Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitDataSource

これは抽象クラスです。

まとめ

継承

継承元: nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitSchemaEngine::IGetDataDelegate
直接的な既知のサブクラス: nl::Weave::DeviceLayer::Internal::DeviceIdentityTraitDataSource

コンストラクタとデストラクタ

TraitDataSource(const TraitSchemaEngine *aEngine)
~TraitDataSource()

パブリック タイプ

EventType 列挙型

パブリック属性

mRootIsDirty
bool

プロテクト属性

mManagedVersion
bool
mSchemaEngine

パブリック関数

ClearRootDirty(void)
void
GetSchemaEngine(void) const
GetVersion(void)
uint64_t
IsRootDirty(void) const
bool
Lock(void)
OnCustomCommand(Command *aCommand, const nl::Weave::WeaveMessageInfo *aMsgInfo, nl::Weave::PacketBuffer *aPayload, const uint64_t & aCommandType, const bool aIsExpiryTimeValid, const int64_t & aExpiryTimeMicroSecond, const bool aIsMustBeVersionValid, const uint64_t & aMustBeVersion, nl::Weave::TLV::TLVReader & aArgumentReader)
virtual void
カスタム コマンドのハンドラ。
OnCustomCommand(Command *aCommand, const nl::Weave::WeaveMessageInfo *aMsgInfo, nl::Weave::PacketBuffer *aPayload, nl::Weave::TLV::TLVReader & aArgumentReader)
virtual void
カスタム コマンドのハンドラ。
OnEvent(uint16_t aType, void *aInEventParam)
virtual WEAVE_ERROR
ReadData(PropertyPathHandle aHandle, uint64_t aTagToWrite, TLV::TLVWriter & aWriter)
SetDirty(PropertyPathHandle aPropertyHandle)
void
SetRootDirty(void)
void
SetVersion(uint64_t version)
void
Unlock(void)

プロテクト関数

GetData(PropertyPathHandle aHandle, uint64_t aTagToWrite, nl::Weave::TLV::TLVWriter & aWriter, bool & aIsNull, bool & aIsPresent) __OVERRIDE
virtual WEAVE_ERROR
ノードへのパスハンドル、TLV ライター、null かどうかを示すブール値を指定して、通知を構築するトレイトのソースからデータを取得します。
GetLeafData(PropertyPathHandle aLeafHandle, uint64_t aTagToWrite, nl::Weave::TLV::TLVWriter & aWriter) __OVERRIDE=0
virtual WEAVE_ERROR
リーフノードへのパスハンドルと TLV ライターを指定して、呼び出し先からデータを取得します。
IncrementVersion(void)
void

パブリック タイプ

イベントタイプ

 EventType

パブリック属性

mRootIsDirty

bool mRootIsDirty

プロテクト属性

mManagedVersion

bool mManagedVersion

mSchemaEngine

const TraitSchemaEngine * mSchemaEngine

パブリック関数

ClearRootDirty

void ClearRootDirty(
  void
)

GetSchemaEngine

const TraitSchemaEngine * GetSchemaEngine(
  void
) const 

GetVersion

uint64_t GetVersion(
  void
)

IsRootDirty

bool IsRootDirty(
  void
) const 

ロック

WEAVE_ERROR Lock(
  void
)

OnCustomCommand

virtual void OnCustomCommand(
  Command *aCommand,
  const nl::Weave::WeaveMessageInfo *aMsgInfo,
  nl::Weave::PacketBuffer *aPayload,
  const uint64_t & aCommandType,
  const bool aIsExpiryTimeValid,
  const int64_t & aExpiryTimeMicroSecond,
  const bool aIsMustBeVersionValid,
  const uint64_t & aMustBeVersion,
  nl::Weave::TLV::TLVReader & aArgumentReader
)

カスタム コマンドのハンドラ。

これは仮想的な方法です。オーバーライドしなかった場合は、デフォルトの動作として、ステータス コード Common::kStatus_UnsupportedMessage を含むステータス レポートが返されます。

OnCustomCommand

virtual void OnCustomCommand(
  Command *aCommand,
  const nl::Weave::WeaveMessageInfo *aMsgInfo,
  nl::Weave::PacketBuffer *aPayload,
  nl::Weave::TLV::TLVReader & aArgumentReader
)

カスタム コマンドのハンドラ。

これは仮想的な方法です。オーバーライドしなかった場合は、デフォルトの動作として、ステータス コード Common::kStatus_UnsupportedMessage を含むステータス レポートが返されます。

オンイベント

virtual WEAVE_ERROR OnEvent(
  uint16_t aType,
  void *aInEventParam
)

読み取りデータ

WEAVE_ERROR ReadData(
  PropertyPathHandle aHandle,
  uint64_t aTagToWrite,
  TLV::TLVWriter & aWriter
)

SetDirty

void SetDirty(
  PropertyPathHandle aPropertyHandle
)

SetRootDirty

void SetRootDirty(
  void
)

SetVersion

void SetVersion(
  uint64_t version
)

TraitDataSource

 TraitDataSource(
  const TraitSchemaEngine *aEngine
)

ロック解除

WEAVE_ERROR Unlock(
  void
)

~TraitDataSource

virtual  ~TraitDataSource()

プロテクト関数

GetData

virtual WEAVE_ERROR GetData(
  PropertyPathHandle aHandle,
  uint64_t aTagToWrite,
  nl::Weave::TLV::TLVWriter & aWriter,
  bool & aIsNull,
  bool & aIsPresent
) __OVERRIDE

ノードへのパスハンドル、TLV ライター、null かどうかを示すブール値を指定して、通知を構築するトレイトのソースからデータを取得します。

パスハンドルがリーフノードでない場合、TDM はライターへの値の書き込みを処理します(コンテナを開く、構造体を無効にするなど)。リーフ以外のノードが null であるか、存在しない場合、TDM は子の GetData を呼び出しません。

この関数は、null 値許容、オプション、エフェメラル、リーフのハンドルに対してのみ呼び出されます。これらのオプションが有効になっているハンドルを持つトレイトでは、aIsNull と aIsPresent を入力するための適切なロジックが実装されます。

詳細
パラメータ
[in] aHandle
問題の PropertyPathHandle
[in] aTagToWrite
aHandle に書き込むタグ。
[in,out] aWriter
TLV 要素を書き込むライター。
[out] aIsNull
aHandle は無効ですか?できる場合、TDM は null 要素を書き込みます。aHandle がリーフでない場合、TDM は子をスキップします。
[out] aIsPresent
aHandle は存在していますか?いいえで、aHandle がリーフでない場合、TDM はパスとその子をスキップします。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
other
データを取得してライターに書き込むことができませんでした。

GetLeafData

virtual WEAVE_ERROR GetLeafData(
  PropertyPathHandle aLeafHandle,
  uint64_t aTagToWrite,
  nl::Weave::TLV::TLVWriter & aWriter
) __OVERRIDE=0

リーフノードへのパスハンドルと TLV ライターを指定して、呼び出し先からデータを取得します。

詳細
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功
other
データを取得してライターに書き込むことができませんでした。

IncrementVersion

void IncrementVersion(
  void
)