Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

nl::Weave::Profiles::DataManagement_Current::LoggingManagement

#include <src/lib/profiles/data-management/Current/LoggingManagement.h>

インメモリ イベントログを管理するためのクラス。

まとめ

コンストラクタとデストラクタ

LoggingManagement(nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr, size_t inNumBuffers, const LogStorageResources *const inLogStorageResources)
LoggingManagement コンストラクタ。
LoggingManagement(void)
LoggingManagement のデフォルト コンストラクタ。

パブリック関数

BlitEvent(EventLoadOutContext *aContext, const EventSchema & inSchema, EventWriterFunct inEventWriter, void *inAppData, const EventOptions *inOptions)
イベント ロギング プロトコルに従ってイベント ヘッダーとデータを書き込むヘルパー関数。
CancelShutdownInProgress(void)
void
mShutdownInProgress フラグを false に設定します。
CheckShouldRunWDM(void)
bool
アップロードをスケジュールしていないイベント バッファのバイト数に基づいて、イベントをオフロードするかどうかを決めます。
FetchEventsSince(nl::Weave::TLV::TLVWriter & ioWriter, ImportanceType inImportance, event_id_t & ioEventID)
指定されたイベント ID 以降の、指定した重要度のイベントを取得する関数。
GetBytesWritten(void) const
uint32_t
インスタンス化以降にこのログに書き込まれた合計バイト数(すべてのイベント重要度を含む)を取得します。
GetEventReader(nl::Weave::TLV::TLVReader & ioReader, ImportanceType inImportance)
メモリ内ログバッファを検証するのに役立つヘルパー メソッド。
GetFirstEventID(ImportanceType inImportance)
現在特定のレベルに保存されている最初のイベント ID を取得します。
GetLastEventID(ImportanceType inImportance)
特定の重要度レベルのうち、最新のベンダー ID を取得します。
IsShutdownInProgress(void)
bool
mShutdownInProgress フラグを確認する。
IsValid(void)
bool
IsValid は LoggingManagement インスタンスが有効かどうかを返します。
LoadEvents(TLVReader & reader)
以前に保持されていた Weave イベントを読み込みます。
LogEvent(const EventSchema & inSchema, EventWriterFunct inEventWriter, void *inAppData, const EventOptions *inOptions)
コールバックと、オプションを使用してイベントをログに記録します。
MarkShutdownInProgress(void)
void
mShutdownInProgress フラグを true に設定します。
NotifyEventsDelivered(ImportanceType inImportance, event_id_t inLastDeliveredEventID, uint64_t inRecipientNodeID)
void
RegisterEventCallbackForImportance(ImportanceType inImportance, FetchExternalEventsFunct inFetchCallback, NotifyExternalEventsDeliveredFunct inNotifyCallback, NotifyExternalEventsEvictedFunct inEvictedCallback, size_t inNumEvents, event_id_t *outLastEventID)
外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。
RegisterEventCallbackForImportance(ImportanceType inImportance, FetchExternalEventsFunct inFetchCallback, NotifyExternalEventsDeliveredFunct inNotifyCallback, size_t inNumEvents, event_id_t *outLastEventID)
外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。
RegisterEventCallbackForImportance(ImportanceType inImportance, FetchExternalEventsFunct inFetchCallback, size_t inNumEvents, event_id_t *outLastEventID)
外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。
ScheduleFlushIfNeeded(bool inFlushRequested)
ログのオフロード タスクのスケジュールを設定します。
SerializeEvents(TLVWriter & writer)
すべての重要度の Weave イベントをシリアル化します。
SetBDXUploader(LogBDXUpload *inUploader)
void
SetExchangeManager(nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr)
このロギング サブシステムで使用する WeaveExchangeManager を設定します。
SetLoggingEndpoint(event_id_t *inEventEndpoints, size_t inNumImportanceLevels, size_t & outLoggingPosition)
SkipEvent(EventLoadOutContext *aContext)
void
割り当てられたイベント ID に対応するイベントの書き込みをスキップするヘルパー関数。
ThrottleLogger(void)
void
ThrottleLogger は効果的なロギングレベルを本番環境レベルに引き上げます。
UnregisterEventCallbackForImportance(ImportanceType inImportance, event_id_t inEventID)
void
外部に保存されている一連のイベントの登録を解除する公開 API。
UnthrottleLogger(void)
void
UnthrottleLogger は、有効なロギングレベルを構成済みのロギングレベルに復元します。

