Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::Security::CertProvisioning::WeaveNodeOpAuthDelegate

これは抽象クラスです。

#include <src/lib/profiles/security/WeaveCertProvisioning.h>

Weave ノードの運用認証中にプラットフォーム固有のアクションを委任する抽象インターフェース。

まとめ

パブリック関数

EncodeOpCert(TLVWriter & writer, uint64_t tag)=0
virtual WEAVE_ERROR
ローカルノードの Weave 運用証明書をエンコードします。
EncodeOpRelatedCerts(TLVWriter & writer, uint64_t tag)=0
virtual WEAVE_ERROR
ノードの運用証明書に関連する証明書の配列をエンコードします。
GenerateAndEncodeOpSig(const uint8_t *hash, uint8_t hashLen, TLVWriter & writer, uint64_t tag)=0
virtual WEAVE_ERROR
ローカルノードの運用秘密鍵を使用して、運用署名を生成およびエンコードします。

パブリック関数

エンコード証明

virtual WEAVE_ERROR EncodeOpCert(
  TLVWriter & writer,
  uint64_t tag
)=0

ローカルノードの Weave 運用証明書をエンコードします。

この実装が呼び出されると、ローカルノードの運用証明書が書き込まれます。運用証明書は、指定されたタグを使用して WeaveCertificate 構造の形式で指定された TLV ライターに書き込む必要があります。

EncodeOpRelatedCerts

virtual WEAVE_ERROR EncodeOpRelatedCerts(
  TLVWriter & writer,
  uint64_t tag
)=0

ノードの運用証明書に関連する証明書の配列をエンコードします。

この実装では、ローカルノードの運用証明書に関連する証明書を書き込む必要があります。次に、関連するタグを使用して、WeaveCertificate 構造の配列の形式で、提供された TLV ライターに関連証明書を書き込む必要があります。

GenerateAndEncodeOpSig

virtual WEAVE_ERROR GenerateAndEncodeOpSig(
  const uint8_t *hash,
  uint8_t hashLen,
  TLVWriter & writer,
  uint64_t tag
)=0

ローカルノードの運用秘密鍵を使用して、運用署名を生成およびエンコードします。

このメソッドを呼び出すと、ノードのオペレーション秘密鍵を使用して、指定されたハッシュ値に対して署名を計算する必要があります。生成された署名は、指定されたタグを使用して、ECDSASignature 構造の形式で指定された TLV ライターに書き込む必要があります。

注: ノードに対応する楕円曲線の秘密鍵がローカル バッファ内に保持されている場合、このメソッドの実装には GenerateAndEncodeWeaveECDSASignature() ユーティリティが役立ちます。