Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

nl::Weave::ウォーム

この名前空間には、Weave のアドレスとルーティング モジュール(Weave の IP アドレスとルートを設定するためのポータブル モジュール)のインターフェースが含まれています。

まとめ

列挙型

ActionType{
  kActionTypeWiFiHostAddress = (1 << 0),
  kActionTypeThreadHostAddress = (1 << 1),
  kActionTypeThreadThreadAddress = (1 << 2),
  kActionTypeLegacy6LoWPANHostAddress = (1 << 3),
  kActionTypeLegacy6LoWPANThreadAddress = (1 << 4),
  kActionTypeHostRouteThread = (1 << 5),
  kActionTypeThreadAdvertisement = (1 << 6),
  kActionTypeThreadRoute = (1 << 7),
  kActionTypeTunnelHostAddress = (1 << 8),
  kActionTypeTunnelHostRoute = (1 << 9),
  kActionTypeThreadRoutePriority = (1 << 10),
  kActionTypeTunnelServiceRoute = (1 << 11),
  kActionTypeMax = (1 << 16)
}
列挙型
InitState{
  kInitStateNotInitialized = 0
}
列挙型
InterfaceState 列挙型
可能性のある Interface State 値の列挙型。
InterfaceType{
  kInterfaceTypeLegacy6LoWPAN = 0,
  kInterfaceTypeThread,
  kInterfaceTypeWiFi,
  kInterfaceTypeTunnel,
  kInterfaceTypeCellular
}
列挙型
指定可能なインターフェース タイプの列挙型。
PlatformActionExecution{
  kPlatformActionExecutionContinue = false,
  kPlatformActionExecutionSuspendForAsynchOpCompletion = true
}
列挙型
PlatformResult{
  kPlatformResultSuccess = 0,
  kPlatformResultFailure,
  kPlatformResultInProgress
}
列挙型
プラットフォーム API の戻り値の列挙型。
RoutePriority 列挙型
あるルートが別のルートより優先されるようにする、ルートの優先度の列挙型。
SystemFeatureType{
  kSystemFeatureTypeIsFabricMember = (1 << 0),
  kSystemFeatureTypeWiFiConnected = (1 << 1),
  kSystemFeatureTypeThreadConnected = (1 << 2),
  kSystemFeatureTypeThreadRoutingEnabled = (1 << 3),
  kSystemFeatureTypeBorderRoutingEnabled = (1 << 4),
  kSystemFeatureTypeTunnelInterfaceEnabled = (1 << 5),
  kSystemFeatureTypeTunnelState = (1 << 6),
  kSystemFeatureTypeCellularConnected = (1 << 7),
  kSystemFeatureTypeMax = (1 << 16)
}
列挙型

Typedef

ActionFunction)(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t &inGlobalId, const uint64_t &inInterfaceId) typedef
FlagsType typedef
uint16_t

Variables

kGlobalULAPrefixLength = 48
const uint8_t
kLegacy6LoWPANULAAddressPrefixLength = 64
const uint8_t
kThreadULAAddressPrefixLength = 64
const uint8_t
kTunnelAddressPrefixLength = 128
const uint8_t
kWiFiULAAddressPrefixLength = 64
const uint8_t
sFabricStateDelegate
sState

