Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::プロファイル:: DataManagement_Legacy :: ClientDataManager

これは抽象クラスです。

#include <src/lib/profiles/data-management/Legacy/ClientDataManager.h>

WDMクライアントに必要な確認および指示メソッド定義を含む抽象クラス。

概要

クラスClientDataManagerは方法アウト呪文アプリケーション実装がWDMプロトコル交換に発行者によって配信されたデータとステータスを処理するために提供しなければならないことは抽象クラスです。これらのメソッドは、ほとんどの場合、クライアント要求への応答の受信の結果として呼び出される確認と、リモートピアからの要求の受信の表示です。 ClientDataManagerは、 2つの主要成分の一つであるDMClient抽象基底クラス。

継承

直系の既知のサブクラス: NL ::織り::プロファイル:: DataManagement_Legacy :: DMClient

公の行事

UpdateConfirm (const uint64_t & aResponderId, StatusReport & aStatus, uint16_t aTxnId)=0
virtual WEAVE_ERROR
更新要求のステータスを確認します。
ViewConfirm (const uint64_t & aResponderId, StatusReport & aStatus, uint16_t aTxnId)=0
virtual WEAVE_ERROR
失敗した表示要求を確認します。
ViewConfirm (const uint64_t & aResponderId, ReferencedTLVData & aDataList, uint16_t aTxnId)=0
virtual WEAVE_ERROR
ビューリクエストが成功したことを確認します。

公の行事

UpdateConfirm

virtual WEAVE_ERROR UpdateConfirm(
  const uint64_t & aResponderId,
  StatusReport & aStatus,
  uint16_t aTxnId
)=0

更新要求のステータスを確認します。

更新要求の場合、区別される「成功」応答はありません。いずれの場合も、レスポンダーはステータスレポートを送信し、これが次の上位レイヤーに配信される方法です。

詳細
パラメーター
[in] aResponderId
応答する発行元の64ビットノードIDへの参照。
[in] aStatus
リクエストのステータスの詳細を示すStatusReportオブジェクトへの参照。
[in] aTxnId
この特定の取引所を参照する、クライアントによって割り当てられたトランザクションID。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR成功を伝えます。それ以外の場合、値は実装者の裁量に委ねられます。

ViewConfirm

virtual WEAVE_ERROR ViewConfirm(
  const uint64_t & aResponderId,
  StatusReport & aStatus,
  uint16_t aTxnId
)=0

失敗した表示要求を確認します。

ビュー要求が何らかの方法で失敗し、失敗を説明するステータスレポートが送信されたことを確認します。

詳細
パラメーター
[in] aResponderId
応答する発行元の64ビットノードIDへの参照。
[in] aStatus
何が悪かったのかを詳述するStatusReportオブジェクトへの参照。
[in] aTxnId
この特定の取引所を参照する、クライアントによって割り当てられたトランザクションID。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR成功を伝えます。それ以外の場合、値は実装者の裁量に委ねられます。

ViewConfirm

virtual WEAVE_ERROR ViewConfirm(
  const uint64_t & aResponderId,
  ReferencedTLVData & aDataList,
  uint16_t aTxnId
)=0

ビューリクエストが成功したことを確認します。

ビュー要求が受信され、応答が返され、操作が成功したことを確認して、データリストを配信します。

詳細
パラメーター
[in] aResponderId
応答する発行元の64ビットノードIDへの参照。
[in] aDataList
参照ReferencedTLVDataの要求されたデータとのTLV符号化されたデータのリストを含むオブジェクト。
[in] aTxnId
この特定の取引所を参照する、クライアントによって割り当てられたトランザクションID。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR成功を伝えます。それ以外の場合、値は実装者の裁量に委ねられます。