Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SubscriptionHandler

まとめ

パブリック タイプ

@142 列挙型
EventCallback)(void *const aAppState, EventID aEvent, const InEventParam &aInParam, OutEventParam &aOutParam) typedef
void(*
EventID 列挙型
HandlerId typedef
uint8_t

静的パブリック関数

DefaultEventHandler(EventID aEvent, const InEventParam & aInParam, OutEventParam & aOutParam)
void

パブリック関数

AbortSubscription(void)
void
この関数はサブスクリプションを直ちに終了します。これは同期呼び出しです。
AcceptSubscribeRequest(const uint32_t aLivenessTimeoutSec)
EndSubscription(const uint32_t aReasonProfileId, const uint16_t aReasonStatusCode)
この関数によって、サブスクリプションの正常なシャットダウンとハンドラ オブジェクトのクリーンアップが開始されます。
GetBinding(void) const
GetMaxNotificationSize(void) const
uint32_t
GetPeerNodeId(void) const
uint64_t
GetSubscriptionId(uint64_t *const apSubscriptionId)
IsActive(void)
bool
IsCanceling() const
bool
IsEstablishedIdle()
bool
IsFree()
bool
IsTerminated()
bool
SetMaxNotificationSize(const uint32_t aMaxPayload)
void

構造体

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SubscriptionHandler::TraitInstanceInfo

共用体

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SubscriptionHandler::InEventParam
nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SubscriptionHandler::OutEventParam

パブリック タイプ

142

 @142

イベント コールバック

void(* EventCallback)(void *const aAppState, EventID aEvent, const InEventParam &aInParam, OutEventParam &aOutParam)

EventID

 EventID

ハンドラ ID

uint8_t HandlerId

静的パブリック関数

DefaultEventHandler

void DefaultEventHandler(
  EventID aEvent,
  const InEventParam & aInParam,
  OutEventParam & aOutParam
)

パブリック関数

中止サブスクリプション

void AbortSubscription(
  void
)

この関数はサブスクリプションを直ちに終了します。これは同期呼び出しです。

ニュース メディアの購読を中止します。

終了についてクライアントに通知しようとしても、基になるエクスチェンジのコンテキストが存在する場合は、すぐに中止されます。この呼び出しの後、このオブジェクトに対するそれ以上のアクティビティはアプリケーションに通知されません。また、その後、アプリケーションでそのメソッドを使用してこのオブジェクトを操作することはできません。

ニュース メディアは、定期購入クライアントに通知せずに、またアプリケーションのイベント ハンドラに OnSubscriptionTerminated イベントを配信することなく、定期購入を終了できます。相互のサブスクリプションが存在する場合、パブリッシャーからクライアントへのカウンタ サブスクリプションも終了します。

AbortSubscription() を呼び出すと、SubscriptionHandler オブジェクトは Terminated 状態になります。終了プロセスが完了したときにオブジェクトへの追加の参照がない場合、SubscriptionHandler オブジェクトは解放されます。

AcceptSubscribeRequest(承諾リクエスト)

WEAVE_ERROR AcceptSubscribeRequest(
  const uint32_t aLivenessTimeoutSec
)

エンド サブスクリプション

WEAVE_ERROR EndSubscription(
  const uint32_t aReasonProfileId,
  const uint16_t aReasonStatusCode
)

この関数によって、サブスクリプションの正常なシャットダウンとハンドラ オブジェクトのクリーンアップが開始されます。

ニュース メディアのサブスクリプションを正常に終了します。

これは非同期呼び出しであり、必要に応じて SubscribeCancel/StatusReport メッセージを介してシャットダウンをクライアントに通知します。

特に、このサブスクリプションとアプリの関係は放棄します。この呼び出しの後、このオブジェクトに対するそれ以上のアクティビティはアプリケーションに通知されません。また、その後、アプリケーションでそのメソッドを使用してこのオブジェクトを操作することはできません。

ニュース メディアが定期購入を正常に終了します。定期購入の解約サポートが有効になっている場合、SubscribeCancelRequest メッセージは定期購入クライアントに送信され、定期購入を終了する前にシステムは応答を待機します。それ以外の場合は、AbortSubscription() と同様の方法で定期購入は直ちに終了します。相互定期購入が存在する場合、パブリッシャーからクライアントへのカウンタ定期購入も終了します。

詳細
パラメータ
[in] aReasonProfileId
終了の理由を示す StatusCode の ProfileId
[in] aReasonStatusCode
終了の背後にある理由を示す StatusCode
戻り値
Returns
Weave エラーコードは、情報提供のみを目的としています。エラーが発生すると、オブジェクトは同期的に終了します(中止されたなど)。

SubscribeCancelRequest へのレスポンスを待っている間、SubscriptionHandlerCanceling 状態になります。

終了プロセスが開始されると、SubscriptionHandler オブジェクトは Terminated 状態になり、OnSubscriptionTerminated イベントがアプリケーションのイベント ハンドラに配信されます。キャンセルのサポートが有効になっていない場合は、EndSubscription() の呼び出し内でイベント ハンドラが同期的に呼び出されることがあります。

アプリケーションのイベント ハンドラが返された後、SubscriptionHandler オブジェクトへの追加参照がない場合、オブジェクトは解放されます。

バインディングの取得

Binding * GetBinding(
  void
) const 

GetMaxNotificationSize

uint32_t GetMaxNotificationSize(
  void
) const 

GetPeerNodeId

uint64_t GetPeerNodeId(
  void
) const 

GetSubscriptionId

WEAVE_ERROR GetSubscriptionId(
  uint64_t *const apSubscriptionId
)

IsActive

bool IsActive(
  void
)

キャンセル中

bool IsCanceling() const 

IsEstablishedIdle

bool IsEstablishedIdle()

無料

bool IsFree()

終了

bool IsTerminated()

SetMaxNotificationSize

void SetMaxNotificationSize(
  const uint32_t aMaxPayload
)