静的パブリック関数

CreateLoggingManagement(nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr, size_t inNumBuffers, const LogStorageResources *const inLogStorageResources)
void
LoggingManagement オブジェクトを作成し、提供されたリソースでロギング管理サブシステムを初期化します。
DestroyLoggingManagement(void)
void
シャットダウン時に必要な操作を実行する。
GetInstance(void)

パブリック関数

Blit イベント

WEAVE_ERROR BlitEvent(
  EventLoadOutContext *aContext,
  const EventSchema & inSchema,
  EventWriterFunct inEventWriter,
  void *inAppData,
  const EventOptions *inOptions
)

イベント ロギング プロトコルに従ってイベント ヘッダーとデータを書き込むヘルパー関数。

詳細
パラメータ
[in,out] aContext
EventLoadOutContext。バッファのステートフル情報で初期化されます。状態は、BlitEvent によってこのコンテキストを使用して更新され、保持されます。
[in] inSchema
このイベントの重要度、プロファイル ID、構造のタイプを定義するスキーマ
[in] inEventWriter
イベントデータをシリアル化するために呼び出すコールバック。
[in] inAppData
コールバックのアプリケーション コンテキスト。
[in] inOptions
EventOptions: タイムスタンプと、このイベントに関連するその他のタグを記述します。

CancelShutdownInProgress

void CancelShutdownInProgress(
  void
)

mShutdownInProgress フラグを false に設定します。

Check MustRunWDM

bool CheckShouldRunWDM(
  void
)

アップロードをスケジュールしていないイベント バッファのバイト数に基づいて、イベントをオフロードするかどうかを決めます。

関数の動作は、WEAVE_CONFIG_EVENT_LOGGING_BYTE_THRESHOLD 定数によって制御されます。WDM 通知が最後に送信されてからシステムがそのバイト数を超えて書き込んだ場合、この関数は、NotificationEngine をトリガーする時間であることを示します。

詳細
戻り値
true
イベントをオフロードする
false
それ以外の場合:

FetchEvents 以降

WEAVE_ERROR FetchEventsSince(
  nl::Weave::TLV::TLVWriter & ioWriter,
  ImportanceType inImportance,
  event_id_t & ioEventID
)

指定されたイベント ID 以降の、指定した重要度のイベントを取得する関数。

nl::Weave::TLV::TLVWriter、重要度タイプ、イベント ID を指定すると、この関数は、指定したイベント以降の指定した重要度のイベントを取得します。この関数は、nl::Weave::TLV::TLVWriter またはログでスペースがなくなるまでイベントの取得を続けます。この関数は、イベントの境界でイベントの書き込みを終了します。

詳細
パラメータ
[in] ioWriter
イベント ストレージに使用するライター
[in] inImportance
取得するイベントの重要性
[in,out] ioEventID
入力時に、取得しているイベントの直前の ID。完了すると、最後に取得されたイベントの ID。
戻り値
WEAVE_END_OF_TLV
この関数は、指定された重要度でログエントリとして使用可能な上限に達しました
WEAVE_ERROR_NO_MEMORY
関数が ioWriter のスペース不足になりました。より多くのイベントがログに記録されます。
WEAVE_ERROR_BUFFER_TOO_SMALL
関数が ioWriter のスペース不足になりました。より多くのイベントがログに記録されます。

GetBytes 書き込み

uint32_t GetBytesWritten(
  void
) const 

インスタンス化以降にこのログに書き込まれた合計バイト数(すべてのイベント重要度を含む)を取得します。

詳細
戻り値
ログに書き込まれたバイト数。

GetEventReader

WEAVE_ERROR GetEventReader(
  nl::Weave::TLV::TLVReader & ioReader,
  ImportanceType inImportance
)

メモリ内ログバッファを検証するのに役立つヘルパー メソッド。

詳細
パラメータ
[in,out] ioReader
イベントログから取得したバッキング ストレージで初期化されるリーダーへの参照
[in] inImportance
読者の開始時の重要度。この場合、最初の重要度はやや直感に反します。重要なイベントでは、専用のバッファに加えて重要度の低いイベントとバッファを共有します。そのため、Debug の重要度が渡されたときに、リーダーは最小データを走査します。
戻り値
WEAVE_NO_ERROR 無条件。

