Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::ReferencedString

#include <src/lib/profiles/common/WeaveMessage.h>

Weave での文字列の処理方法は次のとおりです。

まとめ

このクラスには、8 ビットと 16 ビットのバリアントがあります。

継承

継承元: nl::Weave::Profiles::RetainedPacketBuffer

コンストラクタとデストラクタ

ReferencedString(void)
参照される文字列用の引数のないコンストラクタ。

パブリック属性

isShort
bool
theLength
uint16_t
theString
char *

パブリック関数

init(uint16_t aLength, char *aString, System::PacketBuffer *aBuffer)
init(uint16_t aLength, char *aString)
init(uint8_t aLength, char *aString, System::PacketBuffer *aBuffer)
init(uint8_t aLength, char *aString)
operator==(const ReferencedString &) const
bool
pack(MessageIterator &)
printString(void)
char *

公開静的関数

parse(MessageIterator &, ReferencedString &)

パブリック属性

isShort

bool isShort

長さ

uint16_t theLength

文字列

char * theString

パブリック関数

参照文字列

 ReferencedString(
  void
)

参照される文字列用の引数のないコンストラクタ。

init

WEAVE_ERROR init(
  uint16_t aLength,
  char *aString,
  System::PacketBuffer *aBuffer
)

init

WEAVE_ERROR init(
  uint16_t aLength,
  char *aString
)

init

WEAVE_ERROR init(
  uint8_t aLength,
  char *aString,
  System::PacketBuffer *aBuffer
)

init

WEAVE_ERROR init(
  uint8_t aLength,
  char *aString
)

オペレーター==

bool operator==(
  const ReferencedString &
) const 

詳細
パラメータ
&aReferencedString
チェック対象の文字列。
戻り値
true
文字列が等しい。
false
文字列が等しくありません。

パック

WEAVE_ERROR pack(
  MessageIterator &
)

詳細
パラメータ
&i
パックされているメッセージのイテレータ。
戻り値
WEAVE_ERROR

printString

char * printString(
  void
)

詳細
戻り値
印刷可能な文字列

静的パブリック関数

parse

WEAVE_ERROR parse(
  MessageIterator &,
  ReferencedString &
)

詳細
パラメータ
&i
解析されるメッセージのイテレータ。
&aString
解析結果を格納する場所。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
文字列が正常に解析されました。
WEAVE_ERROR_INVALID_STRING_LENGTH
文字列がバッファに対して長すぎます(決して発生しないでください)。