Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::プロファイル:: DataManagement_Current :: TraitPathStore

概要

コンストラクタとデストラクタ

TraitPathStore ()
空のコンストラクタ。

パブリックタイプ

@153 {
kFlag_Failed = 0x2
}
列挙型
Flags typedef
uint8_t

パブリック属性

mStore

公の行事

AddItem (const TraitPath & aItem)
追加TraitPathを店に。
AddItem (const TraitPath & aItem, Flags aFlags)
追加TraitPathのフラグの特定のセットで店に。
AddItemDedup (const TraitPath & aItem, const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine)
AreFlagsSet (size_t aIndex, Flags aFlags) const
bool
Clear ()
void
ストアを空にします。
Compact ()
void
ストアを圧縮して、使用中のすべてのアイテムを配列の先頭に向かって下に移動します。
GetFirstValidItem () const
size_t
GetFirstValidItem (TraitDataHandle aTraitDataHandle) const
size_t
GetItemAt (size_t aIndex, TraitPath & aTraitPath)
void
GetNextValidItem (size_t i) const
size_t
GetNextValidItem (size_t i, TraitDataHandle aTraitDataHandle) const
size_t
GetNumItems ()
size_t
GetPathStoreSize ()
size_t
Includes (const TraitPath & aItem, const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine) const
bool
ストア内TraitPathsのいずれかが与えられた含まれている場合はチェックしTraitPathを
Init ( Record *aRecordArray, size_t aNumItems)
void
INITS TraitPathStore
InsertItemAfter (size_t aIndex, const TraitPath & aItem, Flags aFlags)
InsertItemAt (size_t aIndex, const TraitPath & aItem, Flags aFlags)
追加TraitPathを指定されたインデックスでそれを挿入し、記憶します。
Intersects (const TraitPath & aItem, const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine) const
bool
ストア内TraitPathsのいずれかが与えられた交差するかどうかをチェックしTraitPathを
IsEmpty ()
bool
IsFull ()
bool
IsItemFailed (size_t aIndex) const
bool
IsItemInUse (size_t aIndex) const
bool
IsItemValid (size_t aIndex) const
bool
IsPresent (const TraitPath & aItem) const
bool
かどうかをチェック与えられた場合TraitPathがストアにすでにあります。
IsTraitPresent (TraitDataHandle aDataHandle) const
bool
RemoveItem (const TraitPath & aItem)
void
RemoveItemAt (size_t aIndex)
void
RemoveTrait (TraitDataHandle aDataHandle)
void
特定のTraitDataHandleを参照するすべてのTraitPathを削除します。
SetFailed (size_t aIndex)
void
SetFailed ()
void
すべてのTraitPathを失敗としてマークします。
SetFailedTrait (TraitDataHandle aDataHandle)
void
指定されたTraitDataHandleを参照するすべてのTraitPathを失敗としてマークします。

構造体

NL ::織り::プロファイル:: DataManagement_Current :: TraitPathStore ::録音

パブリックタイプ

@ 153

 nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::@153
プロパティ
kFlag_Failed

アイテムは使用中ですが、もう有効ではありません。

フラグ

uint8_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Flags

パブリック属性

mStore

Record * nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::mStore

公の行事

PASSWORD

WEAVE_ERROR nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::AddItem(
  const TraitPath & aItem
)

追加TraitPathを店に。

詳細
パラメーター
[in] aItem
TraitPathが格納されます
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功した場合。
WEAVE_ERROR_WDM_PATH_STORE_FULL
ストアがいっぱいの場合。

PASSWORD

WEAVE_ERROR nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::AddItem(
  const TraitPath & aItem,
  Flags aFlags
)

追加TraitPathのフラグの特定のセットで店に。

詳細
パラメーター
[in] aItem
TraitPathが格納されます
[in] aFlags
追加されるアイテムに対してtrueに設定されるフラグ
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功した場合。
WEAVE_ERROR_WDM_PATH_STORE_FULL
ストアがいっぱいの場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
aFlagsに予約済みフラグが含まれている場合

PASSWORDDedup

WEAVE_ERROR nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::AddItemDedup(
  const TraitPath & aItem,
  const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine
)

AreFlagsSet

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::AreFlagsSet(
  size_t aIndex,
  Flags aFlags
) const 

晴れ

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Clear()

ストアを空にします。

コンパクト

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Compact()

ストアを圧縮して、使用中のすべてのアイテムを配列の先頭に向かって下に移動します。

これは使用することが有用であるTraitPathStoreを編集することができるリストを実装する(進行中のパスのリスト等により維持SubscriptionClient )。

GetFirstValidItem

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetFirstValidItem() const 

GetFirstValidItem

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetFirstValidItem(
  TraitDataHandle aTraitDataHandle
) const 

GetItemAt

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetItemAt(
  size_t aIndex,
  TraitPath & aTraitPath
)

GetNextValidItem

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetNextValidItem(
  size_t i
) const 

GetNextValidItem

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetNextValidItem(
  size_t i,
  TraitDataHandle aTraitDataHandle
) const 

GetNumItems

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetNumItems()

詳細
戻り値
ストア内のTraitPathの数を返します。

GetPathStoreSize

size_t nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::GetPathStoreSize()

詳細
戻り値
ストアの容量を返します。

含まれています

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Includes(
  const TraitPath & aItem,
  const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine
) const 

ストア内TraitPathsのいずれかが与えられた含まれている場合はチェックしTraitPathを

TraitPath Aは、 TraitPathいずれかの場合はBを:

  • 2つのTraitPathは同じです。
  • AはBの祖先です。

詳細
パラメーター
[in] aTraitPath
TraitPathストアと照合します。
[in] aSchemaEngine
ポインタTraitSchemaEngine形質インスタンスaTraitPathために指します。
戻り値
trueの場合TraitPathは、既にストア内のパスに含まれています。

初期化

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Init(
  Record *aRecordArray,
  size_t aNumItems
)

INITS TraitPathStore

詳細
パラメーター
[in] aRecordArray
パスとフラグを格納するために使用されるレコードの配列へのポインター。
[in] aArrayLength
アイテム数で表したストレージ配列の長さ。

InsertItemAfter

WEAVE_ERROR nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::InsertItemAfter(
  size_t aIndex,
  const TraitPath & aItem,
  Flags aFlags
)

InsertItemAt

WEAVE_ERROR nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::InsertItemAt(
  size_t aIndex,
  const TraitPath & aItem,
  Flags aFlags
)

追加TraitPathを指定されたインデックスでそれを挿入し、記憶します。

ストアにギャップがないと想定します。

詳細
パラメーター
[in] aIndex
挿入する位置のインデックスTraitPathを。挿入は店をコンパクトに保つ​​必要があります。
[in] aFlags
追加するアイテムに対してtrueに設定されるフラグ。
戻り値
WEAVE_ERROR_INCORRECT_STATE
ストアにギャップがある場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
追加する場合はTraitPathをのaindexでは、ストアはコンパクトではないになるだろう。
WEAVE_ERROR_WDM_PATH_STORE_FULL
ストアがいっぱいの場合。
WEAVE_NO_ERROR
成功した場合。

交差する

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::Intersects(
  const TraitPath & aItem,
  const TraitSchemaEngine *const aSchemaEngine
) const 

ストア内TraitPathsのいずれかが与えられた交差するかどうかをチェックしTraitPathを

次のいずれかに該当する場合、2つのTraitPathが互いに交差します。

  • 2つのTraitPathは同じです。
  • 2 TraitPathsの一つは、他の祖先であるTraitPath

詳細
パラメーター
[in] aTraitPath
TraitPathストアと照合します。
[in] aSchemaEngine
ポインタTraitSchemaEngine形質インスタンスaTraitPathために指します。
戻り値
ストアが与えられた交差する場合はtrue TraitPathを。それ以外の場合はfalse。

IsEmpty

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsEmpty()

詳細
戻り値
ストアが空の場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalse。

一杯

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsFull()

詳細
戻り値
ストアがいっぱいの場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalse。

IsItemFailed

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsItemFailed(
  size_t aIndex
) const 

IsItemInUse

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsItemInUse(
  size_t aIndex
) const 

IsItemValid

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsItemValid(
  size_t aIndex
) const 

IsPresent

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsPresent(
  const TraitPath & aItem
) const 

かどうかをチェック与えられた場合TraitPathがストアにすでにあります。

詳細
パラメーター
[in] aItem
TraitPathを探すために。
戻り値
ストアにaItemが含まれている場合はtrueを返します。

IsTraitPresent

bool nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::IsTraitPresent(
  TraitDataHandle aDataHandle
) const 

詳細
パラメーター
[in] aDataHandle
探すTraitDataHandle。
戻り値
指定されたTraitDataHandleを参照する1つ以上のパスがストアに含まれている場合、trueを返します

RemoveItem

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::RemoveItem(
  const TraitPath & aItem
)

RemoveItemAt

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::RemoveItemAt(
  size_t aIndex
)

RemoveTrait

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::RemoveTrait(
  TraitDataHandle aDataHandle
)

特定のTraitDataHandleを参照するすべてのTraitPathを削除します。

詳細
パラメーター
[in] aDataHandle
TraitDataHandle

SetFailed

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::SetFailed(
  size_t aIndex
)

SetFailed

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::SetFailed()

すべてのTraitPathを失敗としてマークします。

SetFailedTrait

void nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::SetFailedTrait(
  TraitDataHandle aDataHandle
)

指定されたTraitDataHandleを参照するすべてのTraitPathを失敗としてマークします。

詳細
パラメーター
aDataHandle
探すTraitDataHandle。

TraitPathStore

 nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitPathStore::TraitPathStore()

空のコンストラクタ。