Functions

BorderRouterStateChange(InterfaceState inState)
void
Border ルーター機能の状態変更を通知するための WARM API の呼び出しです。
CellularInterfaceStateChange(InterfaceState inState)
void
モバイル インターフェースの状態変化を通知するための WARM API です。
FabricStateChange(InterfaceState inState)
void
Weave Fabric 機能の状態変化を通知する関数です。
GetCurrentActionState(ActionType inAction)
bool
指定したアクションの現在の状態を返す静的関数。
GetFabricState(const WeaveFabricState *& outFabricState)
init 中に Warm に提供された FabricState オブジェクトを取得する WARM API。
GetSystemFeatureState(SystemFeatureType inSystemFeature)
bool
システム機能の現在のステータスを取得する静的関数。
GetULA(InterfaceType inInterfaceType, Inet::IPAddress & outAddress)
指定したインターフェース タイプの ULA を取得する WARM API。
Init(WeaveFabricState & inFabricState)
1 回限りのモジュールの初期化を行うための WARM API
InvokeActions(void)
void
さまざまなプラットフォーム API のアクションを実行するために専用のタスクによって呼び出される WARM API。
LegacyHostAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
LegacyThreadAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
MakePrefix(const uint64_t & inGlobalID, const uint16_t subnetId, const uint8_t inPrefixLen, Inet::IPPrefix & outPrefix)
void
globalID から 48 ビット接頭辞を作成するためのユーティリティ。
MapAvailabilityToPriority(Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability)
TunnelAvailability から RoutePriority へのマッピングを返す静的関数。
RecordPlatformResult(PlatformResult inResult, ActionType inAction, bool inActionState)
プラットフォーム API アクションの呼び出し結果を記録する静的関数。
ReportActionComplete(PlatformResult inResult)
void
前回の非同期プラットフォーム API 呼び出しの完了を通知するための WARM API の呼び出しです。
SetCurrentActionState(ActionType inAction, bool inValue)
void
指定した操作の現在の状態を設定する静的関数。
SetSystemFeatureState(SystemFeatureType inSystemFeature, bool inValue)
bool
システム機能の現在の状態を設定する静的関数。
ShouldPerformAction(ActionType inAction, FlagsType inNecessarySystemFeatureState, bool & outActivate)
bool
指定したアクションを実行するかどうかを決定する静的関数。
SystemFeatureStateChangeHandler(SystemFeatureType inSystemFeatureType, bool inState)
void
システム機能の状態を設定し、イベントの状態が変更されたことをプラットフォームに通知する静的関数。
TakeActions(void)
void
各アクションの状態をテストし、必要に応じてアクションの状態を変更するプラットフォーム API 呼び出しを行う静的関数。
ThreadAdvertisementAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
ThreadHostAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
ThreadHostRouteAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
ThreadInterfaceStateChange(InterfaceState inState)
void
Thread インターフェースの状態変化を通知するための WARM API です。
ThreadRoutePriorityAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
ThreadRoutingStateChange(InterfaceState inState)
void
スレッド ルーティング機能の状態変更を通知するための WARM API。
ThreadThreadAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
ThreadThreadRouteAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
TunnelHostAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
TunnelHostRouteAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
TunnelInterfaceStateChange(InterfaceState inState)
void
Weave Tunnel インターフェースの状態変更を通知するための WARM API。
TunnelPriorityStateChange(nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability)
void
トンネル サービスの優先度を更新するために呼び出される WARM API。
TunnelServiceStateChange(InterfaceState inState, nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability)
void
Weave Tunnel インターフェースの状態変更を通知するための WARM API。
WiFiHostAddressAction(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t & inGlobalId, const uint64_t & inInterfaceId)
Action メソッドの 1 つ。
WiFiInterfaceStateChange(InterfaceState inState)
void
Wi-Fi インターフェースの状態変更を通知するための WARM API の呼び出しです。

