Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::DeviceControl

この名前空間には、Weave デバイス コントロール プロファイル用の Weave 内のすべてのインターフェースが含まれます。

まとめ

デバイス コントロール プロファイルは、クライアントとサーバーの操作を容易にするものであり、クライアント(制御デバイス)はサーバー(セットアップ中のデバイス)上で特定のユーティリティ機能をトリガーして、デバイスのセットアップとプロビジョニングのプロセスを支援できます。これには、たとえば、サーバー デバイスの設定のリセット、セットアップ手順が早期に中止された場合の動作を定義するフェイルセーフの有効化などがあります。

列挙型

@172{
  kStatusCode_FailSafeAlreadyActive = 1,
  kStatusCode_NoFailSafeActive = 2,
  kStatusCode_NoMatchingFailSafeActive = 3,
  kStatusCode_UnsupportedFailSafeMode = 4,
  kStatusCode_RemotePassiveRendezvousTimedOut = 5,
  kStatusCode_UnsecuredListenPreempted = 6,
  kStatusCode_ResetSuccessCloseCon = 7,
  kStatusCode_ResetNotAllowed = 8,
  kStatusCode_NoSystemTestDelegate = 9
}
列挙型
デバイス コントロールのステータス コード。
@173{
  kMsgType_ResetConfig = 1,
  kMsgType_ArmFailSafe = 2,
  kMsgType_DisarmFailSafe = 3,
  kMsgType_EnableConnectionMonitor = 4,
  kMsgType_DisableConnectionMonitor = 5,
  kMsgType_RemotePassiveRendezvous = 6,
  kMsgType_RemoteConnectionComplete = 7,
  kMsgType_StartSystemTest = 8,
  kMsgType_StopSystemTest = 9,
  kMsgType_LookingToRendezvous = 10
}
列挙型
デバイス コントロール メッセージのタイプ。
@174{
  kArmMode_New = 1,
  kArmMode_Reset = 2,
  kArmMode_ResumeExisting = 3
}
列挙型
ArmFailSafe モードの値。
@175{
  kResetConfigFlag_All = 0x00FF,
  kResetConfigFlag_NetworkConfig = 0x0001,
  kResetConfigFlag_FabricConfig = 0x0002,
  kResetConfigFlag_ServiceConfig = 0x0004,
  kResetConfigFlag_OperationalCredentials = 0x0008,
  kResetConfigFlag_FactoryDefaults = 0x8000
}
列挙型
ResetConfig フラグ。
@176{
  kMessageLength_ResetConfig = 2,
  kMessageLength_ArmFailsafe = 5,
  kMessageLength_DisarmFailsafe = 0,
  kMessageLength_EnableConnectionMonitor = 4,
  kMessageLength_DisableConnectionMonitor = 0,
  kMessageLength_RemotePassiveRendezvous = 20,
  kMessageLength_StartSystemTest = 8,
  kMessageLength_StopSystemTest = 0
}
列挙型
メッセージの長さ。

Functions

SendLookingToRendezvous(ExchangeContext *ec)
ピアに LookingToRendezvous メッセージを送信します。

