Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl ::織り::システム

概要

列挙

@18 {
kTimerFactor_micro_per_milli = 1000,
kTimerFactor_milli_per_unit = 1000,
kTimerFactor_nano_per_milli = 1000000,
kTimerFactor_micro_per_unit = 1000000
}
列挙型
@19 {
kEvent_ReleaseObj = _WEAVE_SYSTEM_CONFIG_LWIP_EVENT(0),
kEvent_ScheduleWork = _WEAVE_SYSTEM_CONFIG_LWIP_EVENT(1)
}
列挙型
Inetレイヤーのイベントタイプの定義。
LayerState {
kLayerState_NotInitialized = 0,
kLayerState_Initialized = 1
}
列挙型
状態レイヤオブジェクト。

Typedef

Event nl :: Weave :: System :: Event
すべてのInetLayerイベントの基本オブジェクト。
EventType nl :: Weave :: System :: EventType
すべてのInetLayerイベントの基本タイプ。
LwIPEventHandlerFunction )(Object &aTarget, EventType aEventType, uintptr_t aArgument) typedef
Error(*

関数

DescribeErrorLwIP (Error aError)
NL_DLL_EXPORT const char *
これは、指定されたマップされたLwIPエラーに関連付けられたNULLで終了するLwIP固有の記述C文字列を返す関数を実装します。
DescribeErrorPOSIX (Error aError)
NL_DLL_EXPORT const char *
これは、指定されたマップされたOSエラーに関連付けられたNULLで終了するOS固有の記述C文字列を返す関数を実装します。
FormatLwIPError (char *buf, uint16_t bufSize, int32_t err)
bool
LwIPエラーが与えられると、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。
FormatPOSIXError (char *buf, uint16_t bufSize, int32_t err)
bool
POSIXエラーが与えられると、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。
FormatSystemLayerError (char *buf, uint16_t bufSize, int32_t err)
bool
システムを考えるレイヤーエラー、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。
IsErrorLwIP (Error aError)
NL_DLL_EXPORT bool
このウィーブシステムのための実装イントロスペクション機能レイヤの呼び出し側が指定したエラーは、内部、基礎となるLWIPエラーであるかどうかを判断することができますエラー。
IsErrorPOSIX (Error aError)
NL_DLL_EXPORT bool
このウィーブシステムのための実装イントロスペクション機能レイヤの呼び出し側が指定したエラーは、内部、基盤となるOSのエラーであるかどうかを判断することができますエラー。
IsEventOfType (EventType aType)
bool
EventTypeが有効かどうかを確認してください。
MapErrorLwIP (err_t aError)
NL_DLL_EXPORT Error
この実装織りシステムのためのマッピング機能レイヤプラットフォームまたはシステム固有の範囲にマッピング根底LWIPネットワークスタックエラーを許容誤差。
MapErrorPOSIX (int aError)
NL_DLL_EXPORT Error
この実装ウィーブシステムのためのマッピング機能レイヤのプラットフォームやシステム固有の範囲に根本的なPOSIXネットワークやOSスタックエラーの数の空間にマッピング整数を可能にするエラー。
RegisterLwIPErrorFormatter (void)
void
LwIPエラーのテキストエラーフォーマッターを登録します。
RegisterPOSIXErrorFormatter (void)
void
POSIXエラー用のテキストエラーフォーマッターを登録します。
RegisterSystemLayerErrorFormatter (void)
void
システムのためのテキスト・エラー・フォーマッタの登録レイヤエラーを。

クラス

NL ::織り::システム::レイヤ

This provides access to timers according to the configured event handling model.

NL ::織り::システム:: LwIPEventHandlerDelegate
NL ::織り::システム::ミューテックス

This class represents a simple mutual exclusion lock used on platforms with preemptively scheduled multi-threaded
programming environments, for example, POSIX threads and FreeRTOS.

NL ::織り::システム::オブジェクト

これは、ObjectPoolに含まれるスペースから割り当てられた参照カウントオブジェクトを表しますオブジェクト。

NL ::織り::システム:: PacketBuffer

パケットバッファクラスは、通常、Bluetoothやインターネットプロトコルなどのデータ通信ネットワークのコンテキストで、オクテットでシリアル化されたデータのパケットを操作するために使用されるコア構造です。

NL ::織り::システム::タイマー

これは、織り、システムの内部クラスであるレイヤ進行中のワンショット・タイマを表すために使用されます、。

構造体

NL ::織り::システム:: LwIPEvent

組合

NL ::織り::システム:: ObjectArena

A union template used for representing a well-aligned block of memory.

名前空間

NL ::織り::システム::プラットフォーム
NL ::織り::システム::統計

列挙

@ 18

 @18
プロパティ
kTimerFactor_micro_per_milli

マイクロ秒あたりのナノ秒数。

kTimerFactor_micro_per_unit

ミリ秒あたりのナノ秒数。

kTimerFactor_milli_per_unit

ミリ秒あたりのマイクロ秒数。

kTimerFactor_nano_per_milli

1秒あたりのミリ秒数。

@ 19

 @19

Inetレイヤーのイベントタイプの定義。

プロパティ
kEvent_ReleaseObj

SystemLayerオブジェクトのドロップのイベント。

kEvent_ScheduleWork

システム上のスケジューリング作業のためのイベントレイヤのスレッド。

LayerState

 LayerState

状態レイヤオブジェクト。

プロパティ
kLayerState_Initialized

初期化された状態。

kLayerState_NotInitialized

初期化されていない状態。

Typedef

イベント

WEAVE_SYSTEM_CONFIG_LWIP_EVENT_OBJECT_TYPE Event

すべてのInetLayerイベントの基本オブジェクト。

これは、プラットフォームまたはシステム固有のタイプに定義されています。

イベントタイプ

WEAVE_SYSTEM_CONFIG_LWIP_EVENT_TYPE EventType

すべてのInetLayerイベントの基本タイプ。

これは、プラットフォームまたはシステム固有のタイプに定義されています。

LwIPEventHandlerFunction

Error(* LwIPEventHandlerFunction)(Object &aTarget, EventType aEventType, uintptr_t aArgument)

関数

DescriptionErrorLwIP

NL_DLL_EXPORT const char * DescribeErrorLwIP(
  Error aError
)

これは、指定されたマップされたLwIPエラーに関連付けられたNULLで終了するLwIP固有の記述C文字列を返す関数を実装します。

詳細
パラメーター
[in] err
説明するマップされたLwIP固有のエラー。
戻り値
エラーを説明するNULLで終了するLwIP固有の記述C文字列。

DescriptionErrorPOSIX

NL_DLL_EXPORT const char * DescribeErrorPOSIX(
  Error aError
)

これは、指定されたマップされたOSエラーに関連付けられたNULLで終了するOS固有の記述C文字列を返す関数を実装します。

詳細
パラメーター
[in] err
説明するマップされたOS固有のエラー。
戻り値
エラーを説明する、NULLで終了するOS固有の記述C文字列。

FormatLwIPError

bool FormatLwIPError(
  char *buf,
  uint16_t bufSize,
  int32_t err
)

LwIPエラーが与えられると、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。

詳細
パラメーター
[in] buf
エラー文字列が配置されるバッファ。
[in] bufSize
提供されたバッファーのサイズ(バイト単位)。
[in] err
説明するエラー。
戻り値
true指定されたバッファに説明文字列が書き込まれた場合。
戻り値
false指定されたエラーがLwIPエラーではなかった場合。

FormatPOSIXError

bool FormatPOSIXError(
  char *buf,
  uint16_t bufSize,
  int32_t err
)

POSIXエラーが与えられると、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。

詳細
パラメーター
[in] buf
エラー文字列が配置されるバッファ。
[in] bufSize
提供されたバッファーのサイズ(バイト単位)。
[in] err
説明するエラー。
戻り値
true指定されたバッファに説明文字列が書き込まれた場合。
戻り値
false指定されたエラーがPOSIXエラーではなかった場合。

FormatSystemLayerError

bool FormatSystemLayerError(
  char *buf,
  uint16_t bufSize,
  int32_t err
)

システムを考えるレイヤーエラー、エラーを説明する人間が読めるNULLで終了するC文字列を返します。

詳細
パラメーター
[in] buf
エラー文字列が配置されるバッファ。
[in] bufSize
提供されたバッファーのサイズ(バイト単位)。
[in] err
説明するエラー。
戻り値
true指定されたバッファに説明文字列が書き込まれた場合。
戻り値
供給される誤差は、システムでなかった場合はfalseレイヤエラー。

IsErrorLwIP

NL_DLL_EXPORT bool IsErrorLwIP(
  Error aError
)

このウィーブシステムのための実装イントロスペクション機能レイヤの呼び出し側が指定したエラーは、内部、基礎となるLWIPエラーであるかどうかを判断することができますエラー。

詳細
パラメーター
[in] err
LwIPエラーかどうかを判断するためのマップされたエラー。
戻り値
指定されたエラーがLwIPエラーの場合はTrue。それ以外の場合はfalse。

IsErrorPOSIX

NL_DLL_EXPORT bool IsErrorPOSIX(
  Error aError
)

このウィーブシステムのための実装イントロスペクション機能レイヤの呼び出し側が指定したエラーは、内部、基盤となるOSのエラーであるかどうかを判断することができますエラー。

詳細
パラメーター
[in] err
OSエラーかどうかを判断するためのマップされたエラー。
戻り値
指定されたエラーがOSエラーの場合はTrue。それ以外の場合はfalse。

IsEventOfType

bool IsEventOfType(
  EventType aType
)

EventTypeが有効かどうかを確認してください。

詳細
パラメーター
[in] aEventType
ウィーブシステムレイヤのイベントタイプ。
戻り値
列挙された範囲内にある場合はtrue。それ以外の場合はfalse。

MapErrorLwIP

NL_DLL_EXPORT Error MapErrorLwIP(
  err_t aError
)

この実装織りシステムのためのマッピング機能レイヤプラットフォームまたはシステム固有の範囲にマッピング根底LWIPネットワークスタックエラーを許容誤差。

詳細
パラメーター
[in] e
マップするLwIPエラー。
戻り値
マップされたLwIPネットワークまたはOSエラー。

MapErrorPOSIX

NL_DLL_EXPORT Error MapErrorPOSIX(
  int aError
)

この実装ウィーブシステムのためのマッピング機能レイヤのプラットフォームやシステム固有の範囲に根本的なPOSIXネットワークやOSスタックエラーの数の空間にマッピング整数を可能にするエラー。

POSIXまたはISOC / C ++標準で現在定義されているものを超えるエラーコードは、標準のものと同様にマップされます。

詳細
パラメーター
[in] e
マップするPOSIXネットワークまたはOSエラー。
戻り値
マップされたPOSIXネットワークまたはOSエラー。

RegisterLwIPErrorFormatter

void RegisterLwIPErrorFormatter(
  void
)

LwIPエラーのテキストエラーフォーマッターを登録します。

RegisterPOSIXErrorFormatter

void RegisterPOSIXErrorFormatter(
  void
)

POSIXエラー用のテキストエラーフォーマッターを登録します。

RegisterSystemLayerErrorFormatter

void RegisterSystemLayerErrorFormatter(
  void
)

システムのためのテキスト・エラー・フォーマッタの登録レイヤエラーを。