Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

nl ::織り::プロファイル:: MessageIterator

#include <src/lib/profiles/common/WeaveMessage.h>

メッセージバッファを適切に使用するために、このイテレータを定義します。このイテレータは、境界などを追跡するために使用できます。

概要

継承

:から継承NL ::織り::プロファイル:: RetainedPacketBuffer

コンストラクタとデストラクタ

MessageIterator ( System::PacketBuffer *)
コンストラクターメソッド。

パブリック属性

thePoint
uint8_t *

公の行事

append (void)
void
現在バッファにあるデータの後にポイントを設定します。
finishWriting (void)
void
書き込み後、バッファを調整してください。
hasData (uint16_t)
bool
hasRoom (uint16_t)
bool
operator!= (const MessageIterator &)
bool
operator* (void)
uint8_t &
operator+ (uint16_t)
operator++ (void)
余裕がある場合は、メッセージイテレータを1インクリメントします。
operator- (uint16_t)
operator== (const MessageIterator &)
bool
read16 (uint16_t *)
read32 (uint32_t *)
read64 (uint64_t *)
readByte (uint8_t *)
readBytes (uint16_t, uint8_t *)
readString (uint16_t, char *)
write16 (uint16_t)
write32 (uint32_t)
write64 (uint64_t)
writeByte (uint8_t)
writeBytes (uint16_t, uint8_t *)
writeString (uint16_t, char *)

パブリック属性

ポイント

uint8_t * thePoint

公の行事

MessageIterator

 MessageIterator(
  System::PacketBuffer *
)

コンストラクターメソッド。

詳細
パラメーター
aBuffer
繰り返すメッセージバッファ。

追加

void append(
  void
)

現在バッファにあるデータの後にポイントを設定します。

finishWriting

void finishWriting(
  void
)

書き込み後、バッファを調整してください。

hasData

bool hasData(
  uint16_t
)

詳細
パラメーター
inc
バッファから読み取ることができる整数値。
戻り値
true
バッファの現在のデータ長は、指定された増分以上です。
false
さもないと。

hasRoom

bool hasRoom(
  uint16_t
)

詳細
パラメーター
inc
バッファに書き込まれる可能性のある整数。
戻り値
true
バッファの現在のデータ長とその最大許容データ長(使用可能なデータ長)の差は、指定された増分以下です。
false
さもないと。

演算子!=

bool operator!=(
  const MessageIterator &
)

詳細
パラメーター
aMessageIterator
比較する別のメッセージイテレータ。

オペレーター*

uint8_t & operator*(
  void
)

詳細
戻り値
バッファで見ているもの。

オペレーター+

MessageIterator & operator+(
  uint16_t
)

詳細
パラメーター
inc
メッセージイテレータに適用する増分。
戻り値
イテレータは、余裕がある場合は指定された値だけインクリメントされ、余裕がない場合は最後まで叩きつけられます。

オペレーター++

MessageIterator & operator++(
  void
)

余裕がある場合は、メッセージイテレータを1インクリメントします。

オペレーター-

MessageIterator & operator-(
  uint16_t
)

詳細
パラメーター
dec
メッセージイテレータに適用するデクリメント。
戻り値
イテレータは、余裕がある場合は指定された値だけデクリメントされ、余裕がない場合は最初にぶつかります。

演算子==

bool operator==(
  const MessageIterator &
)

詳細
パラメーター
aMessageIterator
比較する別のメッセージイテレータ。

read16

WEAVE_ERROR read16(
  uint16_t *
)

詳細
パラメーター
aDestination
バッファから短い読み取りを行う場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

read32

WEAVE_ERROR read32(
  uint32_t *
)

詳細
パラメーター
aDestination
バッファから読み取った32ビット値を配置する場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

read64

WEAVE_ERROR read64(
  uint64_t *
)

詳細
パラメーター
aDestination
バッファから読み取った64ビット値を配置する場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

readByte

WEAVE_ERROR readByte(
  uint8_t *
)

詳細
パラメーター
aDestination
バッファから読み取ったバイトを置く場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

readBytes

WEAVE_ERROR readBytes(
  uint16_t,
  uint8_t *
)

詳細
パラメーター
aLength
読み取るバイト文字列の長さ。
aByteString
バイトを置く場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

readString

WEAVE_ERROR readString(
  uint16_t,
  char *
)

詳細
パラメーター
aLength
読み取る文字列の長さ。
aString
ひもを置く場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

write16

WEAVE_ERROR write16(
  uint16_t
)

詳細
パラメーター
aValue
書き出す短い値。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

write32

WEAVE_ERROR write32(
  uint32_t
)

詳細
パラメーター
aValue
書き出す32ビット値。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

write64

WEAVE_ERROR write64(
  uint64_t
)

詳細
パラメーター
aValue
書き出す64ビット値。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

writeByte

WEAVE_ERROR writeByte(
  uint8_t
)

詳細
パラメーター
aValue
書き出すバイト値。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

writeBytes

WEAVE_ERROR writeBytes(
  uint16_t,
  uint8_t *
)

詳細
パラメーター
aLength
書き込むバイト文字列の長さ。
aString
バイト文字列自体。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。

writeString

WEAVE_ERROR writeString(
  uint16_t,
  char *
)

詳細
パラメーター
aLength
書き込む文字列の長さ。
aString
文字列自体。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
それがすべて大丈夫なら。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
バッファの終わりを超えて実行している場合。