Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::Vendor::Nestlabs::DropcamLegacyPairing

まとめ

列挙型

@328{
  kMsgType_CameraAuthDataRequest = 1,
  kMsgType_CameraAuthDataResponse = 2
}
列挙型
Dropcam 以前のペア設定メッセージ タイプ。

Variables

CAMERA_AUTH_DATA_LEN = (EUI48_LEN + CAMERA_NONCE_LEN + CAMERA_HMAC_LEN)
const uint8_t
Base64 文字列変換前のバイナリカメラ認証データ パラメータの長さ。
CAMERA_HMAC_LEN = 4
const uint8_t
auth_data API パラメータに追加されたカメラ認証データの HMAC バイト数。
CAMERA_NONCE_LEN = 64
const uint8_t
カメラのノンス文字列の長さ(バイト単位、NULL ターミネーターを除く)。
CAMERA_SECRET_LEN = 32
const uint8_t
カメラのシークレットの長さ(バイト単位)。
EUI48_LEN = 6
const uint8_t
EUI-48 RAW バイト表現の長さ(バイト単位)。
EUI48_STR_LEN = 13
const uint8_t
EUI-48 のバイト長。コロンで区切られた 12 桁の 16 進数からなる文字列と NULL ターミネーターで表されます。
HMAC_BUF_LEN = 32
const uint8_t
カメラで生成されたペアリング情報 HMAC のバイト単位の定数。RAW バイトとして表されます。
sDropcamLegacyPairingProfileStringContext = { NULL, sDropcamLegacyPairingProfileStringInfo }
コールバックは、プロファイルに関連付けられた人間が読める形式のサポート文字列を返すためのコールバックの登録と登録解除のコンテキストです。
sDropcamLegacyPairingProfileStringInfo = { kWeaveProfile_DropcamLegacyPairing, GetDropcamLegacyPairingMessageName, GetDropcamLegacyPairingProfileName, NULL }
この構造は、プロファイルに関連付けられた人間が読めるサポート文字列を返すためのコールバック用のストレージを提供します。

Functions

DecodeCameraAuthDataResponse(PacketBuffer *buf, uint8_t(&) macAddress[EUI48_LEN], uint8_t(&) hmac[HMAC_BUF_LEN])
CameraAuthDataResponse メッセージ ペイロードをデコードするためのユーティリティ関数。
EncodeCameraAuthDataRequest(PacketBuffer *buf, const char *nonce)
CameraAuthDataRequest メッセージ ペイロードをエンコードするユーティリティ関数。
GetDropcamLegacyPairingMessageName(uint32_t inProfileId, uint8_t inMsgType)
const char *
このプロファイルに関連付けられたメッセージの種類を表す、人間が読める NULL で終わる C 文字列を返すコールバック関数。
GetDropcamLegacyPairingProfileName(uint32_t inProfileId)
const char *
このプロファイルでプロファイルを記述する、人間が読める NULL で終わる C 文字列を返すコールバック関数。
_DropcamLegacyPairingProfileStringDestroy(void)
void
1 つ目の、ただしリエントラントされている、プロファイルに関連する人間が読める形式のサポート文字列を返す Weave Dropcam Legacy Pairing プロファイル コールバックを登録解除するためのデ初期化子。
_DropcamLegacyPairingProfileStringInit(void)
void
1 つ目の(ただしリエントラントである)初期化では、プロファイルに関連付けられた人間が読める形式のサポート文字列を返すため、Weave Dropcam レガシー ペアリング プロファイルのコールバックを登録します。

クラス

nl::Weave::Profiles::Vendor::Nestlabs::DropcamLegacyPairing::DropcamLegacyPairingDelegate

受信カメラの Dropcam レガシー ペア設定操作をサーバー デバイスに実装するためのデリゲート クラス。

nl::Weave::Profiles::Vendor::Nestlabs::DropcamLegacyPairing::DropcamLegacyPairingServer

Dropcam Legacy Pairing プロファイルを実装するためのサーバークラス。

列挙型

328

 @328

Dropcam 以前のペア設定メッセージ タイプ。

Properties
kMsgType_CameraAuthDataRequest

以前の Dropcam ペア設定ウェブ API 呼び出しのパラメータを取得します。

kMsgType_CameraAuthDataResponse

以前の Dropcam ペア設定ウェブ API 呼び出しのパラメータが含まれます。

Variables

CAMERA_AUTH_DATA_LEN

const uint8_t CAMERA_AUTH_DATA_LEN = (EUI48_LEN + CAMERA_NONCE_LEN + CAMERA_HMAC_LEN)

