Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::WeaveServerBase

#include <src/lib/core/WeaveServerBase.h>

認証されたリクエストの検証とステータス レポートの送信をカプセル化し、ファブリック状態とエクスチェンジ マネージャーのための共通のデータメンバー ストレージを提供する、Weave プロファイルの非要求応答者(サーバー)を実装するための一般的なベース オブジェクト。

まとめ

継承

174

パブリック属性

ExchangeMgr
[読み取り専用] Exchange マネージャー オブジェクト
FabricState
[読み取り専用] Fabric 状態オブジェクト

静的パブリック関数

SendStatusReport(ExchangeContext *ec, uint32_t statusProfileId, uint16_t statusCode, WEAVE_ERROR sysError)
指定されたプロファイルのステータスとコードを含むシステム エラーを含む、指定されたエクスチェンジのイニシエータに、デフォルトのメッセージ フラグを含む Weave ステータス レポートを送信します。
SendStatusReport(ExchangeContext *ec, uint32_t statusProfileId, uint16_t statusCode, WEAVE_ERROR sysError, uint16_t sendFlags)
指定されたメッセージのステータス フラグを含む Weave ステータス レポートを、指定したエクスチェンジのイニシエータに送信します。その際、指定されたプロファイルとシステムエラーにステータス コードが含まれます。

プロテクト関数

EnforceAccessControl(ExchangeContext *ec, uint32_t msgProfileId, uint8_t msgType, const WeaveMessageInfo *msgInfo, WeaveServerDelegateBase *delegate)
bool
Weave サーバーの受信リクエスト メッセージを承認するか破棄するかを決定します。
WeaveServerBase(void)

パブリック属性

Exchange Manager

WeaveExchangeManager * ExchangeMgr

[読み取り専用] Exchange マネージャー オブジェクト

Fabric の状態

WeaveFabricState * FabricState

[読み取り専用] Fabric 状態オブジェクト

静的パブリック関数

送信ステータス レポート

WEAVE_ERROR SendStatusReport(
  ExchangeContext *ec,
  uint32_t statusProfileId,
  uint16_t statusCode,
  WEAVE_ERROR sysError
)

指定されたプロファイルのステータスとコードを含むシステム エラーを含む、指定されたエクスチェンジのイニシエータに、デフォルトのメッセージ フラグを含む Weave ステータス レポートを送信します。

詳細
パラメータ
[in] ec
ステータス レポートを送信するエクスチェンジのコンテキストへのポインタ。
[in] statusProfileId
指定したステータス コードのプロファイル。
[in] statusCode
送信するステータス コード。
[in] sysError
ステータス コードに関連付けられた、または関連付けられているシステムエラーです。

送信ステータス レポート

WEAVE_ERROR SendStatusReport(
  ExchangeContext *ec,
  uint32_t statusProfileId,
  uint16_t statusCode,
  WEAVE_ERROR sysError,
  uint16_t sendFlags
)

指定されたメッセージのステータス フラグを含む Weave ステータス レポートを、指定したエクスチェンジのイニシエータに送信します。その際、指定されたプロファイルとシステムエラーにステータス コードが含まれます。

詳細
パラメータ
[in] ec
ステータス レポートを送信するエクスチェンジのコンテキストへのポインタ。
[in] statusProfileId
指定したステータス コードのプロファイル。
[in] statusCode
送信するステータス コード。
[in] sysError
ステータス コードに関連付けられた、または関連付けられているシステムエラーです。
[in] sendFlags
アプリケーションから送信された、Weave ステータス レポート用に設定されたフラグ。

プロテクト関数

適用のアクセス制御

bool EnforceAccessControl(
  ExchangeContext *ec,
  uint32_t msgProfileId,
  uint8_t msgType,
  const WeaveMessageInfo *msgInfo,
  WeaveServerDelegateBase *delegate
)

Weave サーバーの受信リクエスト メッセージを承認するか破棄するかを決定します。

このメソッドは、Weave サーバーの実装で受信リクエスト メッセージに対して拡張可能なアクセス制御ポリシーを実装するために使用します。デリゲート オブジェクトに依存するサーバーの実装では、メッセージ処理の早い段階でこのメソッドを呼び出し、メッセージ処理を続行するかどうか判断する必要があります。

このメソッドは、指定されたデリゲートで仮想 WeaveServerDelegateBase::EnforceAccessControl() メソッドを呼び出して、メッセージのアクセス制御ポリシーを評価します。Weave サーバーのデリゲート クラスと標準サーバー クラスから派生したアプリケーション固有のデリゲートは、特定のアクセス制御ポリシーを適用するために仮想メソッドをオーバーライドする必要があります。

詳細
パラメータ
[in] ec
メッセージが受信された ExchangeContext
[in] msgProfileId
受信したメッセージのプロファイル ID。
[in] msgType
受信したメッセージのメッセージ タイプ。
[in] msgInfo
受信したメッセージに関する情報を含む WeaveMessageInfo 構造。
[in] delegate
アプリケーションが提供するデリゲート オブジェクト。デフォルトのメッセージ アクセス制御ポリシーをオーバーライドするために使用できます。
戻り値
true
メールが承認され、通常どおり処理されるかどうか。
false
メッセージの処理を停止し、メッセージを破棄する場合は、破棄します。

WeaveServerBase

 WeaveServerBase(
  void
)