Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform

プラットフォームが提供する Weave アドレス指定とルーティングのルーティン。

まとめ

列挙型

TunnelAvailabilityMode{
  kMode_Primary = 1,
  kMode_PrimaryAndBackup = 2,
  kMode_BackupOnly = 3
}
列挙型
Weave トンネルの可用性の状態。

Typedef

TunnelAvailabilityMode typedef
Weave トンネルの可用性の状態。

Functions

DisableBorderRouting(void)
void
Warm を介した境界ルーティングを無効にするために Tunnel Agent が使用する TunnelAgent Platform API 実装。
EnableBorderRouting(void)
void
Warm を介した境界ルーティングを有効にするために Tunnel Agent が使用する TunnelAgent Platform API の実装。
ServiceTunnelDisconnected(InterfaceId tunIf)
void
トンネル インターフェースの切断を通知するために TunnelAgent Platform API 実装。
ServiceTunnelEstablished(InterfaceId tunIf, TunnelAvailabilityMode tunMode)
void
トンネル インターフェース接続をアナウンスするためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API 実装。
ServiceTunnelModeChange(InterfaceId tunIf, TunnelAvailabilityMode tunMode)
void
TunnelAgent による Platform API の実装。TunelAgent が Tuner の可用性の変更を通知するために使用されます。
TunnelInterfaceDown(InterfaceId tunIf)
void
トンネル インターフェースが無効であることを通知するためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API の実装。
TunnelInterfaceUp(InterfaceId tunIf)
void
トンネル インターフェースが有効であることを通知するためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API の実装。

列挙型

TunnelAvailabilityMode(トンネル可用性モード)

 TunnelAvailabilityMode

Weave トンネルの可用性の状態。

Properties
kMode_BackupOnly

バックアップ インターフェースから Weave サービス トンネルを利用できる場合のみ設定します。

kMode_Primary

プライマリ インターフェースを介して Weave サービス トンネルを使用できる場合に設定します。

kMode_PrimaryAndBackup

Weave サービス トンネルが Priary インターフェースとバックアップ インターフェースの両方で使用可能になる場合に設定します。

Typedef

TunnelAvailabilityMode(トンネル可用性モード)

enum nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode TunnelAvailabilityMode

Weave トンネルの可用性の状態。

Functions

DisableBorderRouting

void DisableBorderRouting(
  void
)

Warm を介した境界ルーティングを無効にするために Tunnel Agent が使用する TunnelAgent Platform API 実装。

プラットフォーム レベルでの境界ルーティングを無効にします。

EnableBorderRouting

void EnableBorderRouting(
  void
)

Warm を介した境界ルーティングを有効にするために Tunnel Agent が使用する TunnelAgent Platform API の実装。

プラットフォーム レベルでの境界のルーティングを有効にします。

ServiceTunnelDisconnected を使用する

void ServiceTunnelDisconnected(
  InterfaceId tunIf
)

トンネル インターフェースの切断を通知するために TunnelAgent Platform API 実装。

詳細
パラメータ
[in] tunIf
トンネル インターフェースの InterfaceId。この実装では使用されません。

ServiceTunnel 確立

void ServiceTunnelEstablished(
  InterfaceId tunIf,
  TunnelAvailabilityMode tunMode
)

トンネル インターフェース接続をアナウンスするためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API 実装。

詳細
パラメータ
[in] tunIf
トンネル インターフェースの InterfaceId。この実装では使用されません。
[in] tunMode
Warm が導入するトンネルの初期可用性モード。

ServiceTunnelModeChange

void ServiceTunnelModeChange(
  InterfaceId tunIf,
  TunnelAvailabilityMode tunMode
)

TunnelAgent による Platform API の実装。TunelAgent が Tuner の可用性の変更を通知するために使用されます。

サービス トンネル接続のアベイラビリティ状態が変更されたときに、アドレスとルート割り当てのタスクを実行する。

詳細
パラメータ
[in] tunIf
トンネル インターフェースの InterfaceId。この実装では使用されません。
[in] tunMode
Warm が採用する新しいトンネルの可用性モード。

トンネル インターフェースダウン

void TunnelInterfaceDown(
  InterfaceId tunIf
)

トンネル インターフェースが無効であることを通知するためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API の実装。

詳細
パラメータ
[in] tunIf
トンネル インターフェースの InterfaceId。この実装では使用されません。

トンネルインターフェース アップ

void TunnelInterfaceUp(
  InterfaceId tunIf
)

トンネル インターフェースが有効であることを通知するためにトンネル エージェントが使用する TunnelAgent Platform API の実装。

詳細
パラメータ
[in] tunIf
トンネル インターフェースの InterfaceId。この実装では使用されません。