Base64 文字列変換前のバイナリカメラ認証データ パラメータの長さ。

CAMERA_HMAC_LEN

const uint8_t CAMERA_HMAC_LEN = 4

auth_data API パラメータに追加されたカメラ認証データの HMAC バイト数。

CAMERA_NONCE_LEN

const uint8_t CAMERA_NONCE_LEN = 64

カメラのノンス文字列の長さ(バイト単位、NULL ターミネーターを除く)。

CAMERA_SECRET_LEN

const uint8_t CAMERA_SECRET_LEN = 32

カメラのシークレットの長さ(バイト単位)。

EU48_LEN

const uint8_t EUI48_LEN = 6

EUI-48 RAW バイト表現の長さ(バイト単位)。

EUI48_STR_LEN

const uint8_t EUI48_STR_LEN = 13

EUI-48 のバイト長。コロンで区切られた 12 桁の 16 進数からなる文字列と NULL ターミネーターで表されます。

HMAC_BUF_LEN を使用します。

const uint8_t HMAC_BUF_LEN = 32

カメラで生成されたペアリング情報 HMAC のバイト単位の定数。RAW バイトとして表されます。

sDropcamLegacyPairingProfileStringContext

Weave::Support::ProfileStringContext sDropcamLegacyPairingProfileStringContext = {
    NULL,
    sDropcamLegacyPairingProfileStringInfo
}

コールバックは、プロファイルに関連付けられた人間が読める形式のサポート文字列を返すためのコールバックの登録と登録解除のコンテキストです。

sDropcamLegacyPairingProfileStringInfo

const Weave::Support::ProfileStringInfo sDropcamLegacyPairingProfileStringInfo = {
    kWeaveProfile_DropcamLegacyPairing,

    GetDropcamLegacyPairingMessageName,
    GetDropcamLegacyPairingProfileName,
    NULL
}

この構造は、プロファイルに関連付けられた人間が読めるサポート文字列を返すためのコールバック用のストレージを提供します。

Functions

DecodeCameraAuthDataResponse

WEAVE_ERROR DecodeCameraAuthDataResponse(
  PacketBuffer *buf,
  uint8_t(&) macAddress[EUI48_LEN],
  uint8_t(&) hmac[HMAC_BUF_LEN]
)

CameraAuthDataResponse メッセージ ペイロードをデコードするためのユーティリティ関数。

詳細
パラメータ
[in] buf
カメラ認証データ レスポンスのメッセージ ペイロード バッファへのポインタ。
[in] macAddress
カメラの EUI-48 Wi-Fi MAC アドレスのバイト配列バッファ。
[in] hmac
提供された HMAC リターン バッファへの参照。HMAC は、ASCII 以外の文字または Unicode 文字を含む未加工のバイト配列として返されます。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
other
その他の Weave またはプラットフォーム固有のエラーコード。エラーによりメッセージ ペイロードのデコードが失敗したことを示します。

EncodeCameraAuthDataRequest

WEAVE_ERROR EncodeCameraAuthDataRequest(
  PacketBuffer *buf,
  const char *nonce
)

CameraAuthDataRequest メッセージ ペイロードをエンコードするユーティリティ関数。

Dropcam レガシーペアリング プロファイルのメッセージ ペイロードをエンコードおよびデコードするユーティリティ関数。

詳細
パラメータ
[in] buf
カメラ認証データ リクエストのメッセージ ペイロード バッファへのポインタ。
[in] nonce
カメラのペアリングノンスへのポインタ。NULL で終わる UTF-8 文字列の形式になります。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
other
その他の Weave またはプラットフォーム固有のエラーコード。エラーによりメッセージ ペイロードのエンコードが失敗したことを示します。

GetDropcamLegacyPairingMessageName

const char * GetDropcamLegacyPairingMessageName(
  uint32_t inProfileId,
  uint8_t inMsgType
)

このプロファイルに関連付けられたメッセージの種類を表す、人間が読める NULL で終わる C 文字列を返すコールバック関数。

このコールバックを登録すると、このプロファイルに関連付けられているメッセージ タイプを記述するために、人間が読み取れる NULL で終わる C 文字列が必要な場合に呼び出されます。

詳細
パラメータ
[in] inProfileId
指定したメッセージ タイプに関連付けられたプロファイル ID。
[in] inMsgType
人が読める形式の説明文字列を求めるメッセージのタイプ。
戻り値
一致が見つかった場合は NULL で終わる C 文字列へのポインタ。それ以外の場合は NULL。

GetDropcamLegacyPairingProfileName

const char * GetDropcamLegacyPairingProfileName(
  uint32_t inProfileId
)

このプロファイルでプロファイルを記述する、人間が読める NULL で終わる C 文字列を返すコールバック関数。

このコールバックを登録すると、このプロファイルの説明に、人が読める形式の NULL で終わる C 文字列が必要な場合に呼び出されます。

詳細
パラメータ
[in] inProfileId
人が読める形式の説明文字列が検索されるプロファイル ID。
戻り値
一致が見つかった場合は NULL で終わる C 文字列へのポインタ。それ以外の場合は NULL。

_DropcamLegacyPairingProfileStringDestroy

void _DropcamLegacyPairingProfileStringDestroy(
  void
)

1 つ目の、ただしリエントラントされている、プロファイルに関連する人間が読める形式のサポート文字列を返す Weave Dropcam Legacy Pairing プロファイル コールバックを登録解除するためのデ初期化子。

_DropcamLegacyPairingProfileStringInit

void _DropcamLegacyPairingProfileStringInit(
  void
)

1 つ目の(ただしリエントラントである)初期化では、プロファイルに関連付けられた人間が読める形式のサポート文字列を返すため、Weave Dropcam レガシー ペアリング プロファイルのコールバックを登録します。