Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Inet::SocketEvents

#include <src/inet/InetLayerBasis.h>

ソケットでリクエスト/保留中の一連の I/O イベントを表します。

概要

コンストラクタとデストラクタ

SocketEvents()
SocketEvents クラスのコンストラクタ。
SocketEvents(const SocketEvents & other)
SocketEvents クラスのコンストラクタをコピーします。

パブリック タイプ

@6{
  kRead = 0x01,
  kWrite = 0x02,
  kError = 0x04
}
列挙型

パブリック属性

Value
int
ソケット イベントのビットフラグが含まれます。

パブリック関数

Clear()
void
ソケットのビットフラグをクリアします。
ClearError()
void
ソケットのエラービットフラグをクリアします。
ClearRead()
void
ソケットの読み取りビットフラグをクリアします。
ClearWrite()
void
ソケットの書き込みビットフラグをクリアします。
IsError() const
bool
ビットフラグがソケットにエラーがあるかどうかを確認します。
IsReadable() const
bool
ビットフラグがソケットの読み取り可能を示しているかどうかを確認します。
IsSet() const
bool
ソケット イベントのビットフラグが設定されているかどうかを確認します。
IsWriteable() const
bool
ビットフラグがソケットに書き込み可能かどうかを表示します。
SetError()
void
ソケットのエラービットフラグを設定します。
SetFDs(int socket, int & nfds, fd_set *readfds, fd_set *writefds, fd_set *exceptfds)
void
特定のファイル記述子セット内で、指定されたファイル記述子のビットを設定します。
SetRead()
void
ソケットの読み取りビットフラグを設定します。
SetWrite()
void
ソケットの書き込みビットフラグを設定します。

静的パブリック関数

FromFDs(int socket, fd_set *readfds, fd_set *writefds, fd_set *exceptfds)
対応するファイル記述子セット内のステータスに基づいて、指定されたソケットの読み取り、書き込み、または例外ビットフラグを設定します。

パブリック タイプ

@6

 @6
Properties
kError

ソケットでエラー イベントが発生しているかどうかを示すビットフラグ。

kRead

ソケットに読み取りイベントがあるかどうかを示すビットフラグ。

kWrite

ソケットに書き込みイベントがあるかどうかを示すビットフラグ。

パブリック属性

Value

int Value

ソケット イベントのビットフラグが含まれます。

パブリック関数

クリア

void Clear()

ソケットのビットフラグをクリアします。

ClearError

void ClearError()

ソケットのエラービットフラグをクリアします。

クリアリード

void ClearRead()

ソケットの読み取りビットフラグをクリアします。

ClearWrite

void ClearWrite()

ソケットの書き込みビットフラグをクリアします。

IsError

bool IsError() const 

ビットフラグがソケットにエラーがあるかどうかを確認します。

詳細
戻り値
ソケットにエラーがある場合は true、それ以外の場合は false。

IsReadable(読み取り可能)

bool IsReadable() const 

ビットフラグがソケットの読み取り可能を示しているかどうかを確認します。

詳細
戻り値
ソケットが読み取り可能な場合は true、それ以外の場合は false。

IsSet

bool IsSet() const 

ソケット イベントのビットフラグが設定されているかどうかを確認します。

詳細
戻り値
設定されている場合は true、それ以外の場合は false。

IsWriteable

bool IsWriteable() const 

ビットフラグがソケットに書き込み可能かどうかを表示します。

詳細
戻り値
ソケットが書き込み可能である場合は true、それ以外の場合は false。

SetError

void SetError()

ソケットのエラービットフラグを設定します。

SetFD

void SetFDs(
  int socket,
  int & nfds,
  fd_set *readfds,
  fd_set *writefds,
  fd_set *exceptfds
)

特定のファイル記述子セット内で、指定されたファイル記述子のビットを設定します。

詳細
パラメータ
[in] socket
ビットが設定されているファイル記述子。
[out] nfds
セット内のファイル記述子の範囲への参照。
[in] readfds
読み取り可能なファイル記述子のセットへのポインタ。
[in] writefds
書き込み可能なファイル記述子のセットへのポインタ。
[in] exceptfds
エラーのあるファイル記述子のセットへのポインタ。

SetRead

void SetRead()

ソケットの読み取りビットフラグを設定します。

SetWrite

void SetWrite()

ソケットの書き込みビットフラグを設定します。

SocketEvents

 SocketEvents()

SocketEvents クラスのコンストラクタ。

SocketEvents

 SocketEvents(
  const SocketEvents & other
)

SocketEvents クラスのコンストラクタをコピーします。

静的パブリック関数

FromFD

SocketEvents FromFDs(
  int socket,
  fd_set *readfds,
  fd_set *writefds,
  fd_set *exceptfds
)

対応するファイル記述子セット内のステータスに基づいて、指定されたソケットの読み取り、書き込み、または例外ビットフラグを設定します。

詳細
パラメータ
[in] socket
ビットフラグが設定されているファイル記述子。
[in] readfds
読み取り可能なファイル記述子のセットへのポインタ。
[in] writefds
書き込み可能なファイル記述子のセットへのポインタ。
[in] exceptfds
エラーのあるファイル記述子のセットへのポインタ。