Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SingleResourceTraitCatalog

まとめ

継承

継承元: nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::TraitCatalogBase< T >

コンストラクタとデストラクタ

SingleResourceTraitCatalog(ResourceIdentifier aResourceIdentifier, CatalogItem *aCatalogStore, uint32_t aNumMaxCatalogItems)

パブリック関数

Add(uint64_t aInstanceId, T *aItem, TraitDataHandle & aHandle)
AddAt(uint64_t aInstanceId, T *aItem, TraitDataHandle aHandle)
AddressToHandle(TLV::TLVReader & aReader, TraitDataHandle & aHandle, SchemaVersionRange & aSchemaVersionRange) const
virtual WEAVE_ERROR
WDM パスで Path::kCsTag_RootSection 構造に位置するリーダーがある場合、その構造を解析し、一致するハンドルをトレイトに返します。
Count() const
uint32_t
カタログ内のトレイト インスタンスの数を返します。
DispatchEvent(uint16_t aEvent, void *aContext) const
virtual WEAVE_ERROR
このカタログに格納されているすべてのトレイト データ インスタンスにイベントをディスパッチします。
GetInstanceId(TraitDataHandle aHandle, uint64_t & aInstanceId) const
virtual WEAVE_ERROR
GetResourceId(TraitDataHandle aHandle, ResourceIdentifier & aResourceId) const
virtual WEAVE_ERROR
HandleToAddress(TraitDataHandle aHandle, TLV::TLVWriter & aWriter, SchemaVersionRange & aSchemaVersionRange) const
virtual WEAVE_ERROR
トレイトのハンドルを指定して、Path::kCsTag_RootSection 構造の TLV を書き込みます。
Iterate(IteratorCallback aCallback, void *aContext)
virtual void
Locate(uint64_t aProfileId, uint64_t aInstanceId, TraitDataHandle & aHandle) const
Locate(TraitDataHandle aHandle, T **aTraitInstance) const
virtual WEAVE_ERROR
ハンドルを指定して、一致するトレイト データ インスタンスへの参照を返します。
Locate(T *aTraitInstance, TraitDataHandle & aHandle) const
virtual WEAVE_ERROR
逆。
Remove(TraitDataHandle aHandle)
トレイトのインスタンスをカタログから削除します。

構造体

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::SingleResourceTraitCatalog::CatalogItem

パブリック関数

Add

WEAVE_ERROR Add(
  uint64_t aInstanceId,
  T *aItem,
  TraitDataHandle & aHandle
)

追加

WEAVE_ERROR AddAt(
  uint64_t aInstanceId,
  T *aItem,
  TraitDataHandle aHandle
)

AddressToHandle

virtual WEAVE_ERROR AddressToHandle(
  TLV::TLVReader & aReader,
  TraitDataHandle & aHandle,
  SchemaVersionRange & aSchemaVersionRange
) const 

WDM パスで Path::kCsTag_RootSection 構造に位置するリーダーがある場合、その構造を解析し、一致するハンドルをトレイトに返します。

uint32_t Count() const 

カタログ内のトレイト インスタンスの数を返します。

DispatchEvent(ディスパッチ イベント)

virtual WEAVE_ERROR DispatchEvent(
  uint16_t aEvent,
  void *aContext
) const 

このカタログに格納されているすべてのトレイト データ インスタンスにイベントをディスパッチします。

GetInstanceId

virtual WEAVE_ERROR GetInstanceId(
  TraitDataHandle aHandle,
  uint64_t & aInstanceId
) const 

GetResourceId

virtual WEAVE_ERROR GetResourceId(
  TraitDataHandle aHandle,
  ResourceIdentifier & aResourceId
) const 

HandleToAddress

virtual WEAVE_ERROR HandleToAddress(
  TraitDataHandle aHandle,
  TLV::TLVWriter & aWriter,
  SchemaVersionRange & aSchemaVersionRange
) const 

トレイトのハンドルを指定して、Path::kCsTag_RootSection 構造の TLV を書き込みます。

繰り返す

virtual void Iterate(
  IteratorCallback aCallback,
  void *aContext
)

場所

WEAVE_ERROR Locate(
  uint64_t aProfileId,
  uint64_t aInstanceId,
  TraitDataHandle & aHandle
) const 

場所

virtual WEAVE_ERROR Locate(
  TraitDataHandle aHandle,
  T **aTraitInstance
) const 

ハンドルを指定して、一致するトレイト データ インスタンスへの参照を返します。

場所

virtual WEAVE_ERROR Locate(
  T *aTraitInstance,
  TraitDataHandle & aHandle
) const 

逆。

Remove

WEAVE_ERROR Remove(
  TraitDataHandle aHandle
)

トレイトのインスタンスをカタログから削除します。

SingleResourceTraitCatalog

 SingleResourceTraitCatalog(
  ResourceIdentifier aResourceIdentifier,
  CatalogItem *aCatalogStore,
  uint32_t aNumMaxCatalogItems
)