クラス

nl::Weave::Profiles::DeviceControl::DeviceControlDelegate

受信デバイス制御オペレーションをサーバー デバイスに実装するためのデリゲート クラス。

nl::Weave::Profiles::DeviceControl::DeviceControlServer

デバイス コントロール プロファイルを実装するためのサーバークラス。

列挙型

172

 @172

デバイス コントロールのステータス コード。

Properties
kStatusCode_FailSafeAlreadyActive

プロビジョニングのフェイルセーフはすでに有効です。

kStatusCode_NoFailSafeActive

有効なプロビジョニングのフェイルセーフがありません。

kStatusCode_NoMatchingFailSafeActive

プロビジョニングのフェイルセーフ トークンが、アクティブなフェイルセーフと一致しませんでした。

kStatusCode_NoSystemTestDelegate

システムテストは、デリゲートなしでは実行できません。

kStatusCode_RemotePassiveRendezvousTimedOut

クライアントが指定したランデブー期間中には、デバイス コントロール サーバーでランデスボネートされたデバイスはありません。

kStatusCode_ResetNotAllowed

デバイスがリクエストされたリセットを拒否した。

kStatusCode_ResetSuccessCloseCon

ResetConfig メソッドが成功しますが、最初に接続が閉じられます。

kStatusCode_UnsecuredListenPreempted

この Weave スタックが保護されていない接続ハンドラとして、別のアプリが強制的にデバイス コントロール サーバーに置き換えられました。

kStatusCode_UnsupportedFailSafeMode

指定したフェイルセーフ モードはデバイスでサポートされていません。

173

 @173

デバイス コントロール メッセージのタイプ。

Properties
kMsgType_ArmFailSafe

デバイスでフェイルセーフ メカニズムを設定する。

kMsgType_DisableConnectionMonitor

接続実行状況のモニタリングを無効にします。

kMsgType_DisarmFailSafe

アクティブな構成のフェイルセーフを解除します。

kMsgType_EnableConnectionMonitor

接続実行状況のモニタリングを有効にします。

kMsgType_LookingToRendezvous

Rendezvouz のメッセージを探しています。

ペイロードは空です。ソースシグナル ID が唯一の有効なシグナルです。

kMsgType_RemoteConnectionComplete

リモート パッシブ ランデブーが正常に完了し、接続トンネルが開いていることをデバイス制御クライアントに通知します。

kMsgType_RemotePassiveRendezvous

デバイス コントロール サーバーに Remote Passive Rendezvous をリクエストします。

kMsgType_ResetConfig

デバイスの設定状態をリセットします。

kMsgType_StartSystemTest

システムテストを開始します。

kMsgType_StopSystemTest

システムテストを停止します。

174

 @174

ArmFailSafe モードの値。

Properties
kArmMode_New

新しいフェイルセーフ機能を適用します。すでに有効になっている場合はエラーを返します。

kArmMode_Reset

すべてのデバイス設定をリセットして、新しいフェイルセーフを適用します。

kArmMode_ResumeExisting

進行中のフェイルセーフを再開します。進行中のフェイルセーフがない場合、またはフェイルセーフ トークンが一致しない場合はエラーを返します。

175

 @175

ResetConfig フラグ。

Properties
kResetConfigFlag_All

デバイス設定の情報をすべてリセットする。

kResetConfigFlag_FabricConfig

ファブリック構成情報をリセットします。

kResetConfigFlag_FactoryDefaults

デバイスを出荷時のデフォルト設定にリセットします。

kResetConfigFlag_NetworkConfig

ネットワーク設定情報をリセットします。

kResetConfigFlag_OperationalCredentials

デバイスの操作に関する認証情報をリセットする。

kResetConfigFlag_ServiceConfig

サービス構成情報をリセットします。

176

 @176

メッセージの長さ。

Properties
kMessageLength_ArmFailsafe

腕のフェイルセーフ メッセージの長さ。

kMessageLength_DisableConnectionMonitor

Connection Monitor メッセージ長を無効にします。

kMessageLength_DisarmFailsafe

フェイルセーフ メッセージの長さを解除します。

kMessageLength_EnableConnectionMonitor

Connection Monitor メッセージ長を有効にします。

kMessageLength_RemotePassiveRendezvous

リモート パッシブ ランデブー メッセージの長さ。

kMessageLength_ResetConfig

設定メッセージの長さをリセットしました。

kMessageLength_StartSystemTest

システムテスト メッセージの長さを開始します。

kMessageLength_StopSystemTest

システムテスト メッセージの長さを停止します。

Functions

送信 LookingToRendezvous

WEAVE_ERROR SendLookingToRendezvous(
  ExchangeContext *ec
)

ピアに LookingToRendezvous メッセージを送信します。

詳細
パラメータ
[in] ec
メッセージの送信に使用する ExchangeContext
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
WEAVE_ERROR_NO_MEMORY
メッセージのバッファを割り当てることができなかった場合。
other