クラス

nl::Weave::Warm::WarmFabricStateDelegate

これは WalCore の内部クラスです。

構造体

nl::Weave::Warm::ActionEntry
nl::Weave::Warm::ModuleState

Namespace

nl::Weave::Warm::Platform

列挙型

ActionType

 ActionType
Properties
kActionTypeHostRouteThread

追加 | ホストの IP スタックの Thread Interface の IP ルートを削除します。

kActionTypeLegacy6LoWPANHostAddress

追加 | ホストの IP スタックにある従来の 6LowPAN インターフェースの IP アドレスを削除します。

kActionTypeLegacy6LoWPANThreadAddress

追加 | スレッド モジュールの IP スタックにある従来の 6LowPAN インターフェースの IP アドレスを削除します。

kActionTypeMax

超過しないでください。使用可能な最大ビットをマークするために予約されています。

kActionTypeThreadAdvertisement

開始 | スレッド モジュールによるルート アドバタイズメントを停止します。

kActionTypeThreadHostAddress

追加 | ホストの IP スタックの Thread Interface の IP アドレスを削除します。

kActionTypeThreadRoute

追加 | 境界ルートをサポートするためのスレッド モジュールの IP ルートを削除します。

kActionTypeThreadRoutePriority

スレッド モジュール内のスレッドルートのルート優先度を変更する。

kActionTypeThreadThreadAddress

追加 | スレッド モジュールの IP スタックのスレッド インターフェースの IP アドレスを削除します。

kActionTypeTunnelHostAddress

追加 | ホストの IP スタック上のトンネル インターフェースの IP アドレスを削除します。

kActionTypeTunnelHostRoute

追加 | ホストの IP スタック上のトンネル インターフェースの IP ルートを削除します。

kActionTypeTunnelServiceRoute

追加 | ホストの IP スタック上の Service サブネットの 64 ビット IP ルートを削除します。

kActionTypeWiFiHostAddress

追加 | ホストの IP スタックで Wi-Fi インターフェースの IP アドレスを削除します。

init

 InitState
Properties
kInitStateNotInitialized

mInitState' の初期値が kInitStateNotInitialized になるように、0 にする必要があります。

インターフェース状態

 InterfaceState

可能性のある Interface State 値の列挙型。

インターフェース タイプ

 InterfaceType

指定可能なインターフェース タイプの列挙型。

Properties
kInterfaceTypeCellular

モバイル インターフェース

kInterfaceTypeLegacy6LoWPAN

スレッド アラーム インターフェース

kInterfaceTypeThread

スレッド インターフェース。

kInterfaceTypeTunnel

トンネル インターフェース。

kInterfaceTypeWiFi

Wi-Fi インターフェース

プラットフォーム アクション実行

 PlatformActionExecution
Properties
kPlatformActionExecutionContinue

アクションの実行を続行します。

kPlatformActionExecutionSuspendForAsynchOpCompletion

非同期操作が完了するまでの操作の実行を停止します。

PlatformResult

 PlatformResult

プラットフォーム API の戻り値の列挙型。

Properties
kPlatformResultFailure

API の実行に失敗しました。

kPlatformResultInProgress

オペレーションは進行中で、非同期に完了します。

kPlatformResultSuccess

API が正常に完了しました。

ルートの優先度

 RoutePriority

あるルートが別のルートより優先されるようにする、ルートの優先度の列挙型。

システム機能タイプ

 SystemFeatureType
Properties
kSystemFeatureTypeBorderRoutingEnabled

システムの境界ルーティング機能は IS | が有効になっていません。

kSystemFeatureTypeCellularConnected

システムのモバイル インターフェースは次のとおりです | が接続されていません。

kSystemFeatureTypeIsFabricMember

システムの Weave モジュールは | ファブリックのメンバーではありません。

kSystemFeatureTypeMax

超過しないでください。使用可能な最大ビットをマークするために予約されています。

kSystemFeatureTypeThreadConnected

システムのスレッド インターフェースは | が接続されていません。

kSystemFeatureTypeThreadRoutingEnabled

システムのスレッド ルーティング機能は「|」が有効になっていません。

kSystemFeatureTypeTunnelInterfaceEnabled

システムのトンネル インターフェースが「|」は有効になっていません。

kSystemFeatureTypeTunnelState

システムのトンネル サービスは | が確立されていません。

kSystemFeatureTypeWiFiConnected

システムの Wi-Fi インターフェースが | 接続されていません。

Typedef

アクション関数

PlatformResult(* ActionFunction)(ActionType inAction, bool inActivate, const uint64_t &inGlobalId, const uint64_t &inInterfaceId)

フラグの種類

uint16_t FlagsType

Variables

グローバル プレフィックス プレフィックスの長さ

const uint8_t kGlobalULAPrefixLength = 48

kLegacy6LoWPANULAAddressPrefixLength

const uint8_t kLegacy6LoWPANULAAddressPrefixLength = 64

kThreadULAAddressPrefixLength

const uint8_t kThreadULAAddressPrefixLength = 64

kTunnelAddressPrefixLength

const uint8_t kTunnelAddressPrefixLength = 128

kWiFiULAAddressPrefixLength

const uint8_t kWiFiULAAddressPrefixLength = 64

sFabricStateDelegate

WarmFabricStateDelegate sFabricStateDelegate

状態

ModuleState sState

Functions

BorderRouterStateChange

void BorderRouterStateChange(
  InterfaceState inState
)

Border ルーター機能の状態変更を通知するための WARM API の呼び出しです。

詳細
パラメータ
[in] inState
境界線ルーター機能が稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

