance

この構造で提供されるリソースに関連付けられたログの重要度レベル。