nl :: Inet :: TCPEndPoint

#include <src/inet/TCPEndPoint.h>

このクラスのオブジェクトは、TCPトランスポートエンドポイントを表します。

概要

Nest Inet Layerは、システムが適切に構成されているため、TCPトランスポートエンドポイント(LinuxおよびBSD派生システムのSOCK_STREAMソケット)またはLwIPTCPプロトコル制御ブロックと対話するためのメソッドをカプセル化します。

継承

:から継承NL :: Inetの:: EndPointBasis

パブリックタイプ

@10 {
kState_Ready = kBasisState_Closed,
kState_Bound = 1,
kState_Listening = 2,
kState_Connecting = 3,
kState_Connected = 4,
kState_SendShutdown = 5,
kState_ReceiveShutdown = 6,
kState_Closing = 7,
kState_Closed = 8
}
列挙型
基になるエンドポイントの基本的な動的状態。
OnAcceptErrorFunct )(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err) typedef
void(*
接続受け入れエラーイベント処理機能のタイプ。
OnConnectCompleteFunct )(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err) typedef
void(*
接続確立イベント処理機能のタイプ。
OnConnectionClosedFunct )(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err) typedef
void(*
接続確立イベント処理機能のタイプ。
OnConnectionReceivedFunct )(TCPEndPoint *listeningEndPoint, TCPEndPoint *conEndPoint, const IPAddress &peerAddr, uint16_t peerPort) typedef
void(*
接続受信イベント処理機能のタイプ。
OnDataReceivedFunct )(TCPEndPoint *endPoint, Weave::System::PacketBuffer *data) typedef
void(*
データ受信イベント処理機能の種類。
OnDataSentFunct )(TCPEndPoint *endPoint, uint16_t len) typedef
void(*
データ送信イベント処理機能の種類。
OnPeerCloseFunct )(TCPEndPoint *endPoint) typedef
void(*
ハーフクローズ受信イベント処理機能の種類。
OnTCPSendIdleChangedFunct )(TCPEndPoint *endPoint, bool isIdle) typedef
void(*
TCP SendIdle のタイプが信号処理関数を変更しました。

パブリック属性

OnAcceptError
エンドポイントの接続受け入れイベント処理関数デリゲート。
OnConnectComplete
エンドポイントの接続確立イベント処理関数デリゲート。
OnConnectionClosed
エンドポイントのクローズイベント処理関数デリゲート。
OnConnectionReceived
エンドポイントの接続は、イベント処理関数デリゲートを受信します。
OnDataReceived
エンドポイントのメッセージテキスト受信イベント処理関数デリゲート。
OnDataSent
エンドポイントのメッセージテキスト送信イベント処理関数デリゲート。
OnPeerClose
エンドポイントのハーフクローズ受信イベント処理関数デリゲート。
OnTCPSendIdleChanged
TCP接続の送信チャネルのアイドル状態が変化したときのエンドポイントシグナリングのイベント処理関数デリゲート。
ReceiveEnabled
bool
アプリケーションがデータを受信して​​いるかどうかを示す制御スイッチ。
State
enum nl::Inet::TCPEndPoint::@10
基になるエンドポイントの基本的な動的状態。

公の行事

Abort (void)
void
エンドポイントを異常終了します。つまり、RSTパケットを送信します。
AckReceive (uint16_t len)
メッセージテキストの受信を確認します。
Bind (IPAddressType addrType, IPAddress addr, uint16_t port, bool reuseAddr)
エンドポイントをインターフェイスIPアドレスにバインドします。
Close (void)
TCPフルクローズを開始します。つまり、送信と受信の両方で終了します。
Connect ( IPAddress addr, uint16_t port, InterfaceId intf)
TCP接続を開始します。
DisableKeepAlive (void)
TCPの「キープアライブ」オプションを無効にします。
DisableReceive (void)
void
受信を無効にします。
EnableKeepAlive (uint16_t interval, uint16_t timeoutCount)
TCPの「キープアライブ」オプションを有効にします。
EnableNoDelay (void)
EnableNoDelay。
EnableReceive (void)
void
受信を有効にします。
Free (void)
void
エラーを無視して、TCPフルクローズを開始(または続行)します。
GetLocalInfo ( IPAddress *retAddr, uint16_t *retPort)
ローカル エンドポイントの IP アドレスと TCP ポートを抽出します。
GetPeerInfo ( IPAddress *retAddr, uint16_t *retPort) const
リモートエンドポイントのIPアドレスとTCPポートを抽出します。
IsConnected (void) const
bool
TCP接続が確立されているかどうかを抽出します。
Listen (uint16_t backlog)
TCPメッセージを受信するようにエンドポイントを準備します。
LogId (void)
uint16_t
エンドポイントの識別子を取得します。
MarkActive (void)
void
アクティビティに注意してください。つまり、アイドルタイマーをリセットします。
PendingReceiveLength (void)
uint32_t
未確認の受信データの長さを抽出します。
PendingSendLength (void)
uint32_t
最初の送信を待機しているデータの長さを抽出します。
PutBackReceivedData ( Weave::System::PacketBuffer *data)
メッセージテキストを受信キューの先頭にプッシュバックします。
Send ( Weave::System::PacketBuffer *data, bool push)
TCP接続でメッセージテキストを送信します。
SetConnectTimeout (const uint32_t connTimeoutMsecs)
void
Connectが成功するか、エラーを返すようにタイムアウトを設定します。
SetUserTimeout (uint32_t userTimeoutMillis)
TCPTCP_USER_TIMEOUTソケットオプションを設定します。
Shutdown (void)
TCPを半分閉じて開始します。つまり、送信を終了します。

パブリックタイプ

@ 10

 @10

基になるエンドポイントの基本的な動的状態。

オブジェクトは「準備完了」状態で初期化され、TCPトランスポートステートマシンの状態の簡略化に対応する後続の状態に進みます。

注: kBasisState_Closed状態列挙がマップさkState_Ready過去のバイナリ互換性の理由。既存のkState_Closed別途に、以前に存在していた「まだ開いていない」と「以前に今開閉」の区別を識別するために存在するkState_ReadykState_Closed状態を。

プロパティ
kState_Bound

エンドポイントはバインドされていますが、リッスンしていません。

kState_Closed

エンドポイントが閉じられ、リリースの準備が整いました。

kState_Closing

エンドポイントは双方向で閉じます。

kState_Connected

エンドポイントが接続され、tx / rxの準備ができています。

kState_Connecting

接続しようとしているエンドポイント。

kState_Listening

エンドポイント受信接続。

kState_Ready

エンドポイントは初期化されましたが、バインドされていません。

kState_ReceiveShutdown

エンドポイントはハーフクローズに応答しました。

kState_SendShutdown

エンドポイントはハーフクローズを開始しました。

OnAcceptErrorFunct

void(* OnAcceptErrorFunct)(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err)

接続受け入れエラーイベント処理機能のタイプ。

この種の機能を提供OnAcceptError上のプロセス接続の受け入れエラーイベントにデリゲートメンバーendPointerr引数には、エラーの種類についての具体的な詳細を提供します。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。
[in] err
エラーの理由。

OnConnectCompleteFunct

void(* OnConnectCompleteFunct)(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err)

接続確立イベント処理機能のタイプ。

このタイプの機能を提供OnConnectCompleteの接続確立イベントを処理するためのデリゲートメンバーendPointerr引数には、失敗から成功した接続を区別します。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。
[in] err
INET_NO_ERROR成功、それ以外の別のコードであれば。

OnConnectionClosedFunct

void(* OnConnectionClosedFunct)(TCPEndPoint *endPoint, INET_ERROR err)

接続確立イベント処理機能のタイプ。

この種の機能を提供しますOnConnectionClosed上のプロセスの接続終了イベントにデリゲートメンバーendPointerr引数には、失敗から成功の終端を区別します。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。
[in] err
INET_NO_ERROR成功、それ以外の別のコードであれば。

OnConnectionReceivedFunct

void(* OnConnectionReceivedFunct)(TCPEndPoint *listeningEndPoint, TCPEndPoint *conEndPoint, const IPAddress &peerAddr, uint16_t peerPort)

接続受信イベント処理機能のタイプ。

このタイプの機能を提供OnConnectionReceived上のプロセス接続受信イベントにデリゲートメンバーlisteningEndPoint 。新たに受信したエンドポイントconEndPoint IPアドレスに配置されてpeerAddrとTCPポートpeerPort

詳細
パラメーター
[in] listeningEndPoint
リスニングTCPエンドポイント。
[in] conEndPoint
新しく受信したTCPエンドポイント。
[in] peerAddr
リモートピアのIPアドレス。
[in] peerPort
リモートピアのTCPポート。

OnDataReceivedFunct

void(* OnDataReceivedFunct)(TCPEndPoint *endPoint, Weave::System::PacketBuffer *data)

データ受信イベント処理機能の種類。

このタイプの機能を提供するOnDataReceived上のプロセスデータ受信イベントにデリゲート部材endPoint dataテキストが受信されたメッセージです。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられた TCP エンドポイント。
[in] data
受信したデータ。

データ受信イベントハンドラは、使用して処理されたデータ確認する必要がありAckReceive方法を。 Freeない限り、データバッファ上のメソッドも呼び出す必要がありますPutBackReceivedData代わりに使用されます。

OnDataSentFunct

void(* OnDataSentFunct)(TCPEndPoint *endPoint, uint16_t len)

データ送信イベント処理機能の種類。

このタイプの機能を提供するOnDataSent上のプロセスデータ送信イベントにデリゲート部材endPoint len 、基礎となるネットワークスタックによって送信の対象とTCP送信ウィンドウに追加メッセージテキストの長さです。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。
[in] len
送信ウィンドウに追加されたバイト数。

OnPeerCloseFunct

void(* OnPeerCloseFunct)(TCPEndPoint *endPoint)

ハーフクローズ受信イベント処理機能の種類。

このタイプの機能を提供OnPeerCloseに接続終了イベントを処理するデリゲートメンバーendPoint

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。

OnTCPSendIdleChangedFunct

void(* OnTCPSendIdleChangedFunct)(TCPEndPoint *endPoint, bool isIdle)

TCPSendIdleのタイプが信号処理機能を変更しました。

このタイプの機能を提供するOnTCPSendIdleChangedの送信チャネルのイベントを処理するデリゲート部材TCPEndPointアイドル状態とアイドル状態ではないこととの間に状態を変更します。

詳細
パラメーター
[in] endPoint
イベントに関連付けられたTCPエンドポイント。
[in] isIdle
TCPエンドポイントの送信チャネルがアイドルの場合はtrue、それ以外の場合はfalse。

パブリック属性

OnAcceptError

OnAcceptErrorFunct OnAcceptError

エンドポイントの接続受け入れイベント処理関数デリゲート。

OnConnectComplete

OnConnectCompleteFunct OnConnectComplete

エンドポイントの接続確立イベント処理関数デリゲート。

OnConnectionClosed

OnConnectionClosedFunct OnConnectionClosed

エンドポイントのクローズイベント処理関数デリゲート。

OnConnectionReceived

OnConnectionReceivedFunct OnConnectionReceived

エンドポイントの接続は、イベント処理関数デリゲートを受信します。

OnDataReceived

OnDataReceivedFunct OnDataReceived

エンドポイントのメッセージテキスト受信イベント処理関数デリゲート。

OnDataSent

OnDataSentFunct OnDataSent

エンドポイントのメッセージテキスト送信イベント処理関数デリゲート。

OnPeerClose

OnPeerCloseFunct OnPeerClose

エンドポイントのハーフクローズ受信イベント処理関数デリゲート。

OnTCPSendIdleChanged

OnTCPSendIdleChangedFunct OnTCPSendIdleChanged

TCP接続の送信チャネルのアイドル状態が変化したときのエンドポイントシグナリングのイベント処理関数デリゲート。

これは、送信されたデータがピアに確実に配信されたかどうかに基づいて適切なアクションを実行するために上位層によって利用されます。

ReceiveEnabled

bool ReceiveEnabled

アプリケーションがデータを受信して​​いるかどうかを示す制御スイッチ。

状態

enum nl::Inet::TCPEndPoint::@10 State

基になるエンドポイントの基本的な動的状態。

オブジェクトは「準備完了」状態で初期化され、TCPトランスポートステートマシンの状態の簡略化に対応する後続の状態に進みます。

注: kBasisState_Closed状態列挙がマップさkState_Ready過去のバイナリ互換性の理由。既存のkState_Closed別途に、以前に存在していた「まだ開いていない」と「以前に今開閉」の区別を識別するために存在するkState_ReadykState_Closed状態を。

公の行事

アボート

void Abort(
  void
)

エンドポイントを異常終了します。つまり、RSTパケットを送信します。

AckReceive

INET_ERROR AckReceive(
  uint16_t len
)

メッセージテキストの受信を確認します。

この方法を使用して、受信したデータの全部または一部の受信を確認します。場合は操作的意味論は定義されていませんlen発行済未確認の受信データよりも大きくなっています。

詳細
パラメーター
[in] len
確認するバイト数。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:受信が確認されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
INET_ERROR_CONNECTION_ABORTED
TCP接続が開かなくなりました。

練る

INET_ERROR Bind(
  IPAddressType addrType,
  IPAddress addr,
  uint16_t port,
  bool reuseAddr
)

エンドポイントをインターフェース IP アドレスにバインドします。

エンドポイントを指定されたネットワークインターフェイスのIPアドレスにバインドします。

詳細
パラメーター
[in] addrType
IPアドレスのプロトコルバージョン
[in] addr
IPアドレス(インターフェースアドレスである必要があります)
[in] port
TCPポート
[in] reuseAddr
他のエンドポイントとバインディングを共有するオプション
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:エンドポイントがアドレスにバインドされました
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
エンドポイントは以前にバインドされています
INET_NO_MEMORY
エンドポイント用のメモリが不足しています
INET_ERROR_WRONG_PROTOCOL_TYPE
addrType一致していませんIPVer
INET_ERROR_WRONG_ADDRESS_TYPE
addrTypeあるkIPAddressType_Any 、またはタイプaddr等しくないaddrType
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

LwIPでは、LwIPスタックロックをすでに取得した状態でこのメソッドを呼び出さないでください。

閉じる

INET_ERROR Close(
  void
)

TCPフルクローズを開始します。つまり、送信と受信の両方で終了します。

詳細
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

接続する

INET_ERROR Connect(
  IPAddress addr,
  uint16_t port,
  InterfaceId intf
)

TCP接続を開始します。

 If possible, then this method initiates a TCP connection to the
 destination \c addr (with \c intf used as the scope
 identifier for IPv6 link-local destinations) and \c port.

詳細
パラメーター
[in] addr
宛先IPアドレス
[in] port
宛先TCPポート
[in] intf
オプションのネットワークインターフェースインジケーター
戻り値
INET_NO_ERROR
成功: msg 、送信用にキューに入れられています。
INET_ERROR_NOT_IMPLEMENTED
システムの実装が完了していません。
INET_ERROR_WRONG_ADDRESS_TYPE
宛先アドレスとバインドされたインターフェイスアドレスは、マッチングプロトコルバージョンまたはアドレスタイプを持っていない、または宛先アドレスは、IPv6リンクローカルアドレスであり、 intf指定されていません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

DisableKeepAlive

INET_ERROR DisableKeepAlive(
  void
)

TCPの「キープアライブ」オプションを無効にします。

TCPEndPoint :: DisableKeepAlive

関連するTCP接続でTCPキープアライブプローブを無効にします。

詳細
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
INET_ERROR_CONNECTION_ABORTED
TCP接続が開かなくなりました。
INET_ERROR_NOT_IMPLEMENTED
システムの実装が完了していません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

注:エンドポイントが接続されているのいずれかの状態にあるときにこのメソッドは呼び出すことができます。エンドポイントでキープアライブが有効になっていない場合、このメソッドは何もしません。

DisableReceive

void DisableReceive(
  void
)

受信を無効にします。

すべてのイベントハンドラーを無効にします。受信を無効にするエンドポイントに送信されたデータは、受信ウィンドウがなくなるまで確認されます。

EnableKeepAlive

INET_ERROR EnableKeepAlive(
  uint16_t interval,
  uint16_t timeoutCount
)

TCPの「キープアライブ」オプションを有効にします。

TCPEndPoint :: EnableKeepAlive

スタートは、自動的にTCP「キープアライブ」プローブセグメントごとの送信interval秒。接続は、否定応答を受信した後、または送信後に自動的に中断されtimeoutCount肯定応答を受信せずに、プローブセグメント。

詳細
パラメーター
[in] interval
プローブ要求間の秒単位の時間。
[in] timeoutCount
タイムアウト前に送信するプローブの数。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
INET_ERROR_CONNECTION_ABORTED
TCP接続が開かなくなりました。
INET_ERROR_NOT_IMPLEMENTED
システムの実装が完了していません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

仕様の詳細については、RFC1122のセクション4.2.3.6を参照してください。

関連するTCP接続でTCPキープアライブプローブを有効にします。

注:エンドポイントが接続されているのいずれかの状態にあるときにこのメソッドは呼び出すことができます。このメソッドを複数回呼び出して、キープアライブ間隔またはタイムアウトカウントを調整できます。

詳細
パラメーター
interval
キープアライブプローブ間の間隔(秒単位)。この値は、最後に送信されたデータパケットから最初のキープアライブプローブの送信までの時間も制御します。
timeoutCount
接続が失敗したと見なされるまでの、確認応答されていないプローブの最大数。

EnableNoDelay

INET_ERROR EnableNoDelay(
  void
)

EnableNoDelay。

TCPEndPoint :: EnableNoDelay

TCP_NODELAYソケットオプションを設定して、TCPのネーグルバッファリングアルゴリズムをオフにします。

EnableReceive

void EnableReceive(
  void
)

受信を有効にします。

すべてのイベントハンドラーを有効にします。受信を無効にするエンドポイントに送信されたデータは、受信ウィンドウが使い果たされるまで確認応答されます。

自由

void Free(
  void
)

エラーを無視して、TCPフルクローズを開始(または続行)します。

オブジェクトは空きプールに戻され、残りのすべてのユーザー参照はその後無効になります。

GetLocalInfo

INET_ERROR GetLocalInfo(
  IPAddress *retAddr,
  uint16_t *retPort
)

ローカルエンドポイントのIPアドレスとTCPポートを抽出します。

使用しないでくださいNULLいずれかの引数のポインタ値を。

詳細
パラメーター
[out] retAddr
ローカルエンドポイントのIPアドレス。
[out] retPort
ローカルエンドポイントのTCPポート。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
INET_ERROR_CONNECTION_ABORTED
TCP接続が開かなくなりました。

GetPeerInfo

INET_ERROR GetPeerInfo(
  IPAddress *retAddr,
  uint16_t *retPort
) const 

リモートエンドポイントのIPアドレスとTCPポートを抽出します。

使用しないでくださいNULLいずれかの引数のポインタ値を。

詳細
パラメーター
[out] retAddr
リモートエンドポイントのIPアドレス。
[out] retPort
リモートエンドポイントのTCPポート。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP 接続が確立されていません。
INET_ERROR_CONNECTION_ABORTED
TCP接続が開かなくなりました。

つながっている

bool IsConnected(
  void
) const 

TCP接続が確立されているかどうかを抽出します。

聴く

INET_ERROR Listen(
  uint16_t backlog
)

TCPメッセージを受信するようにエンドポイントを準備します。

場合はStateすでにあるkState_Listeningその後、何も操作を行わない、そうでないStateに設定されているkState_Listeningおよびエンドポイントは、プラットフォームのセマンティクスに応じて、受信したTCPメッセージに用意されています。

詳細
パラメーター
[in] backlog
接続受け入れキューの最大深度
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:エンドポイントはメッセージを受信する準備ができています。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
エンドポイントはすでにリッスンしています。

いくつかのプラットフォームでは、 backlog引数が使用されていない(キューの深さが固定されている1つだけの接続を一度に受け入れることができます)。

LwIPシステムでは、LwIPスタックロックがすでに取得されている状態でこのメソッドを呼び出さないでください。

LogId

uint16_t LogId(
  void
)

エンドポイントの識別子を取得します。

詳細
戻り値
使用ログの不透明な一意の識別子を返します。

MarkActive

void MarkActive(
  void
)

アクティビティに注意してください。つまり、アイドルタイマーをリセットします。

アイドルタイマーをゼロにリセットします。

保留中の受信長

uint32_t PendingReceiveLength(
  void
)

未確認の受信データの長さを抽出します。

詳細
戻り値
まだで認められていない受信キュー内のバイト数AckReceive(uint16_t len)

保留中のSendLength

uint32_t PendingSendLength(
  void
)

最初の送信を待機しているデータの長さを抽出します。

詳細
戻り値
送信キュー内の未送信バイト数。

PutBackReceivedData

INET_ERROR PutBackReceivedData(
  Weave::System::PacketBuffer *data
)

メッセージテキストを受信キューの先頭にプッシュバックします。

このメソッドは、データの未確認部分を受信キューに戻すために、データ受信イベントハンドラーによってのみ呼び出すことができます。動作セマンティクスは、発信者がデータ受信イベントハンドラの範囲外である場合、未定義れるdataないWeave::System::PacketBufferハンドラに提供、またはdata aで認めバイト後に残っている未確認の部分が含まれていません前に呼び出しAckReceive(uint16_t len)メソッド。

詳細
パラメーター
[out] data
プッシュするメッセージテキスト。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:受信が確認されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。

送信

INET_ERROR Send(
  Weave::System::PacketBuffer *data,
  bool push
)

TCP接続でメッセージテキストを送信します。

Weave::System::PacketBuffer::Free方法は上と呼ばれているdataにかかわらず、送信が成功したか失敗したかどうかに引数。

詳細
パラメーター
[out] data
送信するメッセージテキスト。
[out] push
場合はtrue 、そしてそれ以外の場合はキュー、すぐに送信します。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。

SetConnectTimeout

void SetConnectTimeout(
  const uint32_t connTimeoutMsecs
)

Connectが成功するか、エラーを返すようにタイムアウトを設定します。

詳細
パラメーター
[in] connTimeoutMsecs

SetUserTimeout

INET_ERROR SetUserTimeout(
  uint32_t userTimeoutMillis
)

TCPTCP_USER_TIMEOUTソケットオプションを設定します。

TCPEndPoint :: SetUserTimeout

値が0より大きい場合、TCPが対応する接続​​を強制的に閉じる前に、送信されたデータが確認応答されないままになる最大時間をミリ秒単位で指定します。オプション値が0として指定されている場合、TCPはシステムのデフォルトを使用します。詳細については、RFC5482を参照してください。

詳細
パラメーター
[in] userTimeoutMillis
ミリ秒単位のTcpユーザータイムアウト値。
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_NOT_IMPLEMENTED
システムの実装が完了していません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー

TCPユーザータイムアウトソケットオプションを設定します。

値が 0 より大きい場合、TCP が対応する接続​​を強制的に閉じる前に、送信されたデータが未確認のままになる可能性があるミリ秒単位の最大時間を指定します。オプション値が0として指定されている場合、TCPはシステムのデフォルトを使用します。詳細については、RFC5482を参照してください。

注:エンドポイントが接続されているのいずれかの状態にあるときにこのメソッドは呼び出すことができます。このメソッドを複数回呼び出して、キープアライブ間隔またはタイムアウトカウントを調整できます。

シャットダウン

INET_ERROR Shutdown(
  void
)

TCPを半分閉じて開始します。つまり、送信を終了します。

詳細
戻り値
INET_NO_ERROR
成功:アドレスとポートが抽出されました。
INET_ERROR_INCORRECT_STATE
TCP接続が確立されていません。
other
別のシステムまたはプラットフォームのエラー