CellularInterfaceStateChange

void CellularInterfaceStateChange(
  InterfaceState inState
)

モバイル インターフェースの状態変化を通知するための WARM API です。

詳細
パラメータ
[in] inState
モバイル インターフェースが稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

FabricState の変更

void FabricStateChange(
  InterfaceState inState
)

Weave Fabric 機能の状態変化を通知する関数です。

詳細
パラメータ
[in] inState
システムが Weave ファブリックのメンバーである場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

GetCurrentActionState

bool GetCurrentActionState(
  ActionType inAction
)

指定したアクションの現在の状態を返す静的関数。

詳細
パラメータ
[in] inAction
クエリを実行するアクション タイプ。
戻り値
アクションが Set の場合は true、それ以外の場合は false。

GetFabricState

WEAVE_ERROR GetFabricState(
  const WeaveFabricState *& outFabricState
)

init 中に Warm に提供された FabricState オブジェクトを取得する WARM API。

詳細
パラメータ
[out] outFabricState
fabricState オブジェクトへのポインタ参照。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
WEAVE_ERROR_INCORRECT_STATE
WARM が初期化される前にこの API が呼び出された場合。

GetSystemFeatureState

bool GetSystemFeatureState(
  SystemFeatureType inSystemFeature
)

システム機能の現在のステータスを取得する静的関数。

詳細
パラメータ
[in] inSystemFeature
クエリを実行するシステム機能。
戻り値
システム機能が有効な場合は true、それ以外の場合は false。

ゲトゥラ

WEAVE_ERROR GetULA(
  InterfaceType inInterfaceType,
  Inet::IPAddress & outAddress
)

指定したインターフェース タイプの ULA を取得する WARM API。

詳細
パラメータ
[in] inInterfaceType
ULA が必要なインターフェースのタイプ。
[out] outAddress
結果の ULA を保持するために使用されるアドレス オブジェクト。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
WEAVE_ERROR_INCORRECT_STATE
WARM が Fabric のメンバーでないときに、この API が呼び出された場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
無効なインターフェース タイプで API が呼び出された場合。

init

WEAVE_ERROR Init(
  WeaveFabricState & inFabricState
)

1 回限りのモジュールの初期化を行うための WARM API

詳細
パラメータ
[in] inFabricState
有効な WeaveFabricState への参照。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
初期化が成功したとき。
WEAVE_ERROR_INCORRECT_STATE
init が複数回呼び出される場合。
other
それ以外の場合はエラーコード
戻り値
成功した場合は WEAVE_NO_ERROR、それ以外の場合はエラーコード。

InvokeAction

void InvokeActions(
  void
)

さまざまなプラットフォーム API のアクションを実行するために専用のタスクによって呼び出される WARM API。

これは、現在のシステム状態を満たすアクションを実施するためのエントリ ポイントを表します。たとえば、スレッド スタックが無効から有効に移行した場合、この関数はスレッド ホスト アドレスの割り当てなどに必要なプラットフォーム呼び出しを行います。この関数は、RequestInvokeActions に対する Warm 呼び出しに応答して、プラットフォーム コードのみによって呼び出す必要があります。InvokeActions を呼び出すと、nl::Warm::Platform API が 1 回以上呼び出されます。したがって、デベロッパーは RequestInvokeActions と InvokeActions() の呼び出し元を適切に実装する必要があります。RequestInvokeActions は、InvokeActions() などを呼び出すタスクをタスクに投稿するのが適切な場合もあります。逆に、システムがシングル スレッドの場合は、RequestInvokeActions を実装して InvokeActions() を直接呼び出すことができます。

以前の HostAddressAction

PlatformResult LegacyHostAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

レガシー インターフェースのホストアドレスを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostAddress() から結果を転送します。

以前の ThreadAddressAction

PlatformResult LegacyThreadAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

レガシー 6LoWPAN インターフェースのスレッド アドレスを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::ThreadAddress() から結果を転送します。

MakePrefix

void MakePrefix(
  const uint64_t & inGlobalID,
  const uint16_t subnetId,
  const uint8_t inPrefixLen,
  Inet::IPPrefix & outPrefix
)

globalID から 48 ビット接頭辞を作成するためのユーティリティ。

詳細
パラメータ
[in] inGlobalID
Weave グローバル ID への参照。
[out] outPrefix
初期化する接頭辞。

MapAvailabilityToPriority

RoutePriority MapAvailabilityToPriority(
  Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability
)

TunnelAvailability から RoutePriority へのマッピングを返す静的関数。

詳細
パラメータ
[in] inAvailability
Weave トンネルの可用性モード。
戻り値
優先度のマッピング値。

RecordPlatformResult

PlatformActionExecution RecordPlatformResult(
  PlatformResult inResult,
  ActionType inAction,
  bool inActionState
)

プラットフォーム API アクションの呼び出し結果を記録する静的関数。

このモジュールは、プラットフォーム固有の API を介してアクションを実行するようリクエストします。API は、そのアクション リクエストの kPlatformResultSuccess|kPlatformResultFailure|kPlatformResultInProgress の結果を報告するために必要です。この関数は結果を記録します。結果が進行中で、その後のアクションを遅らせる必要がある場合は、true を返します。

詳細
パラメータ
[in] inResult
プラットフォーム API の結果。
[in] inAction
プラットフォーム API が試みたアクション。
[in] inActionState
結果が成功の場合の、アクションの新しい状態。
戻り値
true の場合、プラットフォーム API は非同期でリクエストを処理します。それ以外の場合は false。

ReportActionComplete

void ReportActionComplete(
  PlatformResult inResult
)

前回の非同期プラットフォーム API 呼び出しの完了を通知するための WARM API の呼び出しです。

プラットフォーム アクション API は非同期オペレーションを実行する必要があると想定されています。true の場合、Platform API は kPlatformResultInProgress を返します。この場合、システムが ReportActionComplete を呼び出してオペレーションの完了を通知するまで、新しい住所とルーティング アクションは一時停止されます。

詳細
パラメータ
[in] inResult
保留中のアクションの結果。次のいずれかが表示されます。{kPlatformResultSuccess | kPlatformResultFailure}

SetCurrentActionState

void SetCurrentActionState(
  ActionType inAction,
  bool inValue
)

指定した操作の現在の状態を設定する静的関数。

詳細
パラメータ
[in] inAction
変更するアクション タイプ。
[in] inValue
採用する新しい State 値。

SetSystemFeatureState

bool SetSystemFeatureState(
  SystemFeatureType inSystemFeature,
  bool inValue
)

システム機能の現在の状態を設定する静的関数。

詳細
パラメータ
[in] inSystemFeature
設定する SystemFeature。
[in] inValue
採用する新しい State 値。
戻り値
システム機能が変更された場合は true、それ以外の場合は false。

実施するアクション

bool ShouldPerformAction(
  ActionType inAction,
  FlagsType inNecessarySystemFeatureState,
  bool & outActivate
)

指定したアクションを実行するかどうかを決定する静的関数。

この関数は、システム機能の状態フラグの条件を調べ、指定されたアクションを有効にするか無効にするかを決定します。次に、関数は現在のアクションの状態を検査します。アクションがシステム機能の状態によって要求される値に設定されていない場合、この関数は true を outActivate の望ましいアクション状態とともに返します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
クエリ対象のアクション。
[in] inNecessarySystemFeatureState
アクションを有効にするために必要な状態フラグ。
[out] outActivate
アクションの望ましい状態。
戻り値
アクションが現在望ましい状態でない場合は true、それ以外の場合は false。

SystemFeatureStateChangeHandler

void SystemFeatureStateChangeHandler(
  SystemFeatureType inSystemFeatureType,
  bool inState
)

システム機能の状態を設定し、イベントの状態が変更されたことをプラットフォームに通知する静的関数。

EventStateChange API によって呼び出され、必要なリアクション操作を実行します。

詳細
パラメータ
[in] inSystemFeatureType
呼び出された API に対応して変更された状態。
[in] inState
状態の新しい値。

実施

void TakeActions(
  void
)

各アクションの状態をテストし、必要に応じてアクションの状態を変更するプラットフォーム API 呼び出しを行う静的関数。

この関数は、ActionPerformAction() を使用して、アクションの状態を変更または実行する必要があるかどうかを判断します。PerformPerformAction() が true の場合、関数は適切なアクション API を呼び出してアクションを実行して目的の状態にします。アクション API 呼び出しの結果が RecordPlatformResult() に渡され、この関数が true を返すと、この関数の実行は終了します。

ThreadAdvertisementAction

PlatformResult ThreadAdvertisementAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

スレッド アドバタイズの状態を設定する

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::ThreadAdvertisement() から結果を転送します。

ThreadHostAddressAction

PlatformResult ThreadHostAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

スレッド インターフェースのホストアドレスを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostAddress() から結果を転送します。

ThreadHostRoute アクション

PlatformResult ThreadHostRouteAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

スレッド インターフェースのホストルートを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostRoute() からの結果を転送する。

ThreadInterfaceStateChange

void ThreadInterfaceStateChange(
  InterfaceState inState
)

Thread インターフェースの状態変化を通知するための WARM API です。

詳細
パラメータ
[in] inState
スレッド インターフェースが稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

ThreadRoutePriorityAction

PlatformResult ThreadRoutePriorityAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

トンネルの可用性に基づいてスレッドルートの優先度を設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::ThreadRoutePriority() からの結果を転送する。

ThreadRoutingStateChange

void ThreadRoutingStateChange(
  InterfaceState inState
)

スレッド ルーティング機能の状態変更を通知するための WARM API。

詳細
パラメータ
[in] inState
スレッド ルーティング機能が稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

ThreadThreadAddressAction

PlatformResult ThreadThreadAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

スレッド インターフェースのスレッド アドレスを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::ThreadAddress() から結果を転送します。

ThreadThreadRouteAction

PlatformResult ThreadThreadRouteAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

スレッド スタックのスレッドルートを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::ThreadRoute() からの結果を転送する

TunnelHostAddressAction(トンネルホスト アドレス操作)

PlatformResult TunnelHostAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

トンネル インターフェースの HostAddress を設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostAddress() から結果を転送します。

TunnelHostRouteAction(トンネル ホストルート アクション)

PlatformResult TunnelHostRouteAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

トンネル インターフェースの HostRoute を設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostRoute() からの結果を転送する。

TunnelInterfaceStateChange(トンネル インターフェースの状態変更)

void TunnelInterfaceStateChange(
  InterfaceState inState
)

Weave Tunnel インターフェースの状態変更を通知するための WARM API。

詳細
パラメータ
[in] inState
Weave Tunnel インターフェースが稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。

TunnelPriorityStateChange

void TunnelPriorityStateChange(
  nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability
)

トンネル サービスの優先度を更新するために呼び出される WARM API。

詳細
パラメータ
[in] inAvailability
トンネルの可用性のステータスの新しい値。

TunnelServiceStateChange(トンネル サービス状態の変更)

void TunnelServiceStateChange(
  InterfaceState inState,
  nl::Weave::Profiles::WeaveTunnel::Platform::TunnelAvailabilityMode inAvailability
)

Weave Tunnel インターフェースの状態変更を通知するための WARM API。

詳細
パラメータ
[in] inState
Weave Tunnel Service が確立されている場合は kInterfaceStateUp、そうでない場合は kInterfaceStateDown です。
[in] inAvailability
後でトンネルを構成するために使用する可用性ステータス。

Wi-Fi ホストアドレス アクション

PlatformResult WiFiHostAddressAction(
  ActionType inAction,
  bool inActivate,
  const uint64_t & inGlobalId,
  const uint64_t & inInterfaceId
)

Action メソッドの 1 つ。

Wi-Fi インターフェースのホストアドレスを設定します。

詳細
パラメータ
[in] inAction
アクション タイプ。
[in] inActivate
望ましい状態 true == activate、false == Deactivate。
[in] inGlobalId
住所の計算に Weave Global ID への参照。
[in] inInterfaceId
住所の計算にデバイスのインターフェース ID を参照する必要がある場合。
戻り値
Platform::HostAddress() から結果を転送します。

WiFiInterfaceState の変更

void WiFiInterfaceStateChange(
  InterfaceState inState
)

Wi-Fi インターフェースの状態変更を通知するための WARM API の呼び出しです。

詳細
パラメータ
[in] inState
Wi-Fi インターフェースが稼働している場合は kInterfaceStateUp、それ以外の場合は kInterfaceStateDown。