Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::プロファイル::ソフトウェアの更新:: IntegritySpec

#include <src/lib/profiles/software-update/SoftwareUpdateProfile.h>

ソフトウェア更新イメージの整合性タイプと実際のハッシュを保持する補助クラス。

概要

オブジェクトが保持IntegrityTypesのハッシュの種類、およびソフトウェア更新画像の実際のハッシュを指定するフィールド。ハッシュの長さは、ハッシュのタイプに基づいて固定されています。オブジェクトは、サポートされているハッシュの最大値を保持できるサイズになっています。

コンストラクタとデストラクタ

IntegritySpec ()
デフォルトコンストラクタIntegritySpec

パブリック属性

type
uint8_t
ハッシュの種類、から引き出される値IntegrityTypes
value [64]
uint8_t
URIフィールドで識別されるソフトウェアイメージの整合性値を含む可変長バイトシーケンス。

公の行事

init (uint8_t, uint8_t *)
明示的に初期化IntegritySpecの与えられた値を持つオブジェクト。
operator== (const IntegritySpec &) const
bool
等式演算子。
pack ( MessageIterator &)
シリアライズIntegritySpecを提供するにMessageIterator

パブリック静的関数

parse ( MessageIterator &, IntegritySpec &)
提供されるからオブジェクトをデシリアライズMessageIterator提供にIntegritySpec

パブリック属性

タイプ

uint8_t type

ハッシュの種類、から引き出される値IntegrityTypes

uint8_t value[64]

URIフィールドで識別されるソフトウェアイメージの整合性値を含む可変長バイトシーケンス。

整合性値は、整合性タイプで指定された整合性関数を、上記で指定されたURIでアクセスされるソフトウェア更新イメージのコンテンツに適用することによって計算されます。整合性仕様により、クライアントは、ダウンロードされたイメージがこの応答で指定されたイメージと一致することを確認できます。

公の行事

IntegritySpec

 IntegritySpec()

デフォルトコンストラクタIntegritySpec

オブジェクトは、のいずれかを介して初期化されなければならないのinit()メソッドまたはメッセージからそれをデシリアライズを介し。

初期化

WEAVE_ERROR init(
  uint8_t,
  uint8_t *
)

明示的に初期化IntegritySpecの与えられた値を持つオブジェクト。

詳細
パラメーター
[in] aType
引き出された整合性タイプの値IntegrityTypes
[in] aValue
パックされたバイト文字列として表される適切な長さのハッシュ値
戻り値
WEAVE_NO_ERROR成功した場合
戻り値
WEAVE_ERROR_INVALID_INTEGRITY_TYPE提供整合性のタイプがで指定された値のいずれでもない場合IntegrityTypes

演算子==

bool operator==(
  const IntegritySpec &
) const 

等式演算子。

詳細
パラメーター
another
アンIntegritySpecは、このチェック対象IntegritySpec
戻り値
両方のオブジェクトのすべてのフィールドが等しい場合はtrue、それ以外の場合はfalse

パック

WEAVE_ERROR pack(
  MessageIterator &
)

シリアライズIntegritySpecを提供するにMessageIterator

詳細
パラメーター
[in] i
パックされているメッセージのイテレータ
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功したとき。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
場合IntegritySpecはメッセージの中に収まるには大きすぎます。

パブリック静的関数

解析する

WEAVE_ERROR parse(
  MessageIterator &,
  IntegritySpec &
)

提供されるからオブジェクトをデシリアライズMessageIterator提供にIntegritySpec

詳細
パラメーター
[in] i
解析中のメッセージに対するイテレータ。
[in] aSpec
結果を含むオブジェクトへの参照
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
成功したとき。
戻り値
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
メッセージに整合性タイプと関連するハッシュに十分なバイトが含まれていなかった場合
戻り値
WEAVE_ERROR_INVALID_INTEGRITY_TYPE提供整合性のタイプがで指定された値のいずれでもない場合IntegrityTypes