Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::プロファイル:: RetainedPacketBuffer

#include <src/lib/profiles/common/WeaveMessage.h>

これは、カウント自動的に参照するための便利なオブジェクトとしての基本クラスであるシステム:: PacketBufferを

概要

継承

直接既知のサブクラス:
  nl :: Weave :: Profiles :: BDX_Current :: BlockSend
  nl :: Weave :: Profiles :: BDX_Development :: BlockSend
  nl :: Weave :: Profiles :: BDX_Development :: BlockSendV1
  nl :: Weave :: Profiles :: MessageIterator
  nl :: Weave :: Profiles :: ReferencedString
  nl :: Weave :: Profiles :: ReferencedTLVData

コンストラクタとデストラクタ

RetainedPacketBuffer (void)
これは、クラスのデフォルト(void)コンストラクターです。
RetainedPacketBuffer (const RetainedPacketBuffer & aRetainedPacketBuffer)
これはクラスコピーコンストラクタです。
~RetainedPacketBuffer (void)
これはクラスデストラクタです。

保護された属性

mBuffer
保持されたパケットバッファへのポインタ。

公の行事

GetBuffer (void)
IsRetaining (void) const
virtual bool
このオブジェクトがバッファを保持しているかどうかを確認します。
Release (void)
virtual void
オブジェクトに関連付けられているバッファーへの強い参照を削除し、このオブジェクトが別のバッファーを保持できるようにします。
Retain ( System::PacketBuffer *aBuffer)
void
指定されたパケットバッファへの強い参照を作成し、必要に応じて、このオブジェクトに関連付けられている別のバッファへの強い参照を置き換えて削除します。
operator= (const RetainedPacketBuffer & aRetainedPacketBuffer)
これはクラス代入演算子です。

保護された属性

mBuffer

System::PacketBuffer * mBuffer

保持されたパケットバッファへのポインタ。

公の行事

GetBuffer

System::PacketBuffer * GetBuffer(
  void
)

IsRetaining

virtual bool IsRetaining(
  void
) const 

このオブジェクトがバッファを保持しているかどうかを確認します。

詳細
戻り値
trueオブジェクトは、バッファを保持されている場合。そうでない場合は、 false

リリース

virtual void Release(
  void
)

オブジェクトに関連付けられているバッファーへの強い参照を削除し、このオブジェクトが別のバッファーを保持できるようにします。

保持する

void Retain(
  System::PacketBuffer *aBuffer
)

指定されたパケットバッファへの強い参照を作成し、必要に応じて、このオブジェクトに関連付けられている別のバッファへの強い参照を置き換えて削除します。

RetainedPacketBuffer

 RetainedPacketBuffer(
  void
)

これは、クラスのデフォルト(void)コンストラクターです。

RetainedPacketBuffer

 RetainedPacketBuffer(
  const RetainedPacketBuffer & aRetainedPacketBuffer
)

これはクラスコピーコンストラクタです。

参照カウントが増加し、コピーされたオブジェクトに関連付けられたバッファへの強力な参照が作成されます。

詳細
パラメーター
[in] aRetainedPacketBuffer
コピーされるオブジェクトへの定数参照。

演算子=

RetainedPacketBuffer & operator=(
  const RetainedPacketBuffer & aRetainedPacketBuffer
)

これはクラス代入演算子です。

割り当てられたオブジェクトが現在のオブジェクトでない限り、これにより、コピーされたオブジェクトに関連付けられたバッファへの強い参照が作成され、必要に応じて、このオブジェクトに関連付けられたバッファへの強い参照が削除されます。

詳細
パラメーター
[in,out] aRetainedPacketBuffer
このオブジェクトに割り当てるオブジェクトへの読み取り専用参照。参照がこのオブジェクトでない場合、ソースオブジェクトの関連付けられたバッファが保持され、現在関連付けられているバッファが置き換えられます。
戻り値
現在のオブジェクトへの読み取り専用参照。

〜RetainedPacketBuffer

 ~RetainedPacketBuffer(
  void
)

これはクラスデストラクタです。

関連するバッファへの強い参照を削除します。