GetFirstEventID

event_id_t GetFirstEventID(
  ImportanceType inImportance
)

現在特定のレベルに保存されている最初のイベント ID を取得します。

詳細
パラメータ
inImportance
重要度レベル
戻り値
event_id_t そのイベントの重要度のために現在保存されているイベント ID

GetLastEventID

event_id_t GetLastEventID(
  ImportanceType inImportance
)

特定の重要度レベルのうち、最新のベンダー ID を取得します。

詳細
パラメータ
inImportance
重要度レベル
戻り値
イベントの重要度が直近のイベント ID である event_id_t

IsShutdownInProgress

bool IsShutdownInProgress(
  void
)

mShutdownInProgress フラグを確認する。

有効

bool IsValid(
  void
)

IsValid は LoggingManagement インスタンスが有効かどうかを返します。

詳細
戻り値
true
インスタンスが有効である(適切なバッキング ストアで初期化される)
false
それ以外の場合:

LoadEvents

WEAVE_ERROR LoadEvents(
  TLVReader & reader
)

以前に保持されていた Weave イベントを読み込みます。

ログイベント

event_id_t LogEvent(
  const EventSchema & inSchema,
  EventWriterFunct inEventWriter,
  void *inAppData,
  const EventOptions *inOptions
)

コールバックと、オプションを使用してイベントをログに記録します。

この関数は、EventWriterFunct として表されるイベントとアプリ固有の appData コンテキストをログに記録します。この関数はイベント メタデータを書き込み、nl::Weave::TLV::TLVWriter のリファレンスと inAppData コンテキストを使用して inEventWriter を呼び出します。これにより、ユーザーコードはイベントデータをイベントログに直接出力できます。この形式のイベント ロギングでは、イベントデータがターゲット バッファに直接シリアル化されるため、メモリ消費が最小限に抑えられます。イベントデータには、inProfileIDinEventType で識別されるスキーマ内で解釈されるコンテキストタグが含まれている必要があります。最初の要素のタグは無視されます。イベント ロギング システムは、これを eventData タグに置き換えます。

スキーマの重要度が LoggingConfiguration で指定されたロギングしきい値を超えると、イベントがログに記録されます。イベントの重要度が現在のしきい値に達していない場合、ドロップされ、結果として生成されるイベント ID として 0 が返されます。

この呼び出しのバリアントにより、呼び出し元は EventOptions の任意の組み合わせを設定できます。

  • timestamp は、0 が呼び出し時点での現在時刻にデフォルトで設定される場合。
  • "root" セクション(イベントソースおよびトレイト ID)のセクション。NULL の場合、デフォルトで現在のデバイスが使用されます。イベントは、発信元のデバイスに関連するものとしてマークされます。
  • イベント ID をグループ化するための関連イベント ID。関連イベント ID が 0 の場合、そのイベントは他のイベントに関連しないとマークされます。
  • 緊急度(デフォルトでは非緊急)が表示されます。

詳細
パラメータ
[in] inSchema
このイベントの重要度、プロファイル ID、構造のタイプを定義するスキーマ
[in] inEventWriter
イベントデータを実際にシリアル化するために呼び出すコールバック
[in] inAppData
コールバックのアプリケーション コンテキスト。
[in] inOptions
イベント メタデータのオプション。NULL の場合もあります。
戻り値
event_id_t イベントがログに書き込まれた場合はイベント ID。それ以外の場合は 0。

LoggingManagement

 LoggingManagement(
  nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr,
  size_t inNumBuffers,
  const LogStorageResources *const inLogStorageResources
)

LoggingManagement コンストラクタ。

LogStorageResources の配列を使用して LoggingManagement を初期化します。配列は、有効な重要度レベルごとにリソースを提供する必要があり、配列の要素は重要度の数値が上がる(重要度が下がる)必要があります。配列の最初の要素は重要度の高いイベントに割り当てられたリソースに対応し、最後の要素は重要度が最も低いイベントに対応します。

詳細
パラメータ
[in] inMgr
このロギング サブシステムで使用する WeaveExchangeManager
[in] inNumBuffers
inLogStorageResources 配列の要素数
[in] inLogStorageResources
重要度ごとの LogStorageResources の配列。

LoggingManagement

 LoggingManagement(
  void
)

LoggingManagement のデフォルト コンストラクタ。

主にコンパイラの満足のために提供

詳細
戻り値

MarkShutdownInProgress

void MarkShutdownInProgress(
  void
)

mShutdownInProgress フラグを true に設定します。

NotifyEventsDelivered

void NotifyEventsDelivered(
  ImportanceType inImportance,
  event_id_t inLastDeliveredEventID,
  uint64_t inRecipientNodeID
)

RegisterEventCallbackForImportance

WEAVE_ERROR RegisterEventCallbackForImportance(
  ImportanceType inImportance,
  FetchExternalEventsFunct inFetchCallback,
  NotifyExternalEventsDeliveredFunct inNotifyCallback,
  NotifyExternalEventsEvictedFunct inEvictedCallback,
  size_t inNumEvents,
  event_id_t *outLastEventID
)

外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。

FetchExternalEventsFunct 形式のコールバックを登録します。この API では、登録時のイベント数をプラットフォームに認識させる必要があります。内部処理の場合も、この数値を一定にする必要があります。この API では特定のイベント ID を登録できないため、プラットフォームは(少なくとも固有のイベント ID を使用して)イベントのストレージを保持できません。

コールバックは、登録解除されるまで何度でも、定期購入者がイベント ID をフェッチしようとしたときに呼び出されます。

関数のこのバリアントは、イベントがサブスクライバーに配信されたときと、外部イベント オブジェクトが削除された場合に、外部プロバイダに通知される場合に使用します。

イベントが配信されると、外部プロバイダにその旨が受信者のノード ID と、その受信者に最後に配信されたイベントの ID とともに通知されます。同じイベント ID について外部プロバイダに複数回通知が送られる場合があります。ハンドラには特に制限はありません。特に、ハンドラは外部イベント ID の登録を解除できます。

外部イベント オブジェクトがログバッファから強制排除されると、外部プロバイダには外部イベント オブジェクトのコピーが通知されます。

失敗すると、ExternalEvents 構造体へのポインタは NULL になり、コールバックに割り当てられた開始 ID と終了イベント ID が入力されます。このポインタは一連のイベントの登録を解除する場合に使用します。

コールバックの実装要件について詳しくは、FetchExternalEventsFunct のドキュメントをご覧ください。

詳細
パラメータ
[in] inImportance
重要度レベル
[in] inFetchCallback
外部イベントを取得するための登録コールバック
[in] inNotifyCallback
配信通知に登録するためのコールバック
[in] inEvictedCallback
エビクション通知を登録するコールバック
[in] inNumEvents
このセット内のイベント数
[out] outLastEventID
event_id_t を指す。外部イベントの登録に成功すると、関数は外部イベント ブロックの最後のイベント ID に対応するイベント ID を保存します。パラメータは NULL でもかまいません。
戻り値
WEAVE_ERROR_NO_MEMORY
利用できるコールバック スロットがない場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
null 関数のコールバック、または登録するイベントがありません。
WEAVE_NO_ERROR
成功

RegisterEventCallbackForImportance

WEAVE_ERROR RegisterEventCallbackForImportance(
  ImportanceType inImportance,
  FetchExternalEventsFunct inFetchCallback,
  NotifyExternalEventsDeliveredFunct inNotifyCallback,
  size_t inNumEvents,
  event_id_t *outLastEventID
)

外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。

FetchExternalEventsFunct 形式のコールバックを登録します。この API では、登録時のイベント数をプラットフォームに認識させる必要があります。内部処理の場合も、この数値を一定にする必要があります。この API では特定のイベント ID を登録できないため、プラットフォームは(少なくとも固有のイベント ID を使用して)イベントのストレージを保持できません。

コールバックは、登録解除されるまで何度でも、定期購入者がイベント ID をフェッチしようとしたときに呼び出されます。

関数のこのバリアントは、イベントがサブスクライバーに配信されたときに外部プロバイダに通知したいが、外部イベント オブジェクトが強制排除されたときには使用したくない場合に使用します。イベントが配信されると、外部プロバイダにその旨が受信者のノード ID と、その受信者に最後に配信されたイベントの ID とともに通知されます。同じイベント ID について外部プロバイダに複数回通知が送られる場合があります。ハンドラには特に制限はありません。特に、ハンドラは外部イベント ID の登録を解除できます。

失敗すると、ExternalEvents 構造体へのポインタは NULL になり、コールバックに割り当てられた開始 ID と終了イベント ID が入力されます。このポインタは一連のイベントの登録を解除する場合に使用します。

コールバックの実装要件について詳しくは、FetchExternalEventsFunct のドキュメントをご覧ください。

詳細
パラメータ
[in] inImportance
重要度レベル
[in] inCallback
外部イベントを取得するための登録コールバック
[in] inNotifyCallback
配信通知に登録するためのコールバック
[in] inNumEvents
このセット内のイベント数
[out] outLastEventID
event_id_t を指す。外部イベントの登録に成功すると、関数は外部イベント ブロックの最後のイベント ID に対応するイベント ID を保存します。パラメータは NULL でもかまいません。
戻り値
WEAVE_ERROR_NO_MEMORY
利用できるコールバック スロットがない場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
null 関数のコールバック、または登録するイベントがありません。
WEAVE_NO_ERROR
成功

RegisterEventCallbackForImportance

WEAVE_ERROR RegisterEventCallbackForImportance(
  ImportanceType inImportance,
  FetchExternalEventsFunct inFetchCallback,
  size_t inNumEvents,
  event_id_t *outLastEventID
)

外部に保存された一連のイベントを登録するための公開 API。

FetchExternalEventsFunct 形式のコールバックを登録します。この API では、登録時のイベント数をプラットフォームに認識させる必要があります。内部処理の場合も、この数値を一定にする必要があります。この API では特定のイベント ID を登録できないため、プラットフォームは(少なくとも固有のイベント ID を使用して)イベントのストレージを保持できません。

コールバックは、登録解除されるまで何度でも、定期購入者がイベント ID をフェッチしようとしたときに呼び出されます。

この関数のバリアントは、外部イベントが配信されたときや外部イベント オブジェクトが削除されたタイミングのいずれでも外部プロバイダが通知を行いたいときに使用する必要があります。

失敗すると、ExternalEvents 構造体へのポインタは NULL になり、コールバックに割り当てられた開始 ID と終了イベント ID が入力されます。このポインタは一連のイベントの登録を解除する場合に使用します。

コールバックの実装要件について詳しくは、FetchExternalEventsFunct のドキュメントをご覧ください。

詳細
パラメータ
[in] inImportance
重要度レベル
[in] inCallback
外部イベントを取得するための登録コールバック
[in] inNumEvents
このセット内のイベント数
[out] outLastEventID
event_id_t を指す。外部イベントの登録に成功すると、関数は外部イベント ブロックの最後のイベント ID に対応するイベント ID を保存します。パラメータは NULL でもかまいません。
戻り値
WEAVE_ERROR_NO_MEMORY
利用できるコールバック スロットがない場合。
WEAVE_ERROR_INVALID_ARGUMENT
null 関数のコールバック、または登録するイベントがありません。
WEAVE_NO_ERROR
成功

ScheduleFlushIfNeeded

WEAVE_ERROR ScheduleFlushIfNeeded(
  bool inFlushRequested
)

ログのオフロード タスクのスケジュールを設定します。

この関数は、タスク オフロード プロセスをスケジューリングするかどうかを決定し、スケジュールされている場合は LoggingFlushHandler を Weave スレッドで非同期的に実行するようにスケジュールします。

フラッシュをスケジュール設定するかどうかは、次の 3 つの要因によって決まります。

バッファをフラッシュする明示的なリクエスト

イベント バッファの状態と、イベント コンシューマーにまだ同期されていないデータの量

保留中のリクエストのフラッシュ リクエスト イベントがすでにあるかどうか。

フラッシュをスケジュールする明示的なリクエストは、入力パラメータを介して渡されます。

通常、自動フラッシュは、新しいオフロードの開始に対応するのに十分なデータがイベント バッファに含まれている場合にスケジュール設定されます。オフロード戦略によっては、オフロードの最小時間と最大時間などの追加トリガーも考慮されることがあります。

イベントログの保留状態は mUploadRequested 変数で示されます。この関数は複数のスレッドから呼び出すことができるため、通知が送信される前に冗長な LoggingFlushHandler をスケジュールすることを避けるため、mUploadRequested はアトミックに読み取って設定する必要があります。

詳細
パラメータ
inRequestFlush
内部バッファ管理ポリシーに関係なくフラッシュをスケジュール設定するかどうかを示すブール値。
戻り値
WEAVE_ERROR_INCORRECT_STATE
LoggingManagement モジュールが完全に初期化されていません。
WEAVE_NO_ERROR
成功

SerializeEvents(シリアル イベント)

WEAVE_ERROR SerializeEvents(
  TLVWriter & writer
)

すべての重要度の Weave イベントをシリアル化します。

WeaveCircularTLVBuffer のイベントと関連する状態を指定されたバッファにシリアル化します。

この方法は、スリープ中に RAM を保持しないデバイスで使用し、スリープ状態になる前にイベントを保持することで、イベントが失われないようにすることを目的としています。

SetBDXUploader

void SetBDXUploader(
  LogBDXUpload *inUploader
)

SetExchangeManager

WEAVE_ERROR SetExchangeManager(
  nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr
)

このロギング サブシステムで使用する WeaveExchangeManager を設定します。

プラットフォームによっては、上記の CreateLoggingManagement() とは別に行う必要があります。

詳細
パラメータ
[in] inMgr
このロギング サブシステムで使用する WeaveExchangeManager

SetLoggingEndpoint

WEAVE_ERROR SetLoggingEndpoint(
  event_id_t *inEventEndpoints,
  size_t inNumImportanceLevels,
  size_t & outLoggingPosition
)

SkipEvent

void SkipEvent(
  EventLoadOutContext *aContext
)

割り当てられたイベント ID に対応するイベントの書き込みをスキップするヘルパー関数。

詳細
パラメータ
[in,out] aContext
EventLoadOutContext。バッファのステートフル情報で初期化されます。状態は、BlitEvent によってこのコンテキストを使用して更新され、保持されます。

ThrottleLogger

void ThrottleLogger(
  void
)

ThrottleLogger は効果的なロギングレベルを本番環境レベルに引き上げます。

UnregisterEventCallbackForImportance

void UnregisterEventCallbackForImportance(
  ImportanceType inImportance,
  event_id_t inEventID
)

外部に保存されている一連のイベントの登録を解除する公開 API。

コールバックの登録を解除すると、LoggingManagement が一連のイベントに対してコールバックを呼び出すことができなくなります。LoggingManagement は、これらのイベント ID を登録者に送信しなくなります。

インテントは、1 つの関数で一度に一連のイベントを処理することを目的としています。同じ関数を使用して新しいイベントセットを登録する必要がある場合は、まずコールバックの登録を解除してから、再登録する必要があります。つまり、元の一連のイベントを取得できなくなります。

この関数は無条件に成功します。コールバックが一度も登録されていない場合や、まだ登録されていない場合は、処理が行われません。

詳細
パラメータ
[in] inImportance
重要度レベル
[in] inEventID
登録解除する外部イベント ブロック内のイベントに対応するイベント ID。

UnthrottleLogger

void UnthrottleLogger(
  void
)

UnthrottleLogger は、有効なロギングレベルを構成済みのロギングレベルに復元します。

静的パブリック関数

CreateLoggingManagement

void CreateLoggingManagement(
  nl::Weave::WeaveExchangeManager *inMgr,
  size_t inNumBuffers,
  const LogStorageResources *const inLogStorageResources
)

LoggingManagement オブジェクトを作成し、提供されたリソースでロギング管理サブシステムを初期化します。

LogStorageResources の配列を使用して LoggingManagement を初期化します。配列は、有効な重要度レベルごとにリソースを提供する必要があり、配列の要素は重要度の数値が上がる(重要度が下がる)必要があります。配列の最初の要素は重要度の高いイベントに割り当てられたリソースに対応し、最後の要素は重要度が最も低いイベントに対応します。

詳細
パラメータ
[in] inMgr
このロギング サブシステムで使用する WeaveExchangeManager
[in] inNumBuffers
inLogStorageResources 配列の要素数
[in] inLogStorageResources
重要度ごとの LogStorageResources の配列。

DestroyLoggingManagement

void DestroyLoggingManagement(
  void
)

シャットダウン時に必要な操作を実行する。

GetInstance

LoggingManagement & GetInstance(
  void
)