Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning

この名前空間には、Weave サービス プロビジョニング プロファイル用の 3 つの Weave プロビジョニング プロファイルのうち、すべてのインターフェースが含まれています。

まとめ

列挙型

@304{
  kStatusCode_TooManyServices = 1,
  kStatusCode_ServiceAlreadyRegistered = 2,
  kStatusCode_InvalidServiceConfig = 3,
  kStatusCode_NoSuchService = 4,
  kStatusCode_PairingServerError = 5,
  kStatusCode_InvalidPairingToken = 6,
  kStatusCode_PairingTokenOld = 7,
  kStatusCode_ServiceCommunicationError = 8,
  kStatusCode_ServiceConfigTooLarge = 9,
  kStatusCode_WrongFabric = 10,
  kStatusCode_TooManyFabrics = 11
}
列挙型
サービス プロビジョニングのステータス コード。
@305 列挙型
サービス プロビジョニングのメッセージ タイプ。
@306{
  kTag_ServiceConfig = 1,
  kTag_ServiceEndPoint = 2,
  kTag_ServiceConfig_CACerts = 1,
  kTag_ServiceConfig_DirectoryEndPoint = 2,
  kTag_ServiceEndPoint_Id = 1,
  kTag_ServiceEndPoint_Addresses = 2,
  kTag_ServiceEndPoint_NodeId = 3,
  kTag_ServiceEndPointAddress_HostName = 1,
  kTag_ServiceEndPointAddress_Port = 2
}
列挙型
サービス プロビジョニング データ要素タグ

Functions

EncodeServiceConfig(WeaveCertificateSet & certSet, const char *dirHostName, uint16_t dirPort, uint8_t *outBuf, uint16_t & outLen)
NL_DLL_EXPORT WEAVE_ERROR

クラス

nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::IFJServiceFabricJoinMessage
nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::PairDeviceToAccountMessage
nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::RegisterServicePairAccountMessage
nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::ServiceProvisioningDelegate
nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::ServiceProvisioningServer

サービス プロビジョニング プロファイルを実装するためのシンプルなサーバークラス。

nl::Weave::Profiles::ServiceProvisioning::UpdateServiceMessage

列挙型

304

 @304

サービス プロビジョニングのステータス コード。

Properties
kStatusCode_InvalidPairingToken

デバイスは無効なペア設定トークンを渡したため、サービスのペア設定を完了できませんでした。

kStatusCode_InvalidServiceConfig

指定したサービス構成は無効です。

kStatusCode_NoSuchService

指定された ID はデバイスに登録されているサービスと一致しません。

kStatusCode_PairingServerError

デバイスがペア設定サーバーと通信できなかったため、サービスのペア設定を完了できませんでした。

kStatusCode_PairingTokenOld

渡されたペアリング トークンが期限切れであるため、デバイスはサービス ペアリングを完了できませんでした。

kStatusCode_ServiceAlreadyRegistered

指定したサービスはデバイスにすでに登録されています。

kStatusCode_ServiceCommunicationError

サービスとの通信中にエラーが発生したため、デバイスのサービスペア設定を完了できませんでした。

kStatusCode_ServiceConfigTooLarge

指定したサービス構成は大きすぎます。

kStatusCode_TooManyFabrics

ストラクチャに生地が多すぎます。

kStatusCode_TooManyServices

デバイスに登録されているサービスの数が多すぎます。

kStatusCode_WrongFabric

デバイスが別のファブリックとペア設定されている。

305

 @305

サービス プロビジョニングのメッセージ タイプ。

306

 @306

サービス プロビジョニング データ要素タグ

Properties
kTag_ServiceConfig

[構造体 ] Weave サービスを表します。

kTag_ServiceConfig_CACerts

[array, length >= 1 ] サービスの信頼できる CA 証明書のリスト。

各要素は、セキュリティ プロファイルで定義されている WeaveCertificate です。

kTag_ServiceConfig_DirectoryEndPoint

[構造 ] サービスのプライマリ ディレクトリ エンドポイントの連絡先情報が含まれています。

内容を、以下では ServiceEndPoint の構造について定義します。

kTag_ServiceEndPoint

[構造 ] Weave サービス エンドポイントを表します。

kTag_ServiceEndPointAddress_HostName

[ utf-8 string ] ホスト名またはリテラル IP アドレス

kTag_ServiceEndPointAddress_Port

[ uint, 1-63353 ] IP ポート番号。

省略可

kTag_ServiceEndPoint_Addresses

[array, length >= 1 ] サービス エンドポイントのアドレスのリスト。

各要素は、次のように ServiceEndPointAddress の構造になります。

kTag_ServiceEndPoint_Id

[ uint、8 ~ 64 ビット ] サービス エンドポイントに割り当てられたサービス エンドポイント ID(EUI-64)。

kTag_ServiceEndPoint_NodeId

[ uint、8 ~ 64 ビット ] サービスを提供するノードの Weave ノード ID。

アドレスリストと同時に指定することはできません。

Functions

EncodeServiceConfig

NL_DLL_EXPORT WEAVE_ERROR EncodeServiceConfig(
  WeaveCertificateSet & certSet,
  const char *dirHostName,
  uint16_t dirPort,
  uint8_t *outBuf,
  uint16_t & outLen
)