Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り方::プロファイル::セキュリティ::場合

この名前空間は、証明書の認証されたセッション確立(の織り内のすべてのインターフェイス含むCASE織りセキュリティプロファイル内の)プロトコル。

概要

列挙

@224列挙型
@225列挙型
@226列挙型
@227列挙型

関数

EncodeCASECertInfo (uint8_t *buf, uint16_t bufSize, uint16_t & certInfoLen, const uint8_t *entityCert, uint16_t entityCertLen, const uint8_t *intermediateCerts, uint16_t intermediateCertsLen)
WeaveCASECertificateInformationエンコードTLVの構造を。
EncodeCASECertInfo (TLVWriter & writer, const uint8_t *entityCert, uint16_t entityCertLen, const uint8_t *intermediateCerts, uint16_t intermediateCertsLen)
WeaveCASECertificateInformationエンコードTLVの構造を。

クラス

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: BeginSessionContext

発生や処理に関連するコンテキスト情報を保持CASEは、セッションメッセージを開始します。

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: BeginSessionRequestContext

生成や処理に関連するコンテキスト情報保持CASE BeginSessionRequestメッセージを。

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: BeginSessionResponseContext

生成や処理に関連するコンテキスト情報保持CASE BeginSessionRequestメッセージを。

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: ReconfigureContext

生成や処理に関連する情報を保持しているCASE再設定メッセージを。

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: WeaveCASEAuthDelegate

認証アクションが中に委譲された抽象インタフェースCASEのセッション確立。

NL ::織り::プロファイル::保障:: CASE :: WeaveCASEEngine

器具織りのコアロジックCASEのプロトコル。

列挙

@ 224

 @224

@ 225

 @225

@ 226

 @226

@ 227

 @227

関数

EncodeCASECertInfo

WEAVE_ERROR EncodeCASECertInfo(
  uint8_t *buf,
  uint16_t bufSize,
  uint16_t & certInfoLen,
  const uint8_t *entityCert,
  uint16_t entityCertLen,
  const uint8_t *intermediateCerts,
  uint16_t intermediateCertsLen
)

WeaveCASECertificateInformationエンコードTLVの構造を。

この方法は、織物にWeaveCASECertificateInformation構造をコードTLVを指定されたエンティティ証明書及び任意の中間証明書を含むフォーム。その結果CASE証明書情報の構造体を供給し、バッファに書き込まれます。

詳細
パラメーター
[in] buf
エンコードするバッファCASEの証明書情報の構造を記述する必要があります。
[in] bufSize
bufが指すバッファーのバイト単位のサイズ。
[out] certInfoLen
最終的な符号化サイズ受信する整数値CASEの証明書情報構造。この値は、関数が成功した場合にのみ意味があります。
[in] entityCert
エンティティ証明書を含むバッファが含まれるCASEの証明書情報の構造体。エンティティ証明書は、織物で符号化されることが予想されるTLVの形。
[in] entityCertLen
エンコードされたエンティティ証明書のバイト単位の長さ。
[in] intermediateCerts
任意に、中間証明書または含有するバッファーTLV中間証明書の符号化されたアレイは以内関連する証明書として含まれるケース証明書情報構造。供給された場合、中間証明書が織物で符号化されることが予想されるTLVの形。 NULLが指定された場合、生成された証明書情報構造には関連する証明書は含まれません。
[in] intermediateCertsLen
符号化された中間証明書構造またはのバイト単位の長さTLVは、中間証明書の配列をコードしていました。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
操作が成功した場合。
other
入力された証明書の復号化または符号化に関連する他の織りのエラーコードCASEの証明書情報構造。

EncodeCASECertInfo

WEAVE_ERROR EncodeCASECertInfo(
  TLVWriter & writer,
  const uint8_t *entityCert,
  uint16_t entityCertLen,
  const uint8_t *intermediateCerts,
  uint16_t intermediateCertsLen
)

WeaveCASECertificateInformationエンコードTLVの構造を。

この方法は、織物にWeaveCASECertificateInformation構造をコードTLVを指定されたエンティティ証明書及び任意の中間証明書を含むフォーム。その結果CASE証明書情報の構造体が供給さTLVWriterに書き込まれます。

詳細
パラメーター
[in] writer
エンコードされたTLVWriterオブジェクトCASEの証明書情報の構造を記述する必要があります。
[in] entityCert
エンティティ証明書を含むバッファが含まれるCASEの証明書情報の構造体。エンティティ証明書は、織物で符号化されることが予想されるTLVの形。
[in] entityCertLen
エンコードされたエンティティ証明書のバイト単位の長さ。
[in] intermediateCerts
任意に、中間証明書または含有するバッファーTLV中間証明書の符号化されたアレイは以内関連する証明書として含まれるケース証明書情報構造。供給された場合、中間証明書が織物で符号化されることが予想されるTLVの形。 NULLが指定された場合、生成された証明書情報構造には関連する証明書は含まれません。
[in] intermediateCertsLen
符号化された中間証明書構造またはのバイト単位の長さTLVは、中間証明書の配列をコードしていました。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR
操作が成功した場合。
other
入力された証明書の復号化または符号化に関連する他の織りのエラーコードCASEの証明書情報構造。