Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl :: ArgParser ::ヘルプオプション

#include <src/lib/support/nlargparser.hpp>

共通は、option情報オプション(ヘルプ、バージョン)を処理するため。

概要

継承

:から継承NL :: ArgParser :: OptionSetBase

コンストラクターとデストラクター

HelpOptions (const char *appName, const char *appUsage, const char *appVersion)
HelpOptions (const char *appName, const char *appUsage, const char *appVersion, const char *appDesc)

パブリック属性

AppDesc
const char *
アプリケーションの目的/動作の説明。
AppName
const char *
コマンドラインアプリケーションの名前。
AppUsage
const char *
アプリケーションのコマンドライン構文を表す短い文字列。
AppVersion
const char *

公の行事

HandleOption (const char *progName, OptionSet *optSet, int id, const char *name, const char *arg)
virtual bool
PrintBriefUsage (FILE *s)
void
コマンドの使用法の簡単な説明に続いて、さらにヘルプを得る方法の説明を印刷します。
PrintLongUsage ( OptionSet *optSets[], FILE *s)
void
利用可能なすべてのオプションに関する情報を含む、完全な使用情報を印刷します。
PrintVersion (FILE *s)
void

パブリック属性

AppDesc

const char * AppDesc

アプリケーションの目的/動作の説明。

AppName

const char * AppName

コマンドラインアプリケーションの名前。

AppUsage

const char * AppUsage

アプリケーションのコマンドライン構文を表す短い文字列。

AppVersion

const char * AppVersion

公の行事

ハンドルオプション

virtual bool HandleOption(
  const char *progName,
  OptionSet *optSet,
  int id,
  const char *name,
  const char *arg
)

HelpOptions

 HelpOptions(
  const char *appName,
  const char *appUsage,
  const char *appVersion
)

HelpOptions

 HelpOptions(
  const char *appName,
  const char *appUsage,
  const char *appVersion,
  const char *appDesc
)

PrintBriefUsage

void PrintBriefUsage(
  FILE *s
)

コマンドの使用法の簡単な説明に続いて、さらにヘルプを得る方法の説明を印刷します。

PrintLongUsage

void PrintLongUsage(
  OptionSet *optSets[],
  FILE *s
)

利用可能なすべてのオプションに関する情報を含む、完全な使用情報を印刷します。

PrintVersion

void PrintVersion(
  